TOP> 取扱い業務> 債務整理> 民事再生(個人再生) >民事再生に関する質問〜2〜

民事再生の質問 2

民事再生に関して、よく頂くご質問について、弁護士が分かりやすく解説します。
1ページ目3ページ目もあわせてご覧ください。

清算価値保障原則とは
保険の解約返戻金について
自動車の取扱いについて
個人的な債権者の取扱いについて
民事再生手続きの連帯保証人への影響
滞納税金がある場合
個人再生委員が付くかどうか
専業主婦の個人再生は可能か


清算価値保障原則

個人民事再生のFAQ
「清算価値保障原則」という言葉を聞いたのですが、どういう原則ですか?
個人民事再生のFAQ
個人再生での計画弁済額の下限を決める基準としては、まず債務総額に対する比率があります。例えば債務総額が100万以上〜500万円の場合は100万円、500万円超から1500万円の場合は総額の5分の1となっています。小規模個人再生の場合は、この債務総額(住宅ローンは除く)に対する比率の金額と、所有資産相当額とを比較して、所有資産の総額が大きい場合には、所有資産に相当する金額を弁済しなければなりません。これを「清算価値保障原則」といいます。
自己破産の場合であっても、所有資産があれば、換価されて債権者は配当を受けることができるので、このこととパラレルに、個人再生の手続の場合にも、最低限、所有資産分は支払うことが必要となるわけです。
なお、給与所得者再生の場合は、この他に、可処分所得2年分というのも、再生計画に基づく弁済の下限を定める基準となります。




生命保険の解約返戻金

個人民事再生のFAQ
解約返戻金が出るタイプの生命保険に加入していますが、解約の必要はありますか?
個人民事再生のFAQ
個人再生の申立てにあたって、保険を解約する必要はありません。
もっとも、上記の清算価値保障原則との関係で、解約返戻金額は、資産のひとつとしてカウントされるため、事案によっては、再生計画に基づく弁済総額を押し上げることがあります。




民事再生手続での自動車の取扱い

個人民事再生のFAQ
車を手元に残すことは可能ですか?
個人民事再生のFAQ
ローン支払い中の車については、ローンを完済するまで、所有権がローン会社に留保されている場合が多く(所有権留保)、このため、再生の手続を取ると、ローン会社に車を引き揚げられてしまうおそれがあります。
一方、ローンを完済した車については、引き揚げられることはありませんが、車の価値が「清算価値」としてカウントされ、再生計画の弁済額に影響する場合はあります。




個人的な債権者の取扱い

個人民事再生のFAQ
親族や知人からの借金があるのですが、迷惑をかけたくないので、手続から外すことはできますか?
個人民事再生のFAQ
全ての債権者について、等しく債権額を圧縮するのが民事再生ですから、一部の債権者だけを手続から除外することはできません。特定の債権者には全額を支払うが、その他の債権者は一部しか支払わないというのは、手続上、不公平となるからです。




民事再生手続による連帯保証人への影響

個人民事再生のFAQ
民事再生の申し立てによって、連帯保証人に影響はありますか?
個人民事再生のFAQ
民事再生の申立てにより、主債務者の債務が圧縮されても、連帯保証人の債務には原則、影響がありません(民事再生法177条2項。例外として住宅資金特別条項を定めた場合(民事再生法203条1項))。したがって、主債務者が民事再生を選択すると、(そのための弁護士介入通知を機に)連帯保証人に対して、債権者から請求が及ぶことになり、場合によっては期限の利益を喪失したとして、一括弁済を求められます(住宅資金特別条項を定める場合の住宅ローンについては、主債務者の支払いが続くので、連帯保証人に請求が及ぶなどの不利益は通常ありません)。
したがって、知人や親族に連帯保証をお願いしている方は、民事再生手続を取ることについて、事前に連帯保証人に対して説明をしておく方が良いかもしれません。場合によっては、連帯保証人の方も、自己破産や民事再生など何らかの債務整理を検討する必要も出てきます。




滞納している公租公課は民事再生で圧縮されるか

個人民事再生のFAQ
滞納している税金の支払額は圧縮されますか?
個人民事再生のFAQ
税金や、国民健康保険料、年金等については、民事再生手続の中で支払額が圧縮されることはありません。もっとも、民事再生手続とは別ですが、個別に役所に相談に行くと、滞納している税金等の支払い方法について、相談に応じてくれる場合があります。




個人再生委員

個人民事再生のFAQ
裁判所に再生を申し立てると「個人再生委員」という人が付くと聞いたのですが?
個人民事再生のFAQ
「個人再生委員」とは、裁判所が選任する機関(基本的には弁護士が選任されます)で、申立人の財産や収入の状況を調査したり、申立人が作成する再生計画案に対して勧告を行う者です。
ただ、全ての事案で個人再生委員が選任されるわけではなく、川崎や横浜の裁判所の運用では、弁護士が代理人として民事再生(個人再生)を申し立てた場合には、原則として個人再生委員は付きません。
一方で、弁護士を申立代理人として付けずに申し立てた場合は、個人再生委員が付き、個人再生委員に対する報酬(15万円〜)を別途納める必要が出てきてしまいます。
なお、東京地裁の場合は、弁護士が申し立てた場合でも個人再生委員を付ける運用とされています。再生を申し立てる際には、弁護士を付けるか否か、どの裁判所に申し立てるか(川崎や横浜にお住まいの方が、東京地裁に申し立てる理由はありません。)について、弁護士のアドバイスを受けた方が良いところです。




専業主婦の個人民事再生

個人民事再生のFAQ
専業主婦ですが、民事再生は可能でしょうか?
個人民事再生のFAQ
民事再生は、3年〜5年の間、再生計画に則り、弁済を継続することが可能であることが認められないと不認可とされてしまいます。この履行可能性は、事案により個別・具体的に判断されますが、申立人が専業主婦の場合は、(夫に収入があったとしても)自身は無収入であるため、この点だけを見ると、履行可能性は否定されることになります。もっとも、履行可能性を判断するにあたって、裁判所には家計簿等の資料を提出するのですが、申立人である専業主婦が無収入であっても、同居の夫には将来にわたって継続的に収入を得る見込みがあり、収入から生活費等を引いても、計画上の弁済に充てるだけの余剰があれば、履行可能性ありと判断される余地はあります。ただし、やはり、完全に無収入というのは、履行可能性にとってマイナスの要素ですから、パートやアルバイトをして、自身も収入を得るようにしておきたいところです。

   


個別の事案に関するご質問

上記の解説はあくまでも一般的な話となります。個別の事案に関するご質問については、弁護士による無料法律相談(予約制)をご利用下さい。

川崎市の弁護士による民事再生・個人再生の相談

民事再生・個人再生の無料相談@川崎の弁護士







民事再生(個人再生)のページに戻る。
トップページに戻る。

民事再生・個人再生の無料相談「民事再生の無料相談」

武蔵小杉綜合法律事務所は川崎市・横浜市の方を中心に民事再生(個人再生)の無料相談を実施しています。
民事再生・個人再生の相談は弁護士
民事再生(個人再生)の手続・弁護士費用等詳しくご説明します。


無料法律相談のご予約法律相談の予約

弁護士による債務整理の無料法律相談は、お電話、
法律相談は弁護士@川崎
又はフォーム↓からご予約下さい。
川崎市民からのメールによる法律相談の予約


営業時間武蔵小杉綜合法律事務所の営業時間

平日:午前9:30〜午後5:30
休業日:土日祝日、夏季、年末年始
弁護士の土日法律相談 土日祝日の法律相談をご希望の方は、平日営業時間内にお問合せ下さい。


川崎フロンターレ武蔵小杉綜合法律事務所は川崎フロンターレを応援

武蔵小杉綜合法律事務所は、
川崎フロンターレ
を応援しています!
武蔵小杉綜合法律事務所は川崎フロンターレを応援
武蔵小杉綜合法律事務所は川崎のFC「川崎フロンターレ」のスポンサーカンパニーです。
川崎フロンターレHPのスポンサーズリストに掲載中


法律事務所概要弁護士事務所概要

〒211-0006 神奈川県川崎市中原区丸子通1丁目636番地4号
朝日多摩川マンション214号
武蔵小杉綜合法律事務所
TEL:044−430−6610


その他専用サイト相続や法人破産のサイト

武蔵小杉綜合法律事務所には、当HP以外に下記のサイトもあります。

相続問題はこちら。
弁護士の相続法律相談

法人破産(会社倒産)はこちら。
川崎の法人破産


お取扱いエリア取扱いエリア

当法律事務所の弁護士は神奈川県弁護士会川崎支部所属ですが、お取扱い地域は川崎市内外を問いません。
これまで弁護士の法律相談をご利用されたお客様は、川崎市の北部(中原区、高津区宮前区多摩区麻生区)を始めとして、元住吉駅や日吉駅が最寄りの 川崎市幸区や、川崎区の方、東急線沿線に在住・在勤の方々が多いのですが、 ご相談にいらっしゃることが可能であれば、川崎以外の方も是非ご利用下さい。


弁護士ブログ弁護士のブログ「むさしこすぎの弁護士です」

川崎の弁護士ブログ「むさしこすぎの弁護士です」 弁護士が日々のあれこれを綴っています。どうぞよろしく。