大洞和名倉沢下流部溯行(奥秩父)

date 2013/10/13 晴
コース 和名倉沢下降点〜木橋〜和名倉沢下流部〜三階滝上〜下段道〜木橋〜和名倉沢下降点
実働 登り:4h15m、下り:1h20m、計:5h35m。
概要 木橋から入渓、三階滝上から下段道利用で戻る。
メンバー すうじい(単独)
行程 →:山道・踏跡、:溯行、\\:藪漕ぎ・不明瞭な踏跡、=:車
【10月13日】 晴
自宅3:10=6:10和名倉沢下降点6:45→7:10木橋7:30石津窪出合9:059:15弁天滝9:35\\巻き終わり9:4010:57氷谷出合11:3011:55 6m左壁12:1012:20 6x8m右壁12:3712:45三階滝上下段道入口13:25→14:23和名倉沢木橋14:28→14:50和名倉沢下降点15:00=15:20道の駅大滝温泉15:50=19:30自宅
使用装備 軽登山靴、渓流靴、ヘルメット、コンデジTG620、三脚、E-P2、ED9-18mmF4.5-6.3、携帯電話、GPS
不用装備 アイスハンマー、スリング
記録  和名倉沢は、いつも左岸下段道を利用して、三階滝上で入渓しており、下流部は溯行したことがない。今回は、木橋から三階滝上までの下流部を溯行してみた。

【10月13日】 晴
 大洞林道・三峰道路分岐近くの和名倉沢下降点に路肩駐車し、大洞へと下降する。吊橋で本流を渡り、和名倉沢左岸へと杣道を辿る。和名倉沢に懸かる木橋を渡り、溯行準備をしよう。

 樹林に囲まれ、薄暗い和名倉沢を溯行開始する。しばらく平凡な流れが続くが、鬱蒼とした森の中の自然な雰囲気は感じられる。3mインゼル状2条トヨは、右壁をトラバース気味に落口へと登る。右岸にカレスラブルンゼを見ながら、トヨナメ帯を右に曲がると、連瀑帯入口となる。

 入口の小滝を越え、2段6mトヨナメ滝の左を登る。続く小滝幅広の奥に見える3x6m滑滝は、左壁を登る。ワイヤーが残念な6m大釜は、右岸を小さく巻いたが、後続パーティは、右壁を登っていた。その上の、大岩が塞ぐ5m滝を撮影している間に、後続5人パーティに先行してもらう。ここは、フリクションを効かせて、左壁を登る。

 5m滝を越えると、左岸から石津窪が出合い、さらに少し行くと、大きな釜を持つ弁天滝12mが現れる。三脚を立てて撮影後、左岸のガレルンゼを登り、巻道に入る。左岸巻道は、上流側をしばらくトラバース後、沢に降り立つ。

 右岸からガレが押し出している5m逆くの字滝は、ガレ斜面を横断して左から越える。滝の上には、5x10mS字滑が続いている。これを過ぎると、沢は平流となり、穏やかな川原が続く。2段3m石滝を越え、右岸から枝沢が出合うと、大釜を持つ6m直瀑となる。

 先行パーティは、右岸に取り付いていたようだが、左岸の小尾根に取り付けば、踏跡が付いている。6m直瀑の先は再びゴーロとなり、左岸から枝沢が出合う。沢が右に曲がると、奥に小滝・4m滝が見える。小滝2条と続く4m滝を越えると、小滑滝が連続する。

 滑滝連続帯の階段状滑滝を、快適に越えて行くと、右岸から、(1:3)ほどの水量比で、氷谷が2段18m滝を懸けて出合う。水量は少な目だが、立派な滝なので、三脚を立てよう。丁度逆光になって撮影しづらいが、上段10m・下段8mスダレ状となっている。

 氷谷出合を過ぎ、和名倉沢本流は3x6m滝を懸ける。続いて、釜を持つ3mトヨナメ。沢が右に曲がって、細長淵の奥に小滝トヨナメ。これを越えると、沢は左に折れて、三階滝が現れる。

 三階滝最初の滝は、4x6トヨナメ2条U字。左岸斜面を、トラバース気味に越える。続く6m滑滝は、美しいので三脚を立てた後、左壁を登って落口に出る。さらに、6x8m上ナメでも三脚を立て、右壁を登って越える。最後の小滑滝を過ぎると、見覚えのあるゴーロに出る。本日の溯行終了点である、和名倉左岸下段道終点だ。

 ここで、靴を履き替える。行動食を腹に入れ、水分を補給後、下段道を辿る。三階滝付近の下段道は、不安定で荒れている。小尾根を回り込む辺りから、道は少し安定して来る。枝沢を横断し、山ノ神の「バス停」に至る。演習林「バス停」脇の小尾根上には、山ノ神が祀られている。

 山ノ神を過ぎると、道はジグを切って、一段下がり、再びトラバースを続ける。石津窪横断点は、荒れた伏流ゴーロとなっており、踏跡が不明瞭だ。杉の植林帯で下段道が中段道と合流すると、ヌタ場横に小屋掛けがある。

 小屋掛けから、杉林を斜めに下って行くと、最後はジグを切りながら、和名倉沢沿いに出る。間もなく、今朝方入渓した木橋に至る。木橋を渡った後も、道は細く不安定で、最後まで油断出来ない。吊橋で大洞本流を渡り、車道まで登り返して車に戻る。

GPS軌跡、アルバム、溯行図

滝見亭・南関東の滝」に写真集「大洞和名倉沢下流部'13-10」を計画中

表題をクリックすると、各ブログにジャンプします
戻るときは、ブラウザの「戻る」で戻って来て下さいねm(_o_)m

その1:
GPS軌跡
その2:
木橋から入渓
吊橋 木橋入渓点 溯行開始 岩の上の六本木 3mインゼル状2条 連瀑帯入口
その3:
石津窪下連瀑帯
2段6m 小滝幅広 3x6m滑滝 6m大釜 5m大岩滝 左壁を登る
その4:
石津窪出合〜弁天滝
石津窪出合 弁天滝12m 弁天滝12m 弁天滝12m 左岸ガレルンゼ巻き 弁天滝上流側俯瞰
その5:
5m逆くの字〜6m直瀑
5m逆くの字 5m逆くの字 5x10mS字滑 6m直瀑大釜 小滝・4m
その6:
氷谷出合
階段状滑滝 氷谷出合滝2段18m 氷谷出合滝2段18m 3x6m 3mトヨナメ 細長淵
その7:
三階滝
4x6トヨナメ2条U字 6m滑滝 6x8m上ナメ 小滑滝 三階滝俯瞰 溯行終了点
その8:
左岸下段道
演習林バス停 山ノ神 石津窪横断点 中・下段分岐小屋掛 木橋入渓点
その9:
溯行図

表紙
渓流の部屋
の表紙へ
本館