【所沢市 富岡  晩秋の雑木林】    Nov. 2001 
                                Oil Painting  15F 53.0×65.2cm     楽環


所沢市北岩岡の富岡地区の雑木林である。この辺りは都市の境界領域で、数百メートルも行けば狭山市に

入るし、後ろに戻れば堀兼街道を隔てて三富の下富とも接している。この小径の向こうには畑が広がり、

その向うには屋敷林が見える。ここを画き始めたのは2001年11月も終わりに近い休日の朝であった。散策

路は分岐して畑に抜け、真直ぐ屋敷林を貫いて消えて行く。その小径に沿って植えられている、おそらく

はお茶の低木が、濃い影を投じ、両側の輝くような黄土色と鮮烈な対照を成している。二日目の休日は

霜が降りていて、愈々枯葉の舞散る頃合であるが、風の無い穏やかな日和となり、枯葉が静かにハラハラ

とパレットに降り積もる。もうすぐあっという間に散り尽くし、武蔵野は冬枯れを迎えるのであろう。


                    作品イメージ、記載内容の無断使用はお断りします。



←ホームページへ戻る