*人形といる生活〜M氏の幸福〜REBOOT 閲覧にあたってのご注意事項

どの様な経緯でここにたどり着いてしまったのかは存じませんが・・・お断りしておきたいことがございます。

このサイトのコンテンツは等身大人形の写真を中心としておりますが、どちらかと言えば人形写真というよりは、くっっっっっだらないネタの方が主体かも知れません。おまけにそのネタさえオリジナリティが欠如し、どこかで見たような聞いたようなものを組み合わせているだけとも言えます。
ということで、一般的な方が等身大人形サイトに求めるような内容(色気に一般的な萌えにカタログ資料的価値その他諸々)は無い、と断言できます。と言いますか、ここから先はアラフォーどころかミドフォーの、寂しいオッサンが等身大人形写真を利用して”ダジャレと自虐と呪い”を蔓延させている、まさに悪によって歪められた異次元空間とでも言うべきでしょう。

ということで、このサイトをご覧になって思想・信条・つもりの違いによって心理的身体的にかかわらず被害を被った、実に嫌な気分になった、いわば人生の貴重な時間を無駄にした、キガツクトバイドニナッテイタ等々の事象が発生致しましても当方は一切責任を負いませんので、ご覧になる場合は十分ご注意下さい。

また、このサイトは寂しいミドフォー男がネットという公共空間にネタを掲示して自己満足を覚えるためだけに作られたサイトですので、一般的なブログのように時限式で広告が出ることが無いのをいいことに、定期的継続的な更新は保証致しかねます。要は掲載しただけで概ね満足してしまう人間であり、それ以上は望むものではない、さらにネタを思いついてそれを表現するに足る(と自己満足した)画像を撮影できたときくらいしか更新しないということです。

まぁ、ぶっちゃけた話特にたいした内容もないのでお許し下さい、ということです。はい。そうそう、おまけにサイト構成そのものにもセンスは皆無、見やすさへの配慮も無し。フレームやらスクリプトやら凝ったこともまるでできませんので、そういった良さもご期待なさらないよう。何でそんな基本的な工夫もしねぇんだよ!というお怒りも一切関知致しません。
ということで以上をよ〜くよく踏まえた上で見てやろうというお方がいらっしゃいましたら、下記リンクからどうぞ。

あ、そうそう、月並みではありますが、本サイトは概ねフィクションであり、実在・非実在にかかわらず人物、人形、兵器、用語、作品、書籍、企業名、その他諸々一切合切とはあんまり関係はないはずです。多分。


サイト:人形といる生活〜M氏の幸福〜REBOOT を見てみる


当サイトは、ジオシティーズのサービス終了に伴い、移転いたします。移転先は、

http://mottzhero.sakura.ne.jp/index.html


です。2019年3月31日までは両方で同じ更新を行いますが、2019年4月1日からは移転先のみでの運営になりますのでご了承ください。