ビジュアル再現 村上城 ~3DCGでよみがえる村上城~

村上城下全景3DCGワイヤーフレーム
村上城下全景3DCG。トップ画像用

村上城ってナニソレ?

新潟県の最北端、村上市にあったお城です。戦国時代には上杉謙信の攻撃を防いだことも!?

「村上城の歴史」を見る...

どんな姿のお城だった?

現状の城跡に、各種資料をもとに作成したCGを合成。往時の姿を再現してみました。

「復元村上城」を見る...

復元動画を見たい!

3DCGソフト「Shade」を使って、寛文年間の城下町をまるごと再現。約4分の動画です。

「電影村上城」を見る...

180826_一文字門 再現画像を作り直し

もと画像を夏っぽい画像にサシカエたのと合わせ、3Dデータを用いて作り直しました。13間半×3間4尺という、およそ田舎城らしからぬサイズの立派な櫓門でした。

FEATURE!_完成! 村上城エクスプローラー

3D空間に再現した寛文年間の村上城の中を、忍者になって探検だwww インタラクティブコンテンツ「村上城エクスプローラー」を公開しました。(動作検証OS:Windows7、10)

180805_武具蔵跡を追加!

山頂部最大の削平地である旧三ノ丸には、最長40mにも達する土蔵造りの蔵が3棟ありました。地表面に目立った痕跡は残りませんが、絵図や古文書から配置を推定してみます。

180722_塩町裏川を追加

今は小さな水路になっている塩町裏手の「金平川」。江戸時代には瀬波港からの船が行き交う重要な水路でした。往時の流路や機能について考察してみました。

180623_出櫓再現画像を修正

発掘調査の結果を踏まえ、黒門との位置関係を修正。再現画像のサシカエ&本文中の防御構造の解説箇所を修正しました。

180506_本丸360度ビュー

天守に続き、本丸全体の3DモデルをFBX化。特殊な環境がなくても、ブラウザ上で360度(!)自由な視点でぐりぐり動かしてご覧いただけます♪

180326_寛文7年村上城下3DCG全図

天守が落雷焼失する直前、寛文7年(1667年)時点の村上城下全域を高解像度で3D鳥観図化(8000×2700px)。画質を妥協すれば1畳大くらいまでは引き延ばして刷れるかと。今後とも継続的にアップデートしていく予定です。

180312_岩手郭(伊白丸)跡を改訂

現在、東北電力の変電所になっている窪地は曲輪跡。京都から来た公家の姫様が暮らす御殿もあった! 現在でも地割りや堀跡地形は割と明瞭に残ります。

180215_軍学用の城絵図について

江戸時代の武士の素養であった軍学研究。村上城絵図の中にはこういった研究目的(?)で作成されたものも見られます。加賀・前田家、岡山・池田家が保有する「村上城」絵図を紹介。

180209_「村上城は『重箱の城』?」を改訂!

あんまり知られていませんが、村上城の櫓の多くは1、2階が同大の重箱櫓ででした。テキスト・図版を全体に見直したほか、同じく重箱櫓尽くし(!)の豊後臼杵城に行ってきた際の写真を追加。

180202_「山麓居館復元」を更新

村上城の御殿は臥牛山の麓に築かれ「山麓居館」と呼ばれていました。こないだ修正した「御殿徹底研究」の内容を踏まえてアップデートしておきました。

180125_「庄内町桝形跡」を追加

村上城下、北側の防御拠点であった庄内町桝形(馬出し)について解説。土塁や堀は失われましたが、街路形態や地割りにその痕跡が残されています。