松本市の歴史を感じるもの
松本館 便所棟
 

便所棟は松本館旧館の南西方向に渡り廊下で接続されています。
北側は庭園に面し、八角形の外観を呈しています。
内も外も柱は赤塗り、壁面上部には中国風の欄間が設けられていています。

    
  
  
中国風の扉(外面)

中国風の扉(内面)

丸窓が壁に一つ付けられています。

便所の中です。(少しぼかしました。)

便所棟の北側にある庭園です。

   

昭和8年(1933年)頃に造られた木造平屋建、鉄板葺、建築面積26平米の松本館便所棟は登録有形文化財に指定されています。

≪登録有形文化財制度≫

近年の開発や生活様式の変化で、社会的評価を受ける前になくなる恐れのある近代の文化財建造物を残すため、緩やかな保護措置を講ずる制度。


 
松本市の歴史を感ずるもの  に戻る
mt77のホームページ  TOPに戻る