松本市の歴史を感じるもの
新御霊(あらみたま)
 
新御霊(あらみたま)は、長野県でも中南信の一部で行なわれている年末の行事のようです。
新仏のいる年の暮れの事を「新御霊(あらみたま)」と呼びます。

松本市誌によると、「死者の霊が盆と同様に正月にも家を訪ねる」と言う事から、年の暮れに親戚・同姓・組などが、新仏のいる家へ「新御霊」のお見舞いをします。
その昔は、「新霊見舞」と書き記した米・線香・蝋燭などをもって「お義理に行く」と称しお見舞いをしていたようですが、現在はお金に変わっています。
お見舞い(お参り)を受ける家は12月の初旬頃に「御棚(おたな)」を作り亡くなった方の霊を祭ります。
新御霊のお参りは、以前は12月31日のお年取り過ぎにも行われていたようですが、現在は12月10日前後から25日前後にお参りをすることが多いようです。
この間、何時誰がお参りに来てくれるか分らない為、お見舞いを受ける家では留守にすることが出来ません。
お見舞いに来た方は、「お寂しいお正月で ご折角でございます。」、「お寂しい年の暮れで ご折角でございます。」と言うような口上を述べた後、「御棚」をお参りします。
お参りをいただいた家ではお茶で接待をし、帰る際は用意しておいた「お返し」を渡します。


※アラミタマは松本市誌では「新霊(見舞)」となっています。
我が家では「新御霊」を使っています。

「新御霊(あらみたま)」の「御棚(おたな)」

※写真右上の黒い部分は「位牌」があり、左上黒い部分には「遺影」があります。
  
   
   
   
松本市の歴史を感ずるもの  に戻る
mt77のホームページ  TOPに戻る