【雁坂往還栃本の集落】    2001年6月 
                                油彩画  15F 53.0×65.2cm    楽環 


埼玉県奥秩父旧雁坂往還国道140号沿いから見た栃本の集落である。奥秩父・甲州との境に雁坂トンネル

が開通したが、かっての武甲往還は雁坂峠を越える山越えの道で、日本武尊もこの峠を越えて坂東の地に入

ったと云う由緒ある峠でもあった。ちなみにこのトンネルを掘削して発生した土砂は東京の立川にある

「国営昭和記念公園」の北の森の築山となっており、その量は仁徳天皇稜をも凌ぎ、築山ながら立川市内の

最高峰と云うことである。栃本の集落を最初に訪ねたのはこのトンネルが開通する数年前のことであったが、

今回2001年6月2日の2回目の栃本入りは新しく開通した取り付け国道を経て雁坂の手前まで到達し、そこ

から逆に旧道を引き返す道程となった。栃本の集落はV字型の険しい谷沿いの急斜面を耕し、民家が必死

にその急斜面に貼り付いている。今回何回も様子を伺いに来た区議長さんは、ちょっとしたアングルの

加減で彼の家が画かれて無いのが、非常に残念そうであったが、それでも帰り際には、次に来た折には

真っ先に彼に声をかけるようにと、初対面の私を見送ってくれたものである。


                   作品イメージ、記載内容の無断使用はお断りします。



←ホームページへ戻る