鎌倉 源氏山と六国見山

2000.12.23(土) 


以前、天園を訪れた時に、冬ながらも秋と早春が同居している不思議な鎌倉に
紅葉の名残りを求め、海をのんびり眺めに訪れた。
鎌倉駅までは千葉・大宮・八王子からでも電車一本で行けるようになっている。

まずは源氏山へ

鎌倉駅からまず源氏山をめざす。
小さめな西口から出て、線路と平行して北上する通りを行き
酒屋・錦屋から脇道に入る。

墓地から(比叡山の)きらら坂を思い起こさせる両側が狭まった道を少し行くと、
墓地の裏手から源氏山公園へ。
聞こえるのは電車の音とリスの走る音。静かだ。

高いほうに進むが、山頂標識らしきものがわからなかった。
樹林に囲まれ、展望がない。

下っていくと、りっぱな公衆トイレ。このあたりから休んでいる人もちらほら見かける。

頼朝像のまわりには百名近い家来(^^)が。
高年者の健康ハイクの催し物のようで、ちょうど昼食タイムに遭遇。
そそくさと写真を撮り、化粧坂(けわいざか)へ。

化粧坂から花の美しい海蔵寺へ

化粧坂は思ったより短く、あっさりと住宅街に下りた。海蔵寺まで往復する。
サザンカミツマタなどが境内を飾っていた。

化粧坂に戻ると、昼食を終えた家来たちの大軍が慎重に下り始めていた。
山歩きをしている人にとってはなんてことがない坂なので、
下りの方々に脅威を与えないように気を配りつつ、脇をずかっと上がっていく。

化粧坂から尾根に戻って北鎌倉へ

尾根に上がるとまた人が少なくなるが、それもほんの一瞬、多くの方々が散策しているのに合流する。

日野俊基墓は見るが、葛原岡神社には寄らずに、尾根を進む。
家族連れやデートの人たちが目立つ。うーむ、デートにしては険しい道かも。

天柱峰にはひょっこりと出る。道の脇の高台にひっそり立っているので、
気にせず通りすぎる人も多いかもしれない。

階段を下ると、程なく車道に出合う。以前、天園の帰りに寄った浄智寺の横を通り過ぎ、
東慶寺の前のロウバイに。期待通り、もう石鹸のような芳しい香りを放って、透き通るように咲いていた。

北鎌倉の裏手から六国見山へ
住宅街の裏手の階段のところはまだ紅葉がきれい。
真っ赤で見入る。
その手前には水仙も数輪咲いている。

山道かと思いきや、また住宅街に飛び出すと、12時台だと
いうのにもう下りてきた忘年山行パーティーと擦れ違う。

さらに奥の畑からまた山道に入っていく。
そこで出会ったオジサンパーティーに「急だよ。大変だよ。」
「いや、まだ若いから大丈夫だからだよ。」と脅かされるが、
あっけない登りだ。最後は独特のシノダケのトンネル。


ベンチが置かれた山頂はぽかぽかだ。
正面に光る海を見ながら絶好のビール・タイム。
短時間しかないながらも、ぼーーーーと海を眺めたい時に
ぴったりの山かもしれない。

明月院に下山開始。
左手に横浜方面が見える地点を通り過ぎると、程なく車道に。
車道は結構急にくねくねと高度を下げる。

アジサイで有名な明月院に立ち寄る。
りっぱな境内だが、この季節、なんとなく寂しい風情だ。

ほんの少し行くと、葉祥明美術館
学生時代、便箋を愛用していたこともあり、チェックしていた。
ソファーに心地よさそうに寝ている猫もなかなか印象的な
こじんまりとした美術館だ。
ただ、入館料600円というのは、少し割高に感じたが。

北鎌倉から亀が谷坂、そして大仏へ
なんとなく来たからには、あそこもここも、という気持ちになり、
せわしく回ったせいで、まだ時間がありそうだ。

北鎌倉駅から建長寺方面に向かって、小さな通りを右手に入ると、
亀が谷坂へ。なかなか急な坂だ。

朝通った道を逆戻りしつつ、鎌倉駅から高徳院の大仏まで足を伸ばすことに。
本当は大仏ハイキングコースで行きたかったが、手前の長谷大谷戸の標識に従うことにした。
車道ながら、リサイクル回収に回っている車同士も擦れ違いに苦心するくらい道幅が狭かった。

ひさしぶりに目にする大仏
子供の時に来たような気がするが、もう遠い昔。
学生時代に学んだ平石貴樹先生が外国人が大仏を訪れる味のある中篇小説を読んで以来、
いつの日か再訪したいと思っていた。

中に入れるという記憶はなんとなくあったが、台座部分のみだった。
でーんと坐っている姿がこれだけの人々を惹きつけるのかな。

ここまで来たからには海を間近でぼーーと眺めたい:稲村が崎へ
江ノ電長谷駅⇒稲村ガ崎駅へ。駅前のコンビニでおやつを買って、稲村ガ崎へ。
うわ〜〜〜あ、富士山が綺麗だ〜〜〜〜!!
こんな所に住んでいる人は幸せだなぁ、と単純に思いながら、
江の島、伊豆の山々と富士山の絶景を見ながら心のなかでTSUNAMIを歌っていた。

さすがに絶景だけに本格的カメラを構えた人々がシャッターチャンスを狙っていた。

夕暮れを待たずに、少し海岸に沿って歩いてみることにした。
車道はすっかり渋滞している。
由比ガ浜付近では、寒さをものともせずマリンスポーツを楽しむ人がいっぱいいた。

海岸沿いの車道歩きにも飽きた頃、長谷駅に出ることが出来た。


資料
・『神奈川県の山』(山と渓谷社),pp. 102-105.
おまけ:新横浜・ラーメン博物館

北アルプスの帰りに出た高山で食べた高山ラーメンを求めて、ラーメン博物館。
出店は期間限定だったために、お土産用のものを購入するしかできなかった。

行列が出来ているすみれはパスして、京都と函館のラーメンをそれぞれ半ラーメンでトライ。
京都は結構こってり風味。うーーーむ、いまいち私の好みとは違った。
函館は塩ラーメン。これも。地ビールがおいしかったが。
やっぱり行列すべきだったかな。