天狗滝から葛籠岩(奥多摩)

date 2013/6/28 曇のち晴
コース 柳沢林道ゲート〜天狗滝〜綾滝〜葛籠岩〜綾滝〜柳沢林道ゲート
実働 登り:1h20m、帰り:45m、計:2h05m。
概要 滝見と急登訓練を兼ねて、葛籠岩に登る。
メンバー すうじい(単独)
行程 →:山道・踏跡、:溯行、\\:藪漕ぎ・不明瞭な踏跡、=:車
【6月28日】 曇のち晴
自宅9:10=11:15柳沢林道ゲート11:35→11:50小天狗滝12:15→12:20天狗滝12:40→13:00綾滝13:25→14:05葛籠岩14:20→綾滝14:50→15:05柳沢林道ゲート15:30=17:20自宅
使用装備 軽登山靴、GPS、TG620、E-1、ED12-60mmF2.8-4SWD、三脚、ストック、飲料2L
不用装備 熊鈴
記録
 梅雨の合間を縫って、脚力トレーニングのため、千足の天狗滝・綾滝から葛籠岩まで登って来た。

【6月28日】 曇のち晴
 今日も遅い出発で、奥多摩へと向かう。千足からの林道入口を一旦通り過ぎたが、11時過ぎに、柳沢林道ゲート前に着いた。

 カメラと三脚、お茶2Lを担いで、林道を歩き出す。結構重い。15分ほどで、立派な滝に至る。天狗滝ではないようだが・・・、と思っていたら、小天狗滝との道標があった。例の天狗前衛滝だった。折角なので三脚を立てる。

 右岸から巻くと、すぐに天狗滝に至る。結構な水量があり、三脚を立てて、撮影する。陽が射し始め、飛沫が輝く。さらに20分の登りで、綾滝に至る。綾滝の近くで、望遠と思しきレンズを着けたカメラを構える男性と出会ったが、昆虫撮影だろうか。綾滝の辺りは、鬱蒼とした針葉樹林帯で、いつもヒンヤリとした雰囲気だ。滝の左岸には、コンクリート製の祠がある。

 40分ほど急登をこなすと、見覚えのある岩壁が現れる。南東稜に取り付き、葛籠岩頂上に登る。残念ながら、富士山は姿を見せなかった。何故か、携帯が圏外だった。

 携帯メールが送れないので、急ぎ下ることにする。綾滝近くまで下ったらメールが届き、高尾駅までカミさんを迎えに行くことになり、更に急ぐ羽目になった。

 ゲートの車へと戻り、急いで着替えて、高尾駅へカミさんを拾いに向かう。高速を利用したら、意外と早く帰宅出来たのであった。

GPS軌跡とアルバム

表題をクリックすると、各ブログにジャンプします
戻るときは、ブラウザの「戻る」で戻って来て下さいねm(_o_)m

その1:
GPS軌跡
その2:
小天狗滝へ
柳沢林道終点 小天狗滝 小天狗滝 小天狗滝
その3:
天狗滝
天狗滝 天狗滝 天狗滝 天狗滝
その4:
綾滝
綾滝 綾滝 綾滝 綾滝
その5:
葛籠岩
東側の展望 千足方面 西側の展望 南面 再び綾滝

の表紙へ
本館