天狗滝・綾滝見物と葛籠岩岩トレ(奥多摩)

date 2014/4/12 快晴
コース 柳沢林道終点〜天狗滝〜綾滝〜葛籠岩(往復)
実働 往き:1h20m、帰り:45m、計:2h05m。
概要 岩トレと滝見。
メンバー ふたちゃん、のじやん、あっきーさん、はんぺんさん、マツさん、すうじい
行程 →:山道・踏跡、:溯行、\\:トレース無し・藪漕ぎ・不明瞭な踏跡、=:車
【4月14日】 快晴
自宅5:20=7:10柳沢林道終点7:55→8:10天狗滝8:25→8:45綾滝9:00→9:45葛籠岩16:20→16:45綾滝17:00→17:10天狗滝17:15→17:25柳沢林道終点17:40=17:55瀬音の湯18:50=20:00自宅
使用装備 登山靴、ヘルメット、ストック、TG620、三脚、E-P2、ED9-18mmF4-6.3、携帯電話、GPS、スリング、カラビナ、9mmx40m2本、ハーネス、8環、ルベルソ
不用装備 ED14-150mmF4-5.6、アシスハンマー、ハーケン、アブミ、8mmx30m、コンロ一式
記録  冬眠明けリハビリトレーニング第二弾は、滝見を兼ねた岩トレで、葛籠岩へ出かけた。

【4月14日】 快晴
 柳沢林道終点に駐車し、モタモタ準備後、歩き出したところでメールが届く。ふたちゃん・のじやんは、既に葛籠岩へ到着したらしい。マツさん・あっきーさん・はんぺんさんと、前後しながら天狗滝へと向かう。

 先ずは、前衛の小天狗滝。小天狗滝を右岸から巻くと、天狗滝の前に降り立つ。滝前は開けていて、明るい。これだけ開けていれば、檜原村の遠望ライブカメラ映像をネットで見ることが可能なのも、頷ける。折角なので、担いで来た三脚を立て、スローシャッターも撮っておこう。

 今日は、水量が少なめだ。15分ほど撮影した後、左岸の高巻道に取付く。天狗滝を左岸から高巻いた所で、右岸に渡る。しばらく右岸沿いに登り、再び左岸へ。小沢を渡れば、綾滝が見えて来る。

 他の諸君から少し遅れて、綾滝下に到着。ベンチもあり、休憩場所としては、申し分なしだ。この滝も、良い雰囲気の滝だ。静かに流れ落ちる白い流れが、美しい。休憩後、再び重荷を担いで歩き出す。

 小尾根に乗れば、更なる急登が待っている。次第に、他の諸君に遅れてしまうが、ゆっくりじっくり頑張るしかない。もう勘弁して、と弱音が出る頃、葛籠岩直下に出る。のじやん・ふたちゃんの待つ、東面へ回る。二人は、既に岩壁の上にいる。他の3人は、登攀準備中だ。

 早速準備して、トレーニングを始めよう。富士山が見えているうちに、と南面頂上へ回ってみる。かなり、ハッキリ見えている。岩トレでは、腕力が直ぐに果ててしまい、情けない限りだ。のじやんによる、確保技術などの講習も受け、今年の作戦も膨らむ。

 帰り道も、綾滝・天狗滝を堪能して下る。バイクのあっきーさんと別れ、瀬音の湯へ向かう。心配した渋滞も殆ど無く、八王子ICから中央道に乗る。

GPS軌跡、アルバム

表題をクリックすると、各ブログにジャンプします
戻るときは、ブラウザの「戻る」で戻って来て下さいねm(_o_)m

その1:
GPS軌跡
その2:
天狗滝
小天狗滝 天狗滝 天狗滝 天狗滝 天狗滝
その3:
綾滝・葛籠岩
綾滝 綾滝 葛籠岩東面 富士山 天狗滝

表紙
の表紙へ
本館