ドアの閉まり具合調整(ドアロック交換)

 

どうも最近、ドアを外から閉める時に半ドアになり易い。それにガチャン!と音も金属的で悪い。
ふと、思いついて助手席側を開け閉めしてみると、パスンパスンと良い音で綺麗に閉まる。やはり使用頻度の高い運転席側は、何かが磨り減ってるか、ずれてるのだろうと、調整に挑戦。

まず、ドア側のロック機構部分。これ皿ネジで固定されてて位置調整できません。ボディ側の受け。これも皿ネジでほとんどいじり様が無いです。ボディ側にゴム、ドア側受けのあるドアの閉まりを和らげているだろうゴムの位置を調整…特に変化ありません。

そこで、しげしげとドアを眺めていると発見・・・・。

助手席側のドアロック
ボディ側の受けに当たる部分がゴムで覆われてます。

運転席側のドアロック
ゴムが剥がれて無くなってます。

ドアを閉めると金属的な音がするのはこれが原因でしょう。


直してみる

とりあえずばらして取り出します。


ドア内装の外し方は→ドア・キーホールの修理 (雨蓋が閉まらなくなった)
を見て下さい。

外したドアロック。埃と固まったグリスでかなり汚いです。

ドアロックを外すと当然ドアは閉まったままにはならないわけで…。とりあえずこのように(^ ^;

ドアロックそのものは、カシメられていて非分解構造です。これは裏から見た所。見える範囲で清掃してグリスアップします。

磨耗して無くなってしまっている部分のゴムを、接着力としては最強だろうエポキシ系の接着剤で、薄いゴムシートから切り出したゴムを「J」字形に貼ってます。


補修結果

2〜3度、ドアを開け閉めしてみると、音はバスンと良い感じです。ただし、助手席側に比べて半ドアになり易いのは改善せず。これは非分解部分のバネ等が弱ってるのでしょう。

音は良くなったので、まずよいかと思ったのですが…、翌日見ると貼ったゴム剥がれてました(x_x)
さすがに強い力が加わるので、貼り付けではだめみたいです。純正のものは貼り付けではなく、横まで回り込んだ一体のゴム部品になってます。

 


交換する

バネも弱ってるだろうし、部品が手に入るうちに換えてしまえと、新品発注。


新品部品

Parts No. 部品名称 価格
NA0158310B ロック(R)、ドアー ¥7,308.-

※ 2011年11月の価格。部品は車両製造時期で適合品が変わります。PartsNo.は参考程度に。

 

交換後の開け閉めの感じは以下の動画で。

交換後の開け閉め

パン!と閉まって、パコンと開く、助手席に遜色のない開け閉め感になりました。半ドアにもなりにくいです。乗る度に触る部分なので、とても気持ちいいですよ。
開け閉め感に不満があれば、とりあえず助手席側と比べてみるのをお勧めします。

 

HOME

05May'13