ピアサポートセンター 特別企画

 

当事者は語るシリーズ

 

第1回

 

心の病について考える

 

リストカット経験者

 

ピア・カウンセラー

 

Misakiさん

 

(Misakiさん紹介)

 Misakiさんは、児童期から何回もリストカットをくり返していました。

そして、このピア・サポートセンター設立のきっかけをつくったお一人です。

現在は岡山県内で、ピア・カウンセラーとして活躍されています。

 なによりも、ご主人やお子さまと一日一日を大切に過ごされています。

 今回は、ご家族のご協力とご理解のもと、総力をあげての取材です。

ぜひ、当事者のナマの声を聞いてください。(2010.8.5Up)

 

動画は順次Upします。

↓クリックすると、Youtubeで画像が見られます。もちろん無料です。

                   PSC企画 当事者は語る(第1回)

           PSC企画 当事者は語る(第2回)

                    PSC企画 当事者は語る(第3回)

 

(C)ピア・サポートセンター2003

(この方は肩を切っています。)

 

 Misakiさん以外にも多くのリストカット経験者がPSC関係者にいます。  

この方は肩をカッターナイフで切って画像を送付してこられました。

 現在はリストカットもやめ、結婚され医療施設で働かれています。

写真はモザイク処理をしています。

PSCは、ともかく解決困難でも「いっしょに」考えていくことが特徴の1つです。

 クライエントの社会への反発や無力感を受容しつつラポールを築き

本来の社会資源を利用する方向で危機的場面の回避をしています。

 PSCに電話やメールをくださる人は心身ともに疲労こんぱい状態の人が多いのが

現状です。

 

この根底には、医療・福祉機関の制度面などの問題があります。職員の怠慢や

故意に対応しない事例もしばしば聞いています。

 PSCは通過点であり、本来の福祉サービスや社会活動、社会経済活動

の利用に再編入してもらうことが目的です。

                                        (森定薫)

 

※PSCが使用する、資料、エッセイ、写真、動画等は当事者のみならず、

ご家族、関係者の許可を得て、プライバシーに対して細心の注意をして

十分なリスクの説明と同意を得て公開しています。(ピア・サポートセンター)

 

PSCのホーム