松本市の歴史を感じるもの
お神酒の口(おみきのくち)
 
   

お神酒の口は「おみきのすず」とも呼ばれ、神棚などに供えるお神酒徳利にさして飾る竹細工の縁起物です。
お神酒の口を飾る風習は松本市では多く見られるそうですが、我が家ではこの高価なお神酒の口を買えないためだったのでしょうか赤い実のついた正木をさしています。
この竹製のお神酒の口はそのまま飾り置いて、一年後の三九郎で焼いたりする事が多かったようです。
材料は日陰に育った3〜5年の節間の長い竹が主という事です。
お神酒の口作りは一年を通じて行うものではなく、11月頃に竹を購入して製作し始め、12月の中旬には終了する季節的なものだそうです。

   
    
   
 

お神酒の口は、縄手の露天で12月に入ると売られるようになります。
 
松本市の歴史を感ずるもの  に戻る
mt77のホームページ  TOPに戻る