トップページ> 取扱い業務> 離婚のご相談> 離婚と子供

離婚と子供の問題

離婚と子供をめぐる問題には、親権、養育費、面会交流(面接交渉)があります。
以下でご説明します。
@親権
A養育費
B面会交流(面接交渉)

@親権について

離婚する夫婦に未成年の子供がいる場合、離婚に際して、親権者を夫と妻のどちらにするかを決めなければなりません。

親権者となった親は、通常は離婚後の生活を子供と共に送り(身上監護)、また法律的な側面で未成年の子供を代理することになります(狭義の親権)。

父親、母親のどちらも親権を主張する場合、最終的には裁判所がどちらかを親権者と指定することになりますが、その判断にあたっては、未成年者の年齢や、過去の生育状況、また一定の年齢以上になれば未成年者本人の意見も尊重されます。

なお、一度親権者がどちらかに決まり、離婚が成立した後に、親権者を変更したいという場合には、必ず家庭裁判所に対して「親権者変更の申立て」を行わなければばなりません。しかし、この変更は実務上なかなか認められないため、最初に離婚する際の親権者の指定はとても重要です。
親権、養育費の相談は弁護士

A養育費について

子の親権者となり、離婚後の生活を共に送る親には、当然子供を育てるための費用がかかりますが、親権者とならなかった親も、経済力に応じて、離婚後の子供の生活を支えるため、養育費を支払う義務を負います。

養育費の金額については、当事者同士で合意できればその金額となりますが、金額でもめた場合には、家庭裁判所作成の養育費算定表を基に、調停で話し合ったり、最終的には裁判官により金額が決められることになります。→家庭裁判所作成の「養育費・婚姻費用算定表」はこちら

離婚成立後に養育費が支払われなくなるという場合については、公正証書や裁判所が作成した調停調書、判決といった債務名義をもとに、支払義務者の財産に対して差押を行うことが可能です(強制執行)。強制執行の対象となるものとしては給与が典型的です。

B面会交流(面接交渉)について

面会交流とは、別居や離婚によって、子供と一緒に暮らすことができなくなった親が、子供と面会することをいいます。

面会の頻度や方法については、基本的には父親と母親が話合いにより決めることになりますが、当事者同士で話合いがうまくいかないような場合や、子供の意思を確かめる必要がある事案では、裁判所の調査官が、子供の年齢や生活状況を調査することがあります。

調停を行っても面会交流について合意に至らなかった場合には、裁判官があらゆる事情を考慮して面会交流の有無や頻度を決めることになります。


川崎市民の電話による法律相談の予約

川崎市民のメールによる法律相談の予約




離婚の相談トップページに戻る。
トップページに戻る。

法律相談のご予約法律相談の予約

弁護士への法律相談は、お電話
法律相談は弁護士@川崎
又はフォーム↓からご予約下さい。
川崎市民からのメールによる法律相談の予約


営業時間武蔵小杉綜合法律事務所の営業時間

平日:午前9:30〜午後5:30
休業日:土日祝日、夏季、年末年始
弁護士の土日法律相談 土日祝日の法律相談をご希望の方は、平日営業時間内にお問合せ下さい。


離婚相談の料金弁護士費用

離婚相談の料金は、
30分あたり5,000円(税別)です。


川崎フロンターレ武蔵小杉綜合法律事務所は川崎フロンターレを応援

武蔵小杉綜合法律事務所は、
川崎フロンターレ
を応援しています!
武蔵小杉綜合法律事務所は川崎フロンターレを応援
武蔵小杉綜合法律事務所は川崎のFC「川崎フロンターレ」のスポンサーカンパニーです。
川崎フロンターレHPのスポンサーズリストに掲載中


法律事務所概要弁護士事務所概要

〒211-0006 神奈川県川崎市中原区丸子通1丁目636番地4号
朝日多摩川マンション214号
武蔵小杉綜合法律事務所
TEL:044−430−6610


お取扱いエリア取扱いエリア

当法律事務所の弁護士は神奈川県弁護士会川崎支部所属ですが、お取扱い地域は川崎市内外を問いません。
これまで弁護士の法律相談をご利用されたお客様は、川崎市の北部(中原区、高津区宮前区多摩区麻生区)を始めとして、元住吉駅や日吉駅が最寄りの 川崎市幸区や、川崎区の方、東急線沿線に在住・在勤の方々が多いのですが、 ご相談にいらっしゃることが可能であれば、川崎以外の方も是非ご利用下さい。


弁護士ブログ弁護士のブログ「むさしこすぎの弁護士です」

川崎の弁護士ブログ「むさしこすぎの弁護士です」 弁護士が日々のあれこれを綴っています。どうぞよろしく。