トップページ

八ヶ岳・西天狗岳〜東天狗岳
2009.8.8     2645.8m 2646.3m
長野県.茅野市・唐沢鉱泉登山口(1880m).西尾根コース〜第一展望台〜第二展望台〜西天狗岳〜東天狗岳〜黒百合平〜唐沢鉱泉





やっと梅雨も開けたので週末に4年振りに八ヶ岳へ行く予定を立てていた
近づくに連れて天候が怪しく成っていているがどうにか保ちそうなので決行♪
金曜日の夕方6時に京都をスタート。
お盆休暇の為の高速道路料金のお陰で京都から長野諏訪湖迄
1050円の料金で行けるなんてメチャメチャラッキー♪
登山口の唐沢鉱泉駐車場に12時前に到着。既に5~6台が止まっている。
空を見上げると雲の流れの隙間から星空が少し見えている
明日の天気を願って車中で仮眠をする





5時前に辺りの車の人達が起きて準備を初める中、数台の車が入って来る。
予報では夕方から雷雨らしいので早く下山しなくてはと思って
私達もボチボチ朝食を摂り準備をして唐沢鉱泉の建物の向かいの
唐沢川の小さな橋を渡り天狗岳への中央経路、西尾根コースくをスタートする。
苔むした樹林帯の中を歩く、



第一展望台(>_<;)

ガスが掛かる西天狗岳
やがて頭上が開け第一展望台に出ると、
北、中、南の日本アルプスが望めるはずだが残念ながらガスと雲の向こうで殆ど見ることが出来なかった!
足下のお花を楽しみながら第二展望台へと向かうここからは西天狗岳の姿を目の前に見てとれる




立ち枯れした木々がアルペンムードを漂わせてくれる登山道をもう一度大きく下って
西天狗岳へのゴロゴロした大きな岩とハイマツの中を3点確保でガシガシと言いたいが
振り返りながらガスの掛かった展望を楽しみながら水分補給をしたりゆっくりと登る。
大きなザックを担いだ男性2人の下山者に山頂迄の時間を尋ねると
20分程と聞かされて未だそんなに〜掛かる〜ぅん・・・!




振り返ると今歩いて来た第一と第二展望台その向こうの諏訪湖が肉眼では見え要るが!!



\(◎o◎)/

西天狗岳山頂・青空〜

気を取り直して歩き出すと、な・な・何と10分も掛からずに西天狗岳山頂に到着。
山頂は広い10人程の方が展望を楽しまれているが目の前の東天狗を見ると
岩峰の山頂には沢山の姿が見える。山頂写真を撮ったり撮ってあげたりして
東天狗岳へと下り向かう。



コマクサ

クジャクチョウ




西天狗岳を背後に東天狗岳へ歩く




東天狗岳山頂

下山

黒百合平への分岐
西天狗から下っている途中に高山植物の女王コマクサに出逢って
これ迄の登りの辛さが一気に吹き飛んでしまう♪
東天狗岳山頂で昼食を摂り先は長いので下山です。




下山中に黒百合平と天狗池が
見えてるはずがガスでダメです

天狗池から黒百合平へのコースをとり大きな岩の登山道を歩き出すと
ポツポツと雨が空には薄い雨雲がその少し向こうには太陽が・・・
こんな感じを何度か繰返しながら磯にでも来てるかの様な岩石で
ペンキでマーカーが付けてあるコースを下山、もの凄く歩き憎い!
が足下にはトウヤクリンドウが岩の間に踏まれて可哀想なくらい沢山咲いる
そんなトウヤクリンドウに癒されて黒百合平に到着。



トウヤクリンドウ

シナノオトギリ







ここからは石だらけの沢筋でカラマツ、シラビソ、コメツガの薄暗い樹林帯の
登山道、頭上では雷さんが唸ってるので急ぎ足で 唐沢鉱泉へ下山です。
温泉はドライバーが眠たく成るのでパス
諏訪湖インターに着く前に雨が降り出して来た
中央道には入り岡谷ジャンクション辺りからもの凄い豪雨が
降り出したのでSAで休憩でもと入ったけど駐車場は満杯仕方ないので
雨の間走ることにして小雨に成ったらSAに入ろうか!?
と話しながら中央道をっ走っていると雨もやみ瑞浪出口!?辺りで
ドカーンと爆音と共に大きな花火が
次々に打ち上げられているラッキー♪
今年お初の大花火を見せて貰って
名神と合流して日付が変わる前に帰宅でした。



***八ヶ岳の花アルバムです ***





曇り・休憩込みの歩行コース<20>
夕方自宅を出て唐沢鉱泉駐車場に12時前に到着車中泊。
翌日6時45分唐沢鉱泉登山口スタート〜西天狗岳〜東天狗岳
下山*天狗池コース〜黒百合平〜唐沢鉱泉4時登山口着



***05・8・13~14・八ヶ岳・赤岳〜横岳〜硫黄岳・の記録です***




トップページ