百尋滝から川苔山(奥多摩)

date 2011/6/3 晴時々曇
コース 細倉橋〜百尋滝〜川苔山〜足毛岩〜百尋滝〜細倉橋
実働 登り:1h59m、下り:1h45m、計:3h44m。
概要 百尋滝見物後、川苔山に登り、足毛岩から再び百尋滝に寄る。
メンバー すうじい(単独)
行程 →:山道・踏跡、:溯行、\\:藪漕ぎ・不明瞭な踏跡、=:車
【6月3日】 晴時々曇
自宅8:50=11:20細倉橋11:40→12:20百尋滝12:55→14:14川苔山14:29→14:50足毛岩14:55→15:35百尋滝15:50→16:34細倉橋16:50=18:50自宅
使用装備 長靴、GPS、μ-725SW、E-1、ED12-60mmF2.8-4SWD、三脚、ストック
不用装備
記録
 川苔谷逆川溯行のはずが、寝坊して百尋滝見物となってしまった。

【6月3日】 晴時々曇
 川乗林道が細倉橋を渡ったところに、登山口(遊歩道入口)がある。登山口には、立派なトイレがあり、利用させて頂く。川苔谷沿いの登山道(遊歩道)を進めば、幾つかの滝を目にすることが出来る。幾つかの木橋を渡るが、岩や木橋が濡れているので、スリップには注意が必要だ。木橋の下に、気持ち良さげなトヨナメが延びる場所もある。

 しばらく進んで行くと、左岸枝沢に、5mほどの滝が懸かっていたので、思わず近付く。取り敢えずコンデジで撮影し、帰りに寄るとしよう。最後に渡る木橋は、ちと怪しげだ。やがて登山道は、左岸の尾根に取り付き、高巻きを始めてしまうかと思われ、ちと不安になるが、鉄製の階段が上下に続く場所から、百尋滝下へと降りることが出来る。

 前日の雨のお陰か、そこそこの水量がある。木漏れ日を浴びて、斑に光る滝身となっている。ここは、この日の目玉でもあるので、やはり三脚を立てよう。右岸寄りに接近すると、飛沫が酷いので、ゆっくり構えることも出来ない。

 階段に戻り、さらに上を目指そう。急登を続け、962独標を巻いて、尾根上でウスバ林道に合流する。ウスバ林道は、火打石谷(横ヶ谷)右岸を、ひたすらトラバースを続けて行く。やがて左俣である火打石谷を渡る。さらにトラバースを続けると、道標のある所で、足毛岩肩・ウスバ乗越方面へと続くウスバ林道から分かれ、右俣である横ヶ谷右岸沿いのコースを辿り、川苔山を目指す。

 横ヶ谷源頭で、稜線に出る尾根に乗れば、稜線はもうすぐである。稜線には、登山者の姿があり、山頂からは人声が聴こえる。登り着いた山頂には、数人の先客がいた。小休止の後、西尾根を下ることにする。西尾根では、サラサドウダンの花が見頃であった。

 足毛岩肩でウスバ林道に出る。ウスバ林道は、足毛岩肩からウスバ乗越方面へは、崩壊通行止となっている。取り敢えず、足毛岩方面へ偵察に行く。特に展望が得られるわけでもなく、少々ガッカリであった。ウスバ林道を百尋滝方面へと辿る。

 先程の分岐に至り、往路を戻って百尋滝を目指す。再び百尋滝を見に行くと、陽射しが当たらなくなって、撮影し易くなっていた。高速シャッターは無理だが、スローの柔らかな滝が楽しめる。往きに覗いた左岸枝沢滝も、三脚を立てて撮影する。

 本流の滝も、捨て難いものが多い。時間の余裕も無いので、コンデジでお茶を濁す。水源となっているらしい辺りの滝も、良さげである。滝に気を取られながら、登山道を下って行くと、やがて細倉橋の登山口に至る。

GPS軌跡とアルバム

表題をクリックすると、各ブログにジャンプします
戻るときは、ブラウザの「戻る」で戻って来て下さいねm(_o_)m

その1:
GPS軌跡
その2:
細倉橋〜川苔谷沿い
細倉橋 細倉橋登山口 2条滝 木橋 トヨナメと木橋
その3:
左岸枝沢滝〜百尋滝
左岸枝沢滝 木橋 怪しくなる木橋 百尋滝 百尋滝
その4:
百尋滝
百尋滝 百尋滝 百尋滝 百尋滝
その5:
ウスバ林道〜横ヶ谷〜川苔山
ウスバ林道 火打石谷 足毛岩分岐 稜線に出る尾根 川苔山
その6:
川苔山〜足毛岩
西尾根 西側の展望 西尾根を下る サラサドウダン 足毛岩肩
その7:
百尋滝〜細倉橋
百尋滝 左岸枝沢滝 川苔谷の滝 川苔谷の滝 細倉橋登山口

の表紙へ
本館