御岳山、大岳山
                              (鳩ノ巣、ロックガーデン、白倉)
1997.12.28(日)

冬ながらシャツ一枚で歩けました。(しかし、運動不足を実感。)

アプローチ 6:32 八王子発(八高線)     6:52 拝島発(青梅線に乗り換え)


歩き

 7:50 鳩ノ巣駅出発 車道歩き
      ストレッチングをそこそこに気持ち焦って歩き出したが、太ももに違和感を覚える
      (大腿四頭筋が張っているなあ)

 8:20 越沢キャンプ場入り口
      土地の人2人がこのあたりまで先行していたが、途中の民家で消え、その後1時間近く全くの一人旅。
     
      途中、幽霊が出そうな廃屋があり、ちょっと心細い

9:08-18 大楢峠
      大岳山がとても近くに見える      
      
      道中、ところどころ高水三山、川苔山、石切場から白煙があがる山?の展望が楽しめる、
      また無線中継塔がある大塚山も見えた

      ずっと山腹を巻くすごくなだらかな道で、登りと下りで時間差がつけられているのが不思議。

10:20   御岳平の分岐(分岐の看板には「鳩ノ巣まで2時間半」と書かれていた)
10:30 随神門まで行き、展望のいい店でとろろそば(850円)を食べる
11:00 随神門からは結構急な階段を登り、御嶽神社

11:15 長尾平

11:30 七代の滝
        思いっきり下る、下る   水量が少ないのかそうきれいという感じではなかった
        七代の滝からは思いっきり鉄階段を登って、登る
      登りきると、天狗岩に出る(ガイドブックで後で登れると知り、(TT)
      沢沿いにまた降りていく
      岩は結構金時山の手まり石みたいのがいくつもあった

12:00 岩石園のあずまや、トイレ
      綾広の滝
        落差10mのこちらの滝のほうが美しい、常緑のアセビが多い
        ここからなだらかに登っていくのだが、意外に苦しい
        標高950mというのが見えるが、足がなかなか前に進まない

12:45 芥場峠
        ここで休んでいた高年ハイカーと山頂まで一緒に歩く
        以前、大岳山荘を13年手伝っていたということだった。
        ここから転落して死亡事故があった、と2箇所指指して解説して頂いたが、
        どちらもなんの変哲もないところだった

13:15 大岳山荘
        小屋は古くなってしまったが、夜景はとにかくきれいだとのこと

大岳神社(縁結びの神)
        二人でお参りし、縁がかなったら、笹を3本備えるとのこと
        どなたかお試しあれ

13:35-45 大岳山頂
        山頂直下はちょっと岩がち (こういうのが多少ないとつまらない)
        午後ということもあり、富士山は見えず。
        御前山や三頭山が大きくみえる。

14:18 白倉分岐(バスダイヤがある)
        もう左足の太ももの痛みをごまかしながら下る
        またしても静かな世界で、一人と擦れ違っただけだった
        冬枯れの浅間嶺は、暖かそうである

15:45 二丁目、車道を交差(バス停まで16分と書かれている)

16:00 白倉バス停
        大岳直下で擦れ違ったカップルとおじさんがもう一人だけ


16:06 五日市行きバス白倉で乗車
16:48 五日市発  拝島乗り換え  17:20 八王子着