松本市の歴史を感じるもの
やしょうま
  
やしょうま
 
やしょうま


「やしょうま」は米の粉を湯で練ってから蒸し、それをちぎってゆで大豆・青海苔・ごま・切刻んだ野菜等と食紅を混ぜて形を整えたものです。
2月15日は釈迦が入寂した日、涅槃会です。
この日にお供えするのが「やしょうま」です。
名前の由来は、釈迦が入滅のときこれを食べ、傍らにいた弟子の邪(やしょ)に、「邪(やしょ)うまかったぞ」と言ったからというのが一般的です。

今一つの説は、米の粉をこねて片手で握った形が馬の背に似ているので「やせうま」からなまったという説もあります。
長野県下では「やしょうま」が一般的で、そのほかに「やしょんま」、「やしょ」と呼んでいる地域もあるります。

※涅槃会 釈迦(しゃか)入滅の日に行う法会。
入滅  釈迦の死。
    
   
やしょうまのレシピ
  やしょうま作りの材料
  やしょうまの生地作り
やしょうまの作り方
  犬の模様     桜の花      都忘れ
 



松本市の歴史を感ずるもの  に戻る
mt77のホームページ  TOPに戻る