鷹ノ巣山愛犬と登山40枚写真集

    

 晩秋の奥多摩の鷹ノ巣山に愛犬のパピヨンのパナと登った。峰谷(みねだに)の奥部落に車をおき、浅間尾根を登る。大岳山とは違い、岩場もバシゴもなく、愛犬のパナは一度も抱え上げるようなことはなかった。登り初めて1時間ほどはややきつい登りもあるが、その後1時間ほどで鷹ノ巣小屋に着く。コ−ヒ−を飲んで、30分ほど休んだ後に、鷹ノ巣山に向かう。30分ほどで頂上だ。この浅間尾根のル−トは鷹ノ巣山登山では最も楽で短い距離だ。バスもあるが、本数が少ないようだ。マイカ−かタクシ−を利用するとよい。

 日原からの稲村岩尾根ル−トも2時間強で鷹ノ巣山頂上に達するが、傾斜がかなりきつい。健脚向きだ。マイカ−登山者でない人は、鷹ノ巣山頂上から、六ツ石山を経て奥多摩駅に下山する人が多い。晴天の日に、視界の開けた石尾根の広い防火帯を下山するのは爽快だ。

 鷹ノ巣小屋近くの水場が異常だった。水が少ない、1リットルの水を貯めるのに10分ほどかかる。奥多摩小屋や七つ石山の水場も少なかったとのこと。ここ10年で初めての経験だ。奥多摩の山には雨が少なかったと言うことか。東京都内が給水制限の時も、奥多摩の水は豊かだったことがある。これから厳冬に向かうので、奥多摩の登山には水の持参は必須だ。
  




































 愛犬の登山技術
愛犬と登山の北岳写真集
 愛犬と登山の記録と写真集
 パピヨン登山犬二代目
 奥多摩大岳山愛犬と登山46枚写真集


     

  楽天ブログトップに戻る

     元のペ−ジに戻るには
    楽天の場合はパソコンのブラウザので戻ってください。

    Yahooの場合は
パソコンのブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください。


  開設 2005/11/29