【三芳町上富の雑木林】    2001年10月 
                                  油彩画  15F 53.0×65.2cm     楽環


2001年10月14日、三芳町上富の雑木林から上富小学校方面を臨むアングルを午前九時頃から描き始め昼過

ぎまで描いた。この上富小学校の屋上は、この地域の雑木林群落を一望するのに格好の見晴らしを提供す

るそうで、そこからとった写真などが照会されている。この辺りは、所謂開発当時の新田遺構がよく残り、

短冊状の敷地に、屋敷林、畑、雑木林と云う順で並び、屋敷林と雑木林が道路に面している。屋敷林には

欅が多く、従って、屋敷に面した通りには欅が立ち並び、通称「けやき通り」とよばれている。雑木林も

道路に沿って連続する群落を形成するが、最近は工場や倉庫等他用途への転用が目立ち、すでに相当の

虫食い状態になってる。おそらくは相続が発生するたびに雑木林が手放され、工場や倉庫等へと変貌する

侵食が進行中なのであろう。他用途への転用は当然アクセスに優れた道路沿いから始まるらしく、畑側は未だ

健全な場所が残されている処が比較的多い。雑木林は人が創ったものである。だから人の影響をまともに

受けてしまうものなのだ。やっと始まったこの三富地区での自然再生事業に大いに期待したい。武蔵野の

雑木林は武蔵野台地のやせた畑地に施肥する有機肥料のもととなる落葉を供給する為の云はば農地である。

ここでは理想とされる有機循環農業が300年の永きに亘って行われているのである。この日は昼過ぎに筆を

置き、一週間後の10月20日に再び訪れ続きを描いた。10月の雑木林は静かである。太陽の光もじっと見つ

めるように差込み、葉を吹き飛ばそうとする大気のせわしさも無い。いずれ始まる枯葉の舞踏会に備えて、

今はただじっと来るべき時を待っているかの如く落ち着きはらっている。ただ林床に投じる木漏れ陽の移

ろいだけが時の経つのを教えてくれる。ラピスラズリの空に畑の乾いたやや赤い土色が映える。薩摩芋を

収穫したようだ。すると野良仕事をしていた初老のおじさんがこちらに向かって歩いてきて、私の側で暫

く足を止めて見ていたが、「どちらから来なすったか?」と尋ねる。そして「そうかね、川向うから来な

すったか、この辺のものが、荒川に釣りに行くようなもんかね。」と、この日彼が出会った風変わりな

訪問者の行動を解説し、そして納得した様子で去って行った。彼は私が荒川の向こうから来たと云うことに

驚いたのであろう。上富の絵は、この日で仕上がった。


                作品イメージ、記載内容の無断使用はお断りします。



←ホームページへ戻る