転職と人事の考え

転職の目的

まず、転職活動を始める前にしなければならないのは、何故転職を考えたのか、後悔のないようにじっくりと考えてみる事です。もう一度、自分のキャリアを見つめ直し、進むべき道をよく考えてみましょう。そうすれば、自然に道が開けて来るはずです。
・会社の将来が不安
・給与に対する不満
・仕事内容に対する不満
・人間関係の問題
・キャリアアップ
・他の職種に興味がある

求人情報の集め方

転職の目的が明確になったら、次は情報収集です。求人情報は、雑誌・新聞、インターネット、ハローワーク、人材紹介会社などで集めることが出来ます。

人材紹介

人材紹介会社とは企業などが求める人材を探し、紹介することを業務している会社で、登録者にはその希望に合った求人案件の提案を行ってくれます。また、転職活動の各ポイントでのアドバイスや雇用条件の折衝も行うため、求人側の雇用条件と求職者側の希望条件とのミスマッチを減らせる利点があります。以上のことを踏まえても人材紹介会社を利用するメリットは非常に大きいでしょう。扱う求人情報は人材コンサルタントが直接情報を聞いてくることが多く、新聞や求人情報誌に掲載されない非公開の求人情報が非常に多いので利用してみるのも良いでしょう。 使い方は、
1. まずは電話やメールで人材紹介会社に登録する。
2. 人材紹介会社のキャリアアドバイザーとの面談。
  自分の職歴、知識・経験、進みたい方向や希望条件を伝える。
3. 条件に見合った求人があれば、その情報を提供してくれる。
という流れになります。
人材紹介会社を使うことによる最も大きいメリットの1つは、アドバイザーが転職の要所で相談に乗ってくれること、転職先企業と待遇までを交渉してくれることです。転職をしたことがない、条件交渉が出来ないなど、不安な人にはありがたい設備でしょう。

転職サイト

インターネット上の転職サイトは現在では最も求人情報が集まる場所といえるでしょう。転職サイトと言っても、企業からの求人情報を載せているサイトと、人材紹介会社の運営するサイトがあります。この2つは一見同じに見えますが、相違点が多いです。いずれにしてもサイトを使う場合は、多くのサイトに登録し多くの情報を集めるようにしたほうが良いでしょう。

情報の探し方

・業界新聞、業界雑誌
業界新聞は図書館などで閲覧でき、業界雑誌は大型の書店で購入することが出来ます。業界の動向、景気などの情報が掲載されているので、応募業界や企業の大よその流れをつかむ為には非常に大事です。
・会社四季報
普通の書店で購入が可能。企業の事業内容、詳細な業績などが掲載されています。
・企業のWebサイト
企業のWebサイトには今後の事業展開や、経営方針などが掲載されていることが多く、書類作成などの際に役立つ情報となるでしょう。

適職の探し方・企業の選び方

会社の選び方は「転職の目的が満たされるかどうか」だけです。
経験を生かして自分の専門領域を更に深め、キャリアアップをしたいと考えたのであれば、それが実現可能かを考えなければなりませんが、目的が果たせない転職ではまたすぐに転職したいと思ってしまい、転職した意味がなくなってしまいます。
目的と妥協しても良い点、妥協が出来ない点をよく考え、慎重に応募先を選ぶようにしましょう。