鎌倉 衣張山と祇園山

2002.9.18      


秋雨が続き、久しぶりの好天。お昼過ぎまでの用事を済ませてから行ける所として鎌倉を選択。
少し蒸し蒸ししたが、久しぶりに海を間近に見られたv(^_^)v
アプローチ

昔の交易路に対する好奇心から京浜急行の金沢八景駅からのバスに乗る。
(鎌倉駅から浄明寺のほうが本数も多いのだが。)

朝比奈峠まで登りつめると鎌倉霊園を過ぎ、浄明寺バス停で下車。
登山口そばの報国寺で十月桜が

バス停近くの報国寺では十月桜が数輪ほころんでいて、
寄って良かったと思わせてくれた。
(初めて十月桜を見たが、冬桜と同じものなのだろうか?)

14:20。ゆっくりしているのも少し不安で、竹の庭(200円)は今回はパス。

ハイソなハイランドの公園

藪を登るとあったが、公園のような道。そう思っていると、
ご近所の奥様方が和むハイランドの公園に飛び出した。

登山道に入ると、子供8人と大人数名のパーティーと擦れ違い。最後の
男の子が怖がって泣きべそでお母さんに甘えていたが、さらに小さい子を抱えたお母さんにお尻ペンペンされていた。お母さんも男の子も大変だ。

登りきると、コスモスを前景に海が広がっていた。

海がきらきら、サンルームのような衣張山

天園六国見山も海が見えるが、こちらのほうがぐっと由比ガ浜が近くきらきらの海に大満足。

今日は日差しがきつくて汗だくになったが、冬にまた来てぽかぽかの山頂 (121m) でのんびり過ごしたくなった。

山頂の端にはヒガンバナが数輪咲いていた。


 

 

展望コースという表示のほうに進むと、鎌倉霊園、大きな学校、天園の北のゴルフ場などが見えた。

このコースには、石切り場があった。
中に入ると、ひんやりとしているが、真っ暗だ。


下りは杉林なのだが、下生えにシダ類も多く、
ムシムシしているのでなんとなくジャングルっぽい。
標高が低くても、短距離でがーーーと下っていくので、
なめたものではない。

民家からバス停までは狭い車道なので、トラックが来ると少しヒヤッ。

せっかくの鎌倉:寺巡り

金沢街道を渡り、拝観料(山門復古)を払い、
鎌倉最古の寺杉本寺へ。なかなか登りでのある階段だ。

交通量の多い金沢街道から南下して、宝戒寺へ。
シロハギのトンネルは拝観料を払わないでも充分楽しめる。
拝観料を払った境内にはシロマンジュシャゲが一輪。

もう一山:祇園山

コースタイムはわからないまま、高時腹切りやぐらから上がる。

蝉時雨の中、25分ほどで辿りついた祇園山の展望台には展望磐があり、丹沢のシルエットがかすかに見えた。空気が澄んでくると富士山も見えていいだろうなぁ。横須賀線が間近だ。

八雲神社へ下山。山門のところのムラサキシキブがかわいい。
安養院にも寄ったが、16時半まで。10分ほど遅かった。
常栄寺(ぼたもち寺)に向かう人力車と擦れ違い、あとはのんびり鎌倉駅に出た。

衣張山約1時間、祇園山30分未満。超お手頃な気分転換の軽ハイクとなった。


資料
・『神奈川県の山』(山と渓谷社),pp. 108-109

帰りに鎌倉駅前の書店で、『誰も知らない鎌倉路』(集英社文庫)を購入。
                     植物・動物についても詳しく記述されている。