【上尾市 上郷の保存林】  2000年4月   油彩画  15F 53.0×65.2cm   
                                                              楽環


2000年は日本海側は連日の大雪で、3月一杯まるで寒中のようで、桜の開花も例年 より10日余り遅れ、

気温が緩んできたのは4月も半ば近くになってからであった。上尾市に上郷と云う処があり、そこに市指定の

保存林となっている雑木林がある。桶川駅に出る道すがら、この雑木林を見るのを楽しみにしている。芽が膨

らんできたとか、若葉が出だしたとか、葉が色づき始めたとか、落葉がそろそろ終わってしまいそうだとか、

私にとって武蔵野の風景の探し物に出かけるバロメータとなっているのである。最初のパステル画をもとに

キャンバスに下塗りをしておいて、4月8日に漸く第1回目の現地写生を行い、4月29日の2回目の写生で、

F15号の油彩画を仕上げた。4月8日には芽吹きが萌黄色に漂い、連休の4月29日にはすっかり若葉に覆わ

れた初夏の佇まいに変わっていた。春の雑木林の装いは日々に移ろい、その移ろいに時間が移ろい季節が移

ろうのである。


           作品イメージ、記載内容の無断使用はお断りします。


←ホームページへ戻る