【上尾市 上郷 保存林はだら雪】   2001年1月 
                         油彩画  15F 65.2×53.0cm    楽環 


これは埼玉県上尾市上郷の保存林を画いたものである。2001年1月21日、前日に降り続いた雪もみるみる

溶けて行く。溶ける雪を惜しみ、近所の保存林に出かけ、昼前から画き始めた。足元はぬかるみ、既に

林床が露出している場所もあって、未だ溶けやらぬ雪がはだら雪となってみるみる雫に変わってゆく。

濡れた落ち葉はますます赤い。画き始めて間もなく木枯しが吹き始め、気温がぐんぐん下がり、雪解の

滴る音がピタリと止まった。澄み切った空は暗いまでに蒼く、冷えた空気の中で凛々とそびえ立つ木々

は神秘的でさえある。葉を落とした低木の樹梢はまるで絹糸の如く白く陽光を反射して光っている。

昨夜の雪の重みに耐えかねたのか、太いくぬぎの枝が、今にも落ちそうに垂れ下がっている。どこにで

も在りそうな武蔵野の冬景色である。


              作品イメージ、記載内容の無断使用はお断りします。


←ホームページへ戻る