トップページ> 取扱い業務> 借金・債務整理

債務整理について

クレジットや消費者金融、住宅ローン等の返済に関する問題には、「債務整理」という解決方法があります。
このページでは、自己破産、民事再生(個人再生)、任意整理といった債務整理の方法ごとに、手続や弁護士費用をご紹介しております。
※個別の事案に関するご質問は、当法律事務所の弁護士による「債務整理の無料相談」をご利用下さい(ご予約は:044−430−6610)。


自己破産  民事再生、個人再生  任意整理     

また、債務整理に関する質問はこちらです。
    債務整理の質問 川崎の弁護士に債務整理の無料相談





自己破産

自己破産とは、借金が膨らみ支払不能となった場合に、裁判所に申立てを行い、借金を免責してもらう手続のことです。
デメリットとして、5年から7年程度はクレジットやローンが利用できない、官報に住所と名前がのるという点はありますが、戸籍や住民票に記載されたり、選挙権を失うことはありません。

武蔵小杉綜合法律事務所は、下記の弁護士費用で自己破産の手続を承っております。
弁護士費用は分割でのお支払を承っております。
着手金成功報酬
30万円 なし
     ※消費税別途
     ※夫婦同時申立の場合は10万円減額⇒自己破産2名:60万円→50万円
     ※過払い金回収時のみ回収額の20%(+消費税)の成功報酬が発生
     ※上記以外に裁判所に納める予納金が実費として発生
      →同時廃止:官報公告予納金10,584円
      →管財手続:官報公告予納金13,834円及び管財人予納金最低20万円


法テラスの利用も可能です→例:10社以内の自己破産⇒弁護士費用約15万円


自己破産の特設ページ「個人」の方の自己破産について詳しい内容は、下記ボタンからお進み下さい。
自己破産の詳細

法人破産・会社破産「法人」の破産については基準が異なります。下記ボタンからお進み下さい。
法人破産・会社倒産



電話で自己破産の無料相談を予約

メールで自己破産の無料相談を予約




民事再生(個人再生)

民事再生(個人再生)とは、裁判所の認可に基づき借金を大幅にカットし、これを数年(3〜5年)で分割して返済する手続です。
自己破産の場合には、一定規模以上のプラスの財産があれば、原則として清算され、債権者に配当されることになりますが、民事再生では「住宅ローンは残っているが、自宅は手放したくない」という場合に、住宅資金特別条項を利用して、自宅を残すことも可能です(ただし、住宅資金特別条項利用には法律上の条件があります)。
自宅を残しながら、債務整理を希望される方は民事再生をご検討下さい。

武蔵小杉綜合法律事務所では、民事再生にかかる弁護士費用は下記のとおりです。
弁護士費用は分割でのお支払を承っております。
着手金成功報酬
住宅資金特別条項利用なし:35万円
住宅資金特別条項利用あり:40万円
なし
     ※消費税別途
     ※夫婦同時に受任の場合は着手金を減額
     ※過払い金回収時み回収額の20%(+消費税)の成功報酬が発生
     ※裁判所への実費(官報公告予納金12,268円、印紙代1万円)が別途発生


なお、民事再生(個人再生)の場合も、法テラスのご利用が可能です。
例:債権者10社以内の民事再生⇒弁護士費用約20万円


民事再生の特設ページ民事再生の専用ページをご用意しております。下記のボタンからご覧ください。
民事再生、個人再生の詳細



電話で個人民事再生の無料相談を予約

メールで個人民事再生の無料相談を予約




任意整理

任意整理とは、弁護士が、債権者(クレジット、ローン会社等)と借金の額や支払方法の交渉を行うことをいいます。
弁護士が受任通知を発送すると、業者から取引履歴が開示されるので、これに基づき、利息の引き直し計算を行い、その結果算定された借金の額を基に、弁護士が債権者との間で支払い方法を交渉します。
また、過払金が発見された場合、この回収も弁護士が行います。
既に借金を完済したという方は、過払金が発生している可能性があるので、
過払金の返還請求についても、弁護士にご相談下さい。

武蔵小杉綜合法律事務所の任意整理の弁護士費用は下記のとおりです。
弁護士費用は分割でのお支払を承っております。
着手金成功報酬
1社4万円 減額報酬:なし
過払い金回収時のみ:回収額の20%
     ※消費税別途
     ※過払い金を裁判により回収する場合、実費として印紙代が発生します
     (例:100万円の請求の場合は1万円、200万円の場合は1万5000円)

任意整理も法テラスのご利用が可能です。
例:債権者6社〜10社の任意整理⇒約18万円


電話で任意整理の無料相談を予約

メールで任意整理の無料相談を予約




債務整理のFAQ
債務整理に関して、よくご質問頂く事項には、以下のようなものがあります。

債務整理のFAQ
「債務整理をすると信用情報に載る」という話を聞きますが、どういうことですか?
債務整理のFAQ
信用情報機関とは、クレジット業者や消費者金融業者等が複数加盟して構成されいる機関で、顧客の情報(契約内容、支払状況等)を各加盟業者から収集しています。
「支払いが延滞している」といった情報や、「債務整理に入った」等の情報は、加盟業者間で共有されることになります。
自己破産にしても、民事再生にしても、任意整理にしても、信用情報機関に債務整理を行っているという情報が上がるため、約5年間ほど、新たにクレジットを利用したり、ローンを組むことが難しくなります。


債務整理のFAQ
自己破産等を行うと、「官報」に名前が載ってしまうと聞いたのですが、勤務先や知人に自己破産等をしたことを知られてしまいますか?
債務整理のFAQ
自己破産や民事再生といった裁判所を利用する手続を取ると、「官報」に名前や住所が載ります(裁判所を利用しない任意整理では、官報に名前が載ることはありません)。
もっとも、この官報をチェックしている企業は、金融業者等の一部を除いてほとんどありません。また、個人でチェックしている人は稀ですから、官報から自己破産等の事実を知られてしまう可能性は、さほど高くありません。
このように、官報から知られてしまう可能性はあまり高くありませんが、滞納したまま、債務整理等の対策を取らずに放置し続けていたりすると、業者によっては給与を差し押さえてくることがあるため、この差押を機に、会社に借金問題を抱えていることを知られてしまう可能性はあります。滞納が長引く前に、早目に弁護士等の専門家にご相談下さい。


債務整理のFAQ
弁護士費用が不安なのですが、依頼するにはいくらぐらいかかりますか?
債務整理のFAQ
武蔵小杉綜合法律事務所では、弁護士費用のご負担に配慮して、債務整理事案については、次のようなお取り扱いとしております。
   債務整理の弁護士費用分割可債務整理については弁護士費用の分割払いが可能です。
   債務整理は成功報酬なし自己破産、民事再生の成功報酬は頂きません。(過払い金回収時を除く)
   ご夫婦での債務整理自己破産、民事再生は、ご夫婦共にご依頼の場合に割引がございます。
   債務整理は法テラス利用可債務整理については法テラスの利用が可能です。
    (例)債権者10社以内の自己破産:弁護士費用約15万円。
   弁護士による借金の無料相談当法律事務所では弁護士による債務整理の無料相談を実施しています。



債務整理のFAQ
弁護士に債務整理を依頼した後の流れはどのようになりますか?
債務整理のFAQ
自己破産や民事再生等の裁判所を利用する手続については、ご依頼頂いた後は、毎月1回のペースで弁護士とお客様とで打合せを行い、裁判所に提出する資料の準備を進めます。
資料が揃った段階で、裁判所に申立てを行いますが、その後の流れは、裁判所各地の運用により若干異なります。例えば川崎の裁判所では、申立て後に裁判官との面接期日が指定されますが、面接には弁護士が同行しますので、どうぞご安心下さい。



債務整理の無料相談

武蔵小杉綜合法律事務所は「債務整理の無料相談」を行っております。川崎や横浜のお客様を中心に、幅広くご利用頂いております。
自己破産や個人民事再生等のうちどの手続が適切か、メリットやデメリット、また、弁護士が受任した場合の弁護士費用についても詳しくご説明致します。
男性弁護士と女性弁護士がご相談に応じますので(弁護士のプロフィール)、借金でお困りの方は、まずは「債務整理の無料相談」をご利用ください。

無料相談のご予約は、お電話(044−430−6610)か、または下記メールフォームをご利用下さい。

川崎市民の電話による法律相談の予約

川崎市民のメールによる法律相談の予約

アクセス

新丸子駅から徒歩3分、武蔵小杉駅から徒歩9分です。
アクセス方法について詳しくは「所在地・連絡先」のページをご覧下さい。




取扱い業務のページに戻る。
トップページに戻る。

債務整理の無料相談「債務整理の無料相談」

武蔵小杉綜合法律事務所は個人の方の債務整理の無料相談を実施しています。
借金の相談は弁護士
自己破産等の手続・弁護士費用等詳しくご説明します。


法律相談のご予約法律相談の予約

弁護士への法律相談は、お電話
法律相談は弁護士@川崎
又はフォーム↓からご予約下さい。
川崎市民からのメールによる法律相談の予約


営業時間武蔵小杉綜合法律事務所の営業時間

平日:午前9:30〜午後5:30
休業日:土日祝日、夏季、年末年始
弁護士の土日法律相談 土日祝日の法律相談をご希望の方は、平日営業時間内にお問合せ下さい。


川崎フロンターレ武蔵小杉綜合法律事務所は川崎フロンターレを応援

武蔵小杉綜合法律事務所は、
川崎フロンターレ
を応援しています!
武蔵小杉綜合法律事務所は川崎フロンターレを応援
武蔵小杉綜合法律事務所は川崎のFC「川崎フロンターレ」のスポンサーカンパニーです。
川崎フロンターレHPのスポンサーズリストに掲載中


法律事務所概要弁護士事務所概要

〒211-0006 神奈川県川崎市中原区丸子通1丁目636番地4号
朝日多摩川マンション214号
武蔵小杉綜合法律事務所
TEL:044−430−6610


その他専用サイト相続や法人破産のサイト

武蔵小杉綜合法律事務所には、当HP以外に下記のサイトもあります。

相続問題はこちら。
弁護士の相続法律相談

法人破産(会社倒産)はこちら。
川崎の法人破産


お取扱いエリア取扱いエリア

当法律事務所の弁護士は神奈川県弁護士会川崎支部所属ですが、お取扱い地域は川崎市内外を問いません。
これまで弁護士の法律相談をご利用されたお客様は、川崎市の北部(中原区、高津区宮前区多摩区麻生区)を始めとして、元住吉駅や日吉駅が最寄りの 川崎市幸区や、川崎区の方、東急線沿線に在住・在勤の方々が多いのですが、 ご相談にいらっしゃることが可能であれば、川崎以外の方も是非ご利用下さい。


弁護士ブログ弁護士のブログ「むさしこすぎの弁護士です」

川崎の弁護士ブログ「むさしこすぎの弁護士です」 弁護士が日々のあれこれを綴っています。どうぞよろしく。