トップページ> 取扱い業務> 離婚の相談> 離婚の手続について

離婚の手続

夫婦の話合いで離婚が合意できれば、離婚届を役所に提出し、離婚成立となります(協議離婚)。しかし、実際には親権や養育費、財産分与、慰謝料等の問題について、夫婦の話合いだけで円満に合意に至るのは難しいところです。
このような場合には、裁判所の手続を利用する必要が出てきます(離婚調停、訴訟)。
各手続について、以下で具体的にご説明します。

@協議離婚とは
A離婚の調停とは
B審判とは
C離婚訴訟とは

@協議離婚とは

協議離婚とは、夫婦の話合いで離婚を合意することです。合意できれば、離婚届に必要事項を記入し、夫婦の他に成年の証人2名に署名・押印してもらい、離婚届を役所に提出します。

公正証書の作成は弁護士に 離婚にあたって相手方に約束させたい事項があれば、
    合意文書や公正証書の作成を検討された方が良いでしょう。
    ご不明な点は、文書を取り交わす前に、弁護士にご相談ください。



A離婚の調停とは

夫婦の話合いでは離婚の合意ができない場合や、離婚すること自体の合意はあるものの、親権、養育費、財産分与、慰謝料等の離婚の諸条件で合意ができない場合に、家庭裁判所に離婚調停を申し立てることができます。
調停は裁判所に「申立書」を提出するところからスタートします。申立書は原則として相手方に送付されるため、相手方に知られたくないようなことがある場合には、記載内容に注意して下さい。
裁判所が申立を受理すると、相手方に対して、「調停が申し立てられたので、何月何日の何時に裁判所に来て下さい」という呼出状が送られます。
調停では調停委員が間に入り、夫婦それぞれの言い分を整理して、合意に至る可能性を探ります。調停は、1月から1月半に1回程度のペースで期日が続きますが、相手方が調停に来ないという場合や、調停には来るものの離婚に応じてくれ ないなど、話合いができないような状況になると、打ち切りとなります。
調停不成立となった場合、次に進むためのステップは「離婚訴訟」となります。

離婚調停は弁護士に 調停という手続は、弁護士を付けずに、ご本人だけでも対応可能
    ですが、相手方に弁護士が付いた場合や、離婚条件の交渉が難しい
    案件等、弁護士を付けた方が良い場合もあります。
    離婚調停の対応でお困りの方は、弁護士にご相談ください。



B審判とは

調停に付されている案件について、調停成立の見込みがない場合に、家庭裁判所は調停に代わる審判を行うことができます。審判になる場合とは、例えば離婚自体の合意はできたが、養育費等の諸条件で合意に至らない場合等です。ただし、審判に対してどちらか一方が異議を出せば、審判は効力がなくなるため、実際に審判が下されることはあまりありません。


C離婚訴訟とは

調停では離婚の合意に至らず、調停が不成立で終了した場合、離婚について決着を付けるには、「離婚訴訟」を起こす必要があります。
離婚訴訟では、それまでの調停などとは異なり、離婚の請求が認められるためには、法律が定める下記のような「離婚原因」が必要となります。
   @配偶者に不貞な行為があったとき
   A配偶者から悪意で遺棄されたとき
   B配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
   C配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
   Dその他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

離婚訴訟は弁護士に 離婚訴訟は調停とは異なり、主張は「書面」で行うのが基本です。
    そのため、訴訟の場合は、弁護士への依頼はほぼ必須事項です。
    武蔵小杉綜合法律事務所では、見通しや弁護士費用について、
    詳しくご説明しますので、弁護士の法律相談をご利用下さい。




川崎市民の電話による法律相談の予約

川崎市民のメールによる法律相談の予約



離婚の相談トップページに戻る。
トップページに戻る。

法律相談のご予約法律相談の予約

弁護士への法律相談は、お電話
法律相談は弁護士@川崎
又はフォーム↓からご予約下さい。
川崎市民からのメールによる法律相談の予約


営業時間武蔵小杉綜合法律事務所の営業時間

平日:午前9:30〜午後5:30
休業日:土日祝日、夏季、年末年始
弁護士の土日法律相談 土日祝日の法律相談をご希望の方は、平日営業時間内にお問合せ下さい。


離婚相談の料金弁護士費用

離婚相談の料金は、
30分あたり5,000円(税別)です。


川崎フロンターレ武蔵小杉綜合法律事務所は川崎フロンターレを応援

武蔵小杉綜合法律事務所は、
川崎フロンターレ
を応援しています!
武蔵小杉綜合法律事務所は川崎フロンターレを応援
武蔵小杉綜合法律事務所は川崎のFC「川崎フロンターレ」のスポンサーカンパニーです。
川崎フロンターレHPのスポンサーズリストに掲載中


法律事務所概要弁護士事務所概要

〒211-0006 神奈川県川崎市中原区丸子通1丁目636番地4号
朝日多摩川マンション214号
武蔵小杉綜合法律事務所
TEL:044−430−6610


お取扱いエリア取扱いエリア

当法律事務所の弁護士は神奈川県弁護士会川崎支部所属ですが、お取扱い地域は川崎市内外を問いません。
これまで弁護士の法律相談をご利用されたお客様は、川崎市の北部(中原区、高津区宮前区多摩区麻生区)を始めとして、元住吉駅や日吉駅が最寄りの 川崎市幸区や、川崎区の方、東急線沿線に在住・在勤の方々が多いのですが、 ご相談にいらっしゃることが可能であれば、川崎以外の方も是非ご利用下さい。


弁護士ブログ弁護士のブログ「むさしこすぎの弁護士です」

川崎の弁護士ブログ「むさしこすぎの弁護士です」 弁護士が日々のあれこれを綴っています。どうぞよろしく。