2005 3/12 (曇り一時雨) 17:05〜19:05頃
声優Waveプラチナイベント
ところ 板橋区立文化会館 小ホール

    やや早めに現地の板橋区立文化会館iに着きました。そりゃ、イベント楽しみにしていましたから。
   空は時々ぽつぽつ雨が降ってきたりやんだりしていました。
   知り合いの方々とお話しをしながら開場待ち。開場後、列が無くなったのをみて入場しました。
   会場は300人くらいが入るところで、最初は前の方でも空きがあったので変な心配もしましたが、
   時間が近づくと続々と人が入ってきてほぼ席が埋まってしまいました。

    開演予定時刻を5分ほど過ぎて、声優Waveの鈴木さんが登場。前説兼司会ということだそうです。
   前説はいたってシンプル(かなり短め)、すぐにスタートとなり、もっち〜&なっちゃんを呼び込みました。
   そして、もっち〜&なっちゃんがステージに登場。

   うわー、久々の生もっち〜。
    あんまり前と変わっていない感じで、ちょっとふっくらしていた気もしましたが、でもこれぐらいがちょうど良くて、で、
    やっぱりカワイイですわ〜♪♪♪
    もっち〜の服装は黒の長袖、ベージュのミニスカート、ブーツ。
    なっちゃんはピンクのパーカー、白のミニスカート、黒のブーツで帽子を被っていました。

    最初にイベントの意気込みを聞かれて、なっちゃんは
   協賛が無い二人のイベントは初めてなので、思いっきり毒を吐けると言ってました(^^;)
   鈴木さんの話しによると、二人が会った途端、楽屋は賑やかになりうるさかったようです(^^;;;)

    最初のコーナーはキーワードトーク。スタッフが作ったキーワードに対しお二人がフリートークをするもの。
   鈴木さんも退場し、二人っきりで進めました。
   最初にひいたのはもっち〜、ひいたものを見て笑うもっち〜。キーワードは「ホワイトデー」。
   以前ラジオでもおっしゃっててましたが、今までファン以外からお返し(プレゼント)をもらった事が無いそうで
    な「もっちーはかわいそうな子なので」
    も「(プレゼントが)重たかったのかなぁ。じゃぁなっちゃんは?」
    な「私も無いな。」
    な「そんな今良い思いをしているのだったら、(ホワイトデー直前の休日に)ここには居ない。」
    な「ファンと一緒に居るのが楽しい。
   いきなりファンに毒吐きですか(^^;)>なっちゃん。
   続いてのキーワードはなっちゃんがひいた「お互いのホメ殺し」。
    も「考え無しに毒を吐く」
    も「何にも考えていないのがスゴイ」
    な「全てがスゴイ。」
    な「声優なのに日本語ヘタね。」
   楽屋でお二人が話していたのをお互いのマネージャーも聞いていたようですが、
   もっち〜の話し方に失笑していたようで。
    な「ラジオでもよく噛んでいたけど、普段の会話でも噛んでいる」
   キーワード「忘れられない一言」
    も「ある?」
    な「私らは忘れているから無い。」
    な「身の無い話しばかりしているから」
   ということですぐに切られ、続いて「懺悔、今まで内緒にしていたこと」でも、
    な「聞きたくない事も聞いているから、これも無いね。」
   とすぐに終了。
   次のキーワードは「お互いの意外な一面」。
    も「こう見えても料理は上手です」
    な「もっち〜が相手だから良いように見える。レシピ見てれば普通なら出来るから」
    な「こう見えても強い」
    な「家族にも容赦ないし、以前会った中学生の同級生(男)にも強く当たるし」
   キーワード「それぞれ自慢しよう、私の方が○○だ」
    も「私の方が……小っちゃい。」
    な「もっち〜は大人だから。心が広いし」
    な「だから私は心が狭い。」
   二人とも自分の自慢では無い(^^;)。
   キーワード「初対面の印象は?」
    も「お人形さんかと思った。」
    な「小学生かと思った。最初同じ年だと聞いて「嘘だー!!」と思った。」
   キーワード「お互いを紹介、良い所と悪い所」
    な「今まで言ってきたから」
   という具合に、ほとんどすぐにトークが終了してしまうのもあり、全部のキーワードを使い切って
   コーナー終了しました。

    次のコーナーは「二人でヴァーチャルラジオ」
   二人の架空のラジオ番組のコーナーという説明をして、ステージから出て行こうとする鈴木さんに
    な「鈴木さん、あんまり仕事していないですよね」
    鈴「私はボランティアみたいなものですから」
    な「じゃあ、さようなら〜」
   なっちゃんは鈴木さんの扱いが上手いようです(^^;)。
   タイトルは「声優Waveラジオ」。
   タイトルも内容もほとんど以前やっていた某番組のパクリです(^^;)。
   事前にアンケートで普通のお便りと質問ネタをアンケートで集めていてそれを元に二人トーク。
   「晴れ女、雨女について」
    な「私は晴れ女、でももっち〜は強い雨女」
    な「Pritsの奈々ちゃんは凄い晴れ女だけど、もっちーはスゴイって言っていたもん」
    な「だから今日はこんな天気」
   「おもしろい出来事」
    な「会うのは久しぶりだけど、電話は定期的にしていて2時間くらい話す」
    昨日も電話をしたそうで、話した内容は今日のイベント衣装についてだったようですけど
    も「普段着でいいじゃない」
    と言っていたようです。
    な「今日タクシーでスタッフが迎えに着たけど『荷物これだけですか』と驚かれたもん」
    も「だって服無かったし」
   「二人で新しいユニットを組まないのですか?」
    な「二人でやりたいといっても利権が絡んでやらしてくれない」
    な「でも今日のイベントは前からやりたいと思っていたけど意外にあっさり出来た」
   「春は出会いと別れの季節i、泣いた事は?」
    も「無いのだよねー」
    な「私はあるのよ」
    な「芝居の為に(心の中で)身内を殺すし」
    も「何で泣けないのだろう」
    な「もっちーには涙が無いのだよ」
   「お二人にとっての疲れたときの癒しは?」
    も「ノラ猫を預かっているのだけど、本当にいい子でロロが要らないくらい」
   ロロはトイレできないそうなのですけど、それは飼い主の…(略)。
    な「私は無いなぁ。(会場から「買い物はー」の声に)買い物はしすぎて疲れる」
    な「確定申告で戻ってくるのを待っている」
    な「そんなにいい子ならロロとノラ猫を交換すれば?」
   「お二人のイベントがあると聞いて居ても立っても居られなくて来ました」
   会場からは関西方面や秋田から来られた方もいらっしゃいまして
    な「私もGacktのファンって言っているけど、行かないから」
    な「イベントをわざわざ来られる方はすごい。けなしているわけではなくて」
   ここでBGMが流れてきて架空のラジオ番組は終了。
   元の番組同様、なっちゃんが答えてもっち〜が相づちを打つ感じでした。

   続いてのコーナーは「対決。良い女になるぞ」。
    な「もっちーはいつも良い女になりたいと言っている」
    も「お嫁さんにしたい声優No1を目指しているから」
    な「私はもっちーのことをよく知っているけどお嫁さんにはしたくない」
   一つ目の対決はセリフ対決。
   スタッフが考えたセリフを良い女風に話すコーナーだったのですけど、あまりの内容に
    な「羨ましいよね、この脳みそ」
   判定はドロー。というか勝負とかになっていない気がする。
   二つ目の対決は「絵が似合う」対決と言って、絵を描くコーナー。
    も「絵を描くほうなの?」
   一個目の題材はお互いの似顔絵。
   もっち〜「なめんなよ」ななっちゃんが描いた似顔絵と
   なっちゃん「見た目そのまま、目と耳が変」なもっち〜が描いた似顔絵。
   二個目の題材は幸せを絵に描くとしたら。
    も「赤が幸せな色の気がする」
   長い事考えて、赤のペンを取り出してもっち〜が描いたものは
   ぐるぐる巻きに放射線状に棒を何本か描いただけの太陽。
   もっち〜らしいといえばもっち〜らしい絵
   そして、なっちゃんは金まみれな自分自身の絵。
   なっちゃんらしいといえばなっちゃんらしい絵。

    対決コーナーは一時お休みになって、「朗読コーナー」。
   マイクは用意されるけど、すぐにダミーだとばらすもっち〜。
    な「真面目にやった方がいいのだよね」
   最初いただいた朗読が二人喋りのためどうしたらいいのかわからなくなった鈴木さんに
    な「鈴木さん、しっかりしてよ」
   今度なっちゃんが声優Waveでイベントすることになったら、
   確実に鈴木さんはなっちゃんの下僕として働かされるのだろうなぁ(^^;)
   もっち〜がひいたのは「ブラックジョーク」「相対性理論」「江戸っ子噺」
   なっちゃんは「三行ラブレター」「結婚式の挨拶」「心に響くラブレター」と
   見事にくっきり分かれてしまいました。
   やさぐれたなっちゃんは最後の「心に響くラブレター」をもっち〜に読ませようとしていて、
   恥ずかしそうに朗読していたもっち〜が面白かったです。

    朗読のコーナーが終わって、再び対決コーナー。
   三つ目の対決はもっち〜の声優Waveイベントでは必ずやる料理の対決。
   今回は「ケーキのデコレーション」
   スポンジケーキに生クリームとトッピングをつけるといったもの。
   なっちゃんは数年ぶりのケーキ作りだそうで
   最初生クリームをへらで薄く延ばしかなり慎重にトッピングをしていました。
   なんでもこういう事は細かくなってしまうようです。
   対してもっち〜は大雑把。へらを使わずいきなり生クリームでトッピング。
   横側にはクリームをポツポツつけるだけで塗ろうなんて考えていない。
   トッピングの封を全部開けていきなりドバッとふりかける。
   など、今まで通りな料理(?)です。途中もっち〜の料理(?)風景を見たなっちゃんは、
    な「真面目にやっている私が何だか…」
   とか、最後自分が終わったので片付けている時に、
   横でなっちゃんがクリームを薄く延ばしていたへらを見つけたもっち〜は
    も「これ、何使うの?」
   とか、異様な料理(?)が終了。
   見た目も綺麗でしっかり作られているなっちゃんのケーキと
   見た目は可愛く見えるけど、デコレーションがもうぐちゃぐちゃなもっち〜のケーキ。
   正に両極端なケーキです。
   抽選で各2人ずつ選ばれ、試食しましたが、もともと食べられるものだったので
   普通に甘かったようです。
   対決は…やってましたっけ?

   最後に今日の感想と情報とお知らせ・
    な「もっち〜の独創的なケーキ作りに…うん」
    な「噂はかれこれ聞いていましたが…」
    な「もっち〜の彼氏にはなりたくない」
    も「楽しかったです。」
    も「二人のイベントは無かったから、また機会があったらやりたい」
   なっちゃんは「ネギま!」と「ゲットバッカーズ」の告知、もっち〜は
    も「諸々頑張っていこうと思っているので」
   と告知無し。…OVAとかゲームとか一応あるのに…(^^;;;)

   一旦お二人が舞台からひいて、アンコール。
   再びお二人が出てきてフリートーク。
   歌は無かったです。大人の事情のようでして(^^;)
   ちょこっと喋ってイベント終了となりました。

   …本当になっちゃんともっち〜は凄く素晴らしいコンビだと感じました。
   良い感じで両極端で、でも息がピッタリなのですよねー。
   また再度お二人での声優Waveイベントが行われる事を切に願って、
   さらにお二人の番組もやってくれる事も願っています。
   1年弱もっち〜のイベントはありませんでした。
   でももっち〜は変わっていませんでした。
   今度は近いうちにイベントでお会いしたいです。

イベントに戻る