車内冷え冷え計画第1段 フロアトンネルにアルミ断熱シートを貼る

 

夏が来れ〜ば思い出す♪ フロアトンネルが熱い!と言うわけでなんとかならないかやってみました。

熱いのは、エンジンルームからの熱い空気がバルクヘッドやフロアトンネルの鉄板に伝熱してるのか、クラッチやミッションの熱が輻射してるのか、両方かどっちかです。まず、輻射熱を疑って、フロアトンネル底面にアルミ断熱シートを貼ってみることにしました。

 


どれ貼る?

どこでも売ってるのですが、色々調べて見ると熱的な耐性能を書いてるのはデイトナ製の耐熱グラスウール18232だけでした。まぁ、ここまでの耐熱性は必要ないのですが、ちゃんと情報を公開してるのは好感。

表面アルミ部 200℃
グラスウール 350℃
裏面接着剤 120℃

 

ビリオンのスーパーサーモヒートシールドが、厚み5mmで空気層が厚いので一番効きそうだったのですが、カーボン繊維を使ってるためか、あまりにお高いので、お試しにはちょいキツイため見送り。デイトナのものは厚み1.4mmです。

デイトナのものを3枚購入。300mm×400mmで1枚はこんなサイズ。


貼る

フロアトンネル前端から貼ってミッション中央部分くらいまで貼れました。上、右、左と3方貼ってます。


グルっと囲うように貼りました。

運転席側は、下側まで貼ってますが、助手席側はエキマニが直近を通っているので大丈夫かなとは思いましたが、念のためちょっと控えてます。端面から救出しないように、シーリング剤でシールしています。


表面だけ固まって、中は固まらないシーリング剤ポリコーク


運転席側(シール後)


助手席側(シール前)


結果は?

30℃くらいの晴天の日に、貼る前に市街地を走行し、貼った後同じような天候と気温の日に、同じルートを走行して比べています。エアコンはONで風量2段目です。温度計をステアリングのセンターと、運転席側のフロアトンネル側面に貼って計測しました。

室温はステアリング部分で

フロアトンネルと近辺の温度はココで

貼る前

ステアリング部分24℃
この温度に関してはどこまで冷える結果を参照

フロアトンネル近辺で34℃

温度差:10℃

貼った後

ステアリング部分26℃
この温度に関してはどこまで冷える結果を参照

フロアトンネル近辺で36℃

温度差:10℃

ああ、まるで効果なし(T_T)

つまりー、輻射熱はあんまり関係ないってことですね、トホホ。

 

てなわけで、次は内装の断熱に臨みます。実はすでに施工済みで計測日待ち。施工と結果は後日。失敗しても泣かない(;_;)

 

14AUg'13,05July'13