トップページ> 取扱い業務> 離婚の相談> 離婚とお金の問題

離婚とお金の問題

離婚によって経済状況は一変します。ですから、「お金」の問題は、離婚後の生活
を考える上で、とても大きな課題です。
以下に、財産分与、慰謝料、年金分割についてご説明します。

@財産分与
A慰謝料
B年金分割

@財産分与について

夫婦が婚姻中に築いた財産を離婚に際して清算することを財産分与といいます。名義がどうであれ原則として2分の1ずつ分けることになります。「2分の1ずつが基本」といっても、実際の離婚の場面では合意に至るのが難しく、例えば住宅ローンが残っている不動産をどうするのか等、夫婦で意見が大きく対立するのが多い問題です。

なお、財産分与はあくまで「婚姻期間中に築いた財産」が対象となるので、結婚する前に、個人で貯めていたような預金等は分与の対象には含まれません。

財産分与は離婚後の生活にも関わる重要な問題ですから、あらかじめ弁護士に相談して備えておくと良いでしょう。

A慰謝料について

離婚について、その原因を作ってしまった配偶者(不貞行為など)が、他方の配偶者に対して、その精神的苦痛を賠償する意味で支払う金銭が慰謝料です。
性格の不一致等、離婚に至った原因についてどちらにも非がないようなケースでは、慰謝料は発生しません。
不貞行為が原因で離婚に至ったようなケースでは、配偶者だけでなく浮気相手に対する慰謝料も問題となりますが、証拠や時効の問題もあるので、早期に弁護士にご相談ください。

B年金分割について

年金分割には「合意分割制度」と「3号分割制度」があります。
「合意分割制度」とは、平成19年4月1日以後の離婚について、婚姻期間中の年金記録(厚生年金)を当事者間で分割する制度です。離婚すれば当然に分割されるものではなく、当事者の合意、または裁判所で分割の割合(案分割合)を定める必要があります。

一方、「3号分割制度」とは、平成20年5月1日以後の離婚について、国民年金の第3号被保険者からの請求により、平成20年4月1日以後の婚姻期間における相手方の厚生年金記録を、当事者で2分の1ずつ分割することができる制度です。この「3号分割制度」については、「合意分割制度」とは異なり、当事者の合意は必要ありません。

年金分割については、請求期限は離婚成立から2年以内とされており、この点は注意が必要です。


川崎市民の電話による法律相談の予約

川崎市民のメールによる法律相談の予約



離婚の相談トップページに戻る。
トップページに戻る。

法律相談のご予約法律相談の予約

弁護士への法律相談は、お電話
法律相談は弁護士@川崎
又はフォーム↓からご予約下さい。
川崎市民からのメールによる法律相談の予約


営業時間武蔵小杉綜合法律事務所の営業時間

平日:午前9:30〜午後5:30
休業日:土日祝日、夏季、年末年始
弁護士の土日法律相談 土日祝日の法律相談をご希望の方は、平日営業時間内にお問合せ下さい。


離婚相談の料金弁護士費用

離婚相談の料金は、
30分あたり5,000円(税別)です。


川崎フロンターレ武蔵小杉綜合法律事務所は川崎フロンターレを応援

武蔵小杉綜合法律事務所は、
川崎フロンターレ
を応援しています!
武蔵小杉綜合法律事務所は川崎フロンターレを応援
武蔵小杉綜合法律事務所は川崎のFC「川崎フロンターレ」のスポンサーカンパニーです。
川崎フロンターレHPのスポンサーズリストに掲載中


法律事務所概要弁護士事務所概要

〒211-0006 神奈川県川崎市中原区丸子通1丁目636番地4号
朝日多摩川マンション214号
武蔵小杉綜合法律事務所
TEL:044−430−6610


お取扱いエリア取扱いエリア

当法律事務所の弁護士は神奈川県弁護士会川崎支部所属ですが、お取扱い地域は川崎市内外を問いません。
これまで弁護士の法律相談をご利用されたお客様は、川崎市の北部(中原区、高津区宮前区多摩区麻生区)を始めとして、元住吉駅や日吉駅が最寄りの 川崎市幸区や、川崎区の方、東急線沿線に在住・在勤の方々が多いのですが、 ご相談にいらっしゃることが可能であれば、川崎以外の方も是非ご利用下さい。


弁護士ブログ弁護士のブログ「むさしこすぎの弁護士です」

川崎の弁護士ブログ「むさしこすぎの弁護士です」 弁護士が日々のあれこれを綴っています。どうぞよろしく。