袖平山・黍殻山・焼山 (丹沢)
98.12.5-6

前の週、 南雲さん滝沢さんなどと丹沢主脈縦走をしたが、今度は別メンバーとの黍殻山避難小屋での宴会山行。
主脈からちょっと離れる袖平山は展望もよいお薦めスポット!!


12月5日(土)東野 → 黍殻山避難小屋
しとしとと雨が降る寒い中、20名近いパーティーで向かう。

樹林のなかのコースなので、ところどころ新雪5cmほどあり、今シーズンの初雪踏みを楽しむ。
が、雪質はまだぐしゅぐしゅ状態。願っても、願っても遂に雨は雪に変わることがなかった。

黍殻山避難小屋の大きなストーブはフル稼動。
15時から23時の宴会を楽しむことになる。

12月6日(日)

黍殻避難小屋の立つところは樹林にさえぎられて東の空は上部しか見えない。

展望
が、6時半頃、主脈に上がってみると木の間越しに
しっかりと雪をつけた白峰三山、奥秩父方面が見え、
晩秋の衣をまとった道志付近には雲海がたれこめ、なかなか素敵だった。

その後、8時半頃、避難小屋から1時間ほどの袖平山に向けて出発。
まわりはガスっていて、絶好の展望地の姫次でも展望なし(TT)
袖平山(1431.9m)ではようやく雲が途切れ、
間の岳、農鳥などの南アルプス、雪をしっかりとまとっている国師岳、朝日岳など奥秩父主脈方面が見える。
姫次に戻ってくると、先週泊まった蛭が岳が見える。

登山道に雪は一部残っているものの、むしろ泥との格闘。

荷物をデポした黍殻避難小屋にいったん戻り、黍殻山(1272.8m)へ向かう。
ここも先週ほども展望を得られず。

そして焼山(1059.6m)へ。
13時近かったせいもあって、先週以上に多くの方々で賑わっていた。
マユミが散る寸前の姿が何パーティーかの目にとまっていた。

焼山展望台に上がると、やはり先週ほどの展望は得られないものの、
都心、横浜などの町々が日を浴びてきれいに光っている。
そして先週自分たちが登った丹沢主脈の山々は雪化粧しているのが確認できた。
愛着のある奥多摩は大岳山までは確認できたが、雲取山、石尾根は雲の下。

下山は道志の山々の晩秋の色づきを楽しみにつつ、落ち葉のきれいな絨毯をめでながら、焼山登山口へ。