私が今までに見た映画の中から、気になったセリフをPick Upしています。


 トレインスポッティング(Trainspotting) 



石田泰子訳

監督:ダニー・ボイル 出演:ユアン・マクレガー、ロバート・カーライル、ケリー・マクドナルド


ヘロインを吸った後、後ろに倒れるシーンが印象的です。床に沈むシーンも強烈!
無気力に倒れることほど気持ちがいいものはないと聞いたことがあります。
ボクシングでも倒される瞬間は快感だそうですよ。

今回はスコットランドを誇れというTOMMYのセリフにかみついたRENTONのセリフが中心。

TOMMY: Doesn't it make you proud to be Scottish?

RENTON:I hate being Scottish.
We're the lowest of the fucking low, the scum of the earth,
the most wretched, servile, miserable,
pathetic trash that was ever shat into civilization.
Some people hate the English, but I don't.
They're just wankers. We, on the other hand, are colonized by wankers.
We can't even pick a decent culture to be colonized by.
We are ruled by effete arseholes.
It's a shite state of affairs and all the fresh air in the world will not make any fucking difference.
 
TOMMY:この国を誇れ

RENTON:こんな国くそったれだ
最低な国民、人間のカスだ
みすぼらしくて卑屈でミジメで、
史上最低のクズだ
みんなはイギリスをバカにするが、
そのイギリスの領土だ
何の価値もない国を占領するような、
落ちぶれた国の子分だ
そんなドツボで新鮮な空気をすって何になる



本音で言っているかどうかはともかくとして、青年たちの現実逃避を象徴するかのような重要なセリフだと思います。ヘロインに走ってしまうのも、何をやってもうまくいかない状況で唯一すがれるものだったんでしょうね。


「トレインスポッティング」関連

サウンドトラック


 

  ‖洋画のシナリオを読もう! ‖ サウンドトラック ‖ このセリフに注目! ‖




ご意見、ご感想をお待ちしています。
メールはこちらまで