【川越市下赤坂の雑木林】   2000年4月  油彩画  15F 53.0×65.2cm   
                                                                      楽環                 



「川越」はもともと武蔵野の雑木林と深層でつながっており、歴史的にそれを形成した直接の当事者(下手人)

であったと思われるのである。現在も、同市の南部から狭山、所沢、三芳町と続く一帯には豊かな雑木林群落が

残っている。すなわち、今福、松原、赤坂と云った地域である。そのうち、この下赤坂の雑木林は所謂

「くぬぎ山」に接し、「三富」に近く、人によっては川越の「下赤坂」と狭山の堀兼」は「三富地域」に含めて

考えることもあるようだ。下赤坂の雑木林を下見に最初に訪れたのは2000年2月26日のことである。4月16日に

第1回目の写生を行った。ちょうど若葉が出かかった頃で、空は青くとてもすがすがしい日であった。林床がと

ても奇麗に刈り込んであり、歩きやすくしかも遊歩道が縫っている。雑木林の中から、畑を臨むアングルを

設定して写生にとりかかった。植生はコナラに色々な落葉広葉樹が混ざり、目の前にはすべすべした木肌に

白い縞模様のおそらくイヌシデがある。午前中は風もなく筆が進んだが、昼過ぎになるとザワザワとなにや

ら辺りがせわしくなり、たまに一陣の風が雑木林を吹き抜ける。キャンバスが2度ばかり、画架からころげ

落ちそうになる。そうそうに筆を置き、引き上げ、次の休日である4月22日に再度訪れ完成させた。



                     作品イメージ、記載内容の無断使用はお断りします。




←ホームページへ戻る