【川越市中台の雑木並木】   2000年11月  
                        油彩画  15F 65.2×53.0cm    楽環 


埼玉県川越市今福の中台にある雑木林沿いの小経を描いたものである。2000年11月18日、描き始めたのは

午前9時前で、昼には所要があって東京に出かけるので、11時には筆を置き帰宅すると云う慌しい一日で

あったが、それでも現地で1時間程は画けたであろうか。幸い、抜けるような青空と透明な秋の陽射しを

受けて、雑木並木はキラキラと明るく輝き、どうしても現地で画かねばと思っていた並木の向こうに透け

て見える遠景が画けたので、この日の目的は十分達した。画き始めると、近所の主婦と称する婦人がやっ

てきて語り始める。彼女の家は茅葺の民家であったが、最近現代的な家に建替てしまったこと、その時

画家に頼んで茅葺の家を画いてもらいそれを飾っていることなど。風景を画いていて、近所の人からその

地の事を色々聞くことが出来るのは実に写生の醍醐味の一つでもある。不思議なことに、人はなぜか

風景と肯定的に交わる者に心を開くようである。この場所を画くのに、それから余り天候に恵まれなかっ

たせいもあり、この日も含め4日の日数を当てることとなり、仕上げの最終日は11月26日であった。


            作品イメージ、記載内容の無断使用はお断りします。


←ホームページへ戻る