謎の円盤 UFO

コナミの「SFムービーセレクション」とうとう「謎の円盤UFO」の登場となりました!
塗装やギミックなど、ますます磨きが掛かっています。


【index】

スカイダイバースカイ1インターセプタールナキャリアー
シャドゥ・モービルUFOエリス中尉

オマケのトップへ戻る


【オマケの詳細】

スカイダイバー

  原子力潜水艦の前部にロケット機を結合した、シャドウの地球側迎撃主力兵器がスカイダイバーです。しかし、今思うと、なんて単純明快な命名なんでしょう(笑)。
  「謎の円盤UFO」のメカは、どれもシンプルな名前が多いですね。
当時の小学生だった(む)には、ソレがかえってカッコ良く響いたものです。

  ミニチュアは、ますます精密にモールドされており、彩色もキレイに仕上がっています。
前部の「スカイ1」は着脱可能です。
また展示台が専用のものになっているのもウレシイところです。
  組み立ての際には、潜望鏡を折らないように切り取りましょう。


indexへ戻る
スカイ1

  「スカイダイバー」の前部に装備された、UFO迎撃戦闘機が「スカイ1」です。
「スカイダイバー1」の戦闘機が「スカイ1」なので、スカイダイバー2に装備された戦闘機は
「スカイ2」なのかどうか疑問が残りますが(笑)。
  ミニチュアはコクピット部分も再現されており、キャノピーの透明度も高く、
中が良く見えます。
  機体色は微妙なメタリックグリーンをよく再現していると思います。
(む)的には、「スカイ1」はスカイダイバーの一部なので、わざわざミニチュアにしないで、
代わりに「コンピュータ衛星S.I.D」あたりをミニチュア化して欲しかったところですが・・・。


indexへ戻る
インターセプター

  ムーンベースに配備された迎撃戦闘機が「インターセプター」です。そもそも「インターセプター」って迎撃機の意味ですもんね。あ〜単純だ。
  機種に装備された核ミサイルは1発だけで、迫り来るUFOに対し、コンピュータ誘導により百発百中の命中率を誇っていました。
機体に較べても巨大なミサイルに一撃必殺の迫力を感じます。
  劇中での出撃シーンでは、「サンダーバード」のテーマが流れ、
本作がサンダーバードと同じITC作品であることが分かります。

  これもキャノピーの透明度が高く、中に座るパイロットが良く見えます。ミサイルは当然取り外し可能になっています。飛び出しはしませんが(笑)。


indexへ戻る
ルナキャリアー

  地球と月面基地「ムーンベース」の連絡を行うのが「ルナ・モジュール」で、地球側で回収するのが「ルナ・キャリア」です。
  大気圏再突入後、高空で「キャリア」とドッキングし、そのまま「キャリア」が基地に着陸するという設定は、スペースシャトルの原点とも言える先進のメカニクスに思えました。

  ミニチュアでも「キャリア」と「モジュール」は分離合体が可能になっており、劇中さながらのアクションが楽しめます。
  塗装も細かく再現されていますが、「モジュール」の機首部の”汚し”はもっと派手でも良かったかもしれません。
また、ここまで再現されているのならば、「キャリア」の着陸脚も欲しかったところです。


indexへ戻る
シャドゥ・モービル

  シャドウの陸戦兵器が「シャドウ・モービル」です。
単純な雪上車みたいなメカですが、背部から火器やレーダーなどの
特殊装備が現れて作戦を遂行します。

  ミニチュアは複雑コクピット周辺のモールドも細かく再現され、
コクピット内には2名のクルーの姿がのぞけるのがウレシイところです。
地味な車両なので、汚し塗装や、マーキングに凝って欲しかったところです。


indexへ戻る
UFO

  地球防衛組織「SHADO」の敵が「UFO」です。
劇中では、何処の星から何の目的で地球にやってくるのか、
一切不明のままでしたが、メカのデザインと、特殊な飛行音にシビレテましたねぇ・・・。

  このミニチュアは単純な形ではありますが、
本シリーズ中、最もお気に入りのものです(笑)。
何しろ本体の透明フード部分はきれいだし、極めつけは周囲を囲む
  太陽電池板?が軽やかに回転するというギミックが再現されているし!
唯一難を言えば、塗装の関係で金属らしさが不足しているところくらいでしょうか


indexへ戻る
エリス中尉

  「謎の円盤UFO」はITC作品としては異色の「ライブアクション」、
つまり人形が演じるのでは無く、人間の俳優が演じるドラマです。
  「シャドウ」は軍隊組織である割りには、多くの女性スタッフが活躍しており、魅力的な女性が数多く登場します。
  「エリス中尉」はムーンベースのオペレータであり責任者です。
全26話の前〜中盤に多く登場し、彼女を中心としたストーリーもありました。
(ちなみに後半では「レイク大佐」という、これまたイケてるオネーさん(しかも大佐!)が活躍します。)

  劇中では「キャットスーツ」と呼ばれる銀色のスーツに身を包み、
ユニフォームの一部であるパープル色のカツラが印象的です
(もちろん彼女の素晴らしいプロポーションも見逃せないのですが(笑))。

  本シリーズのシークレットアイテムであるフィギュアが、
「ストレーカー最高司令官」ではなく、「エリス中尉」である、というところがこのオマケシリーズのアイテム選択が、実にマニアのココロを分かってくれているなぁ、と感心してしまう処なのですね。

「レアアイテム」は追わない(む)なのですが、この「エリス中尉」だけは、どうしても欲しい一品です!
…と思っていたら、このページを見て頂いた方から譲っていただけるというお申し出を頂きまして、無事、入手できました。あぁウレシイ!相模原のTさん、どうもありがとうございました!


indexへ戻る

オマケのトップへ戻る