村山民俗学会は『山形県村山地方を中心とする民俗の調査研究の向上をはかる』ことを目的とし、昭和61年4月に発足した研究団体です。
 *** 『村山民俗学会会報合本復刻版第2集』を10月に発行しております。 『信州石工 出羽路旅稼ぎ記』も発行しています。 必要な方は事務局まで。 学会発行書籍は書籍紹介コーナーを参照して下さい。 「新庄まつり」の写真を「山形の民俗・民俗の写真記録」にアップしました。 ****        
山形市山寺馬形の常願寺跡で回向をあげる高擶夜行念仏講中
山寺夜行念仏は地元では夜念仏と呼ばれてきた。全国各地で行われる夜念仏と同じ念仏信仰の一つといえる。夜念仏講中が念仏や回向をあげながら、夕刻から山寺山頂の奥の院までのぼり翌朝くだるという信仰形態は、山形地方独特の習俗といわれる。
村山民俗学会事務局
〒 990-0821 山形市北町 3-3-45