●守山・小幡地区の古墳
※遺跡位置は「守山区遺跡分布図」の頁に有ります。

●守山白山古墳
守山台地の最西端。後の時代に造られた守山城址東180m程。主軸をやや西に振った南北に持ち、後円部に守山白山神社の社殿がある全長約98m、後円部の径約50m、高さ約6.5m、前方部の長さ約45m、高さ約2.5m、先端部幅約35m、くびれ部幅約28m(標高25mライン)。左右のくびれ部に造り出しの痕跡が認められる前方部の低い、古墳時代前期(4世紀半ば〜4世紀後半)の築造と考えられる大型前方後円墳。
周濠はなく埋葬施設など不明、墳丘斜面にて川原石の葺き石、若干の埴輪片など採取。近年拝殿改築のため部分的にトレンチ(試掘溝)による発掘が行われ、それによれば墳体全体に後世手が加えられ形状的に曖昧な所もあり、出土物としては中世陶磁器片などを発掘したに留まった。
同古墳は区内上志段味白鳥塚古墳(115m)同様4世紀後半古墳時代前期の築造と思われるが、その後の改変を考えれば区内最古最大の可能性もある。
当時は南に矢田川、北に庄内川を望む台地先端、眼下に平野部を見下ろす絶好の地にありこの地を治めた首長の墓にふさわしいもの。また以前は周辺に円墳らしき高まり、周濠を持つ塚など有ったと言われているが現存しない。
また同古墳より東へ650m程にある
廿軒家神明社遺物包含地(廿軒家神明社一帯)では鉄斧、鉄鉾、鉄鏃が出土。戦前には境内西にマウント状の高まりがあり(現在は均されている)、これらの出土物は古墳の副葬品と考えられ、5世紀前半から中頃築造の古墳があったと思われるが既に破壊され確認する事はできない。(遺物散布地の可能性も捨てられない。)

写真左
赤丸−守山城址 青丸−現 宝勝寺 黄丸−守山白山古墳
左下−矢田川
昭和21(1946)年米軍により撮影された航空写真より

写真下左 西側、後円部より前方部を見る。 
写真下中 東側、後円部より前方部を見る
写真下右 社殿裏後円部、かなりの盛り上がりを見る。

●守山瓢箪山古墳
守山白山古墳東方約1km、瀬戸街道(県道名古屋−瀬戸線)瓢箪山交差点より北へ300m、守山台地の縁に沿い主軸を北西に持ち全長63m、前方部幅58m、後円部径36m、後円部高さ5m、前方部の高さはそれより80cm程高い二段築成の前方後円墳。
内部構造は不明ながら墳丘部から川原石の葺き石、比較的大型の円筒埴輪、朝顔形埴輪、水鳥形埴輪が出土。円筒埴輪は尾張型と呼ばれ轆轤(ろくろ)を使用した刷毛目のある須恵器質の三突帯四段型
近年まで幅12m程の周濠が有ったが現在は埋められ一部公園となっている。地域色の強い遺物の出土から当地の首長的被葬者が考えられる。後円部より前方部が大きい事から6世紀半ばの築造と思われる。保存状態は良好、昭和60(1985)年名古屋市史跡に指定された。当古墳後円部後方にかつては円墳が有ったが滅失。また本古墳のある小幡原にはかつてかなりの数(一説には100基以上)の古墳があったと言われるが、1874年(明治7)小幡ヶ原一帯に陸軍演習場が開かれ、古墳は撤去または標的とされそのほとんどが滅失した。

写真上左 西側周濠の痕跡部分 
写真上中 南より前方部を見る。
写真上右 北より後方部を見る。

●小幡南島(白山)古墳
瓢箪山古墳より東へ600m程、瀬戸街道小幡宮前交差点北、守山白山古墳同様墳頂に社殿(小幡白山神社)のある円墳。
径33m、高さ5m、昭和5〜10年頃本殿建築のため墳丘北側に方形の盛り土をしたため一見前方後円墳風に見える。昭和35(1960)年墳丘西側で行われたプール工事のおり幅20m程の周濠と思われる遺構と埴輪片、須恵器片が出土。瓢箪山古墳と同時代と考えられている。

写真上左 南より墳丘に祀られる小幡白山神社を見る。 
写真上中 西側の墳丘を見る。
写真上右 北側の墳丘の高まり。

●池下古墳
長塚古墳東方460m、小幡丘陵の浸食谷の先の平地に築かれた全長40m、前方部幅20m、後円部径25m、高さ3m、主軸を南西にした3段築造、最大幅10mを超える周濠と陸橋部を持った5世紀末〜6世紀初めの前方後円墳。
昭和8年頃の耕地整理で既に後円部の大半が失われていたが平成元年環状2号線(東名阪自動車道)開通に先立ち全面発掘、調査後消失。尾張地方では最古の部類に属し、横穴式石室内には排水溝が認められ墳丘上段、2段目テラスに並べられた円筒・朝顔型・壺型・蓋形埴輪、赤色着色痕のある土器・高坏、鉄鏃、叉状鉄製品など多くの出土物があった。また同古墳すぐ南、径20m程の円墳、池下南古墳も自動車道開通により滅失した。

写真左 
名鉄瀬戸線喜多山駅北東、環状2号線(東名阪自動車道)開通により
同古墳と隣接した円墳は滅失した。
※中央遠くに見える緑の小山は茶臼山古墳、道路を挟み南西250m程に長塚古墳がある。
写真右 在りし日の池下古墳 愛知県史跡名勝調査巻三より 

発掘調査に寄れば築造法は、本体工事に先立ち周濠、外形など示す縄張りを地表に描き、湿地帯であったこの辺りに自生した水生植物等が堆積した粘りに強く崩れにくい暗紫褐色のケト土を基盤とし、その上に粘土の混じった黄色土や黒土を幾層にも積み重ね最後に葺き石ではなく黄褐色の山土を化粧土として表面を覆っていた。
研究者に寄れば池下古墳の墳丘全体の体積を1412立方メートルとした場合、2人1組で運べる土の量を0.8立方メートルと仮定して10人5組で運ぶと運搬だけで35日要すると言う。
他に周濠を造り盛り土をし搬入された土を積み上げ成形、また盛り土や石室に使われる石の準備と搬入、埴輪等(240個と想定されている)の焼成と膨大な人と時間を要する。小型前方後円墳の同古墳に於いても築造には多大に時間と労力が必要とされ、やはり権力者としての力量が問われる工事であったろう。
※池下古墳想像図(イラスト:筆者)

●小幡長塚古墳
龍泉寺街道小幡ヶ原交差点東へ700m、小幡丘陵が平坦な標高30m程の小幡台地になる辺り、全長約81m、後円部径38m、高さ7.5m、前方部幅42m、東側くびれ部に造り出しが認められる。
現在周濠部は一部窪地があるものの埋め立てられ昭和11年の記録によればかなり大規模な盾形二重の堀が有った。内部構造は不明ですが円筒埴輪、水鳥形・馬形・家形・人物形など多くの形象埴輪が出土し守山・小幡地域の首長的被葬者が考えられる。5世紀中頃または6世紀前半の築造、畿内大型前方後円墳の形状をよく踏襲した古墳。地元では昔この古墳辺りを「七つ塚」と呼び、周辺には多くの円墳が有ったようだが現在それらは存在しない。また墳丘の各所にある溝状窪地はこの地が戦時下軍の小幡ヶ原演習場と使用された当時に掘られた塹壕の跡。


写真上左 東南より後円部を見る。 
写真上中 北西より前方部を見る。
写真上右 南西側より墳丘を見る、かつての周濠の跡
写真下左 かつて周濠が水を湛えていた頃 愛知県史跡名勝調査巻三より
写真下中 1921年(大正10)頃の航空写真
写真下右 墳丘に残る塹壕跡

●小幡茶臼山古墳
長塚古墳の北東250m、標高50m程の小幡丘陵の尾根の先端を整形し築造された全長63(60)m、後円部径40m、造り出し部が有る幅6m程の周濠を持つ2段築造の前方後円墳。
後円部西側から前方部は大きく道路、民家で削られ下記写真のように西側の崖面では突き固めた土の層が見学できる。地元では大正時代の盗掘時「金ピカ」物が搬出されたと言われている。平成元年の発掘では石室閉塞施設、組合せ式石棺など大阪北部淀川水系右岸の横穴式石室構造と類似しその関連が伺うことが出来ると研究者は言う。
出土物には土師器、須恵器、耳鐶、ガラス小玉、馬具・挂甲小札など鉄製品が出土され、また石室羨道部には丁寧な補修痕があり石泥棒などの盗掘により多くの石材が抜き取られていた。また地山面の焼土層から鉄滓らしき物、破損したフイゴ土製羽口片が出土し何らかの鍛冶行為がここで行われた事を示すが、同時代の物かは解らない。
同古墳は従来池下古墳、長塚古墳を眼下に見下ろす同地の首長的立場の物と考えられていたが、出土物等から6世紀後半のものと考えられ、築造順は池下古墳・長塚古墳・茶臼山古墳の順であると思われ、この地方では最後期の大型前方後円墳と言う。

写真上左 西側、道路に切り取られ墳体は突固められた土層が見える。
写真上中 後円部の頂き。
写真上右 東側、南に続き北にも住宅が建ち墳体はますます小さくなってしまった。

写真 在りし日の茶臼山古墳 愛知県史跡名勝調査巻三より





赤丸−長塚古墳
青丸−茶臼山古墳
黄丸−池下古墳(現在は東名阪自動車道のため滅失)
昭和21(1946)年米軍により撮影された航空写真より




●その他の古墳
町北古墳−守山白山古墳より東方へ800m余り、守山台地上、医療法人いつき会「守山いつき病院」(旧守山市民病院)構内にかつてあり堀を巡らした大規模な円墳。埴輪などが散在していたと言う。周辺には他に2基の円墳があったと言われているがいずれも未調査にて滅失。
小幡古墳(小幡小林古墳)−長塚古墳南西400m程の径約16mの円墳、調査時すでに封土は無く南西に開口した横穴石室より2個の石棺、須恵器、白色顔料の残る杯、鉄刀、鉄鏃などが出土したと言う。周辺には他に多くの小円墳が有ったらしいが同古墳も含め全て滅失。



  写真左 石棺
  写真左 石棺組み合わせ状態 
愛知県史跡名勝調査巻一より


二子塚1号・2号古墳−矢田川左岸、本地が原丘陵に有る2基の円墳。1号墳は封土はなく南南東に開口した横穴石室を持ち、西隣の2号墳は径5m、高さ1m程の盛り土があり、内部構造は1号墳に類似。同所には他に数個の円墳が存在していたと言われているが、1・2号墳も含め全て滅失。
先生塚古墳−大森地区にかつてあった径5m、高さ3m、二子塚古墳とほぼ同規格の古墳、周濠の跡があり須恵器、埴輪片が出土した。
六ケ塚古墳−大森地区にあった主軸を南北に持つ横穴石室かそれが改変された竪穴石室の石組み基底部があり、鉄製品、須恵器、勾玉の出土を見たが現在は滅失。周辺には六ケ塚の名の通り多くの円墳が有ったことが想像される。
八竜古墳−大森八竜神社社殿建立時1mほどの円形の土盛りを発掘、数点の須恵器が出土したものの詳細は不明。


矢田川水系上流部瀬戸市巡間町、大目(おおま)神社境内に古墳時代後期、径10m余の円墳大目神社古墳が有り、その正面赤津川東岸沿い標高170m前後の段丘面に南北1km、東西300mの帯状に瀬戸市初の弥生時代の遺構を始め、後期旧石器時代より16世紀に及ぶ大型複合遺跡惣作・鐘場(そうさく・かねば)遺跡(瀬戸市惣作町・鐘場町地内)が有る。
同所一帯は他にも古窯を含む多くの遺跡が有り古くよりこの山裾の微高地で生活が営われたと思われ、度々の発掘で各時代の住居跡始め多くの遺物が発掘され、その竪穴式住居跡の炉跡を見てみますと縄文時代では建物の中心に近い位置に有ったのに対し、古墳時代後期では炉跡が無くなり下図(赤丸内)の様にやや土盛りした上に竃を設け、そしてその一部は壁よりはみ出し家を取巻く周濠もその部分が切れていると言った様に変化している。これは時代と共に建物が大型化し、家族構成等生活スタイルの変化など多くの要因が考えられる。

写真左 発掘された古墳時代後期の竪穴式住居跡(写真奥がカマド跡)
写真右 平成20(2008)年の発掘では南・北両地区合わせて40棟以上の住居跡が発掘され、
    同平面隅丸方形竪穴式住居跡は6.8×6.5m(44.2m2約13.4坪)のやや大型の住居跡、
    そして竃の位置はほぼ全てが北方向に設けられておる。
    


●金屋遺跡(金屋1地内)
台地上に築かれた古墳を含む遺跡群に対し、庄内川・矢田川に挟まれた低地に形成された沖積地(氾濫原)に広がる古代から中世の集落跡で区内では初の特筆すべき遺跡。
早い時期から開発が進み現況は守山西中学校南の住宅地となっているが、平成22(2010)年夏、住宅建設に伴う小規模な発掘が行われた。
出土物として須恵器、中世陶器片、近世陶器片等数多く採集され、土鈴の出土は遺跡の性格を考える上で興味深いと研究者は言う。同遺跡地質資料の火山灰分析によれば縄文時代晩期の火山灰が検出され一帯近隣の牛牧遺跡、西城遺跡等当時の人々との関連など考える上で貴重な遺跡であり、その後東南1.6km程、守山丘陵に有ったと思われる小幡廃寺へと続く人々の営みも考えらる。


写真 すっかり宅地となった金屋地区(守山西中グランド南)