【川島町の野仏と彼岸花】    2001年9月 
                                   油彩画  15F 53.0×65.2cm     楽環


これは埼玉県川島町にある野仏と彼岸花である。私の住んでいる場所から川越に行くには通常太郎衛門橋

で荒川を渡って桶川から川島町に入り、次いで、釘無し橋で入間川を渡って川越に入るのであるが、

直線距離にして一番近いのは旧道を土橋を渡って行くコースである。川島町のこの旧道沿いには鬱蒼とし

た屋敷林が集落を取り囲み、土手や水路沿いには彼岸花が一斉に咲いている。この野仏と彼岸花はた

またま迂回して見つけたものであるが、写真家には結構知られているらしく、入れ替わり立ち代りカ

メラマンが取材に訪れる。赤いバーミリオンの花は、背景の屋敷林の深く荒々しい緑と補色に近いコ

ントラストを成し、茎の淡い緑色と怪しいばかりの炎色を奏でる。2001年の彼岸に近いある休日と次

の週に仕上げたのであるが、この花は花を着けるまで、その存在を明かさず、ある時一斉に花だけが

目に入り、それが終わってしまうと、そこに彼岸花があったことすら忘れ去られてしまうのである。


                          作品イメージ、記載内容の無断使用はお断りします。


←ホームページへ戻る