ピア・サポートセンター 月例報告

 

2009年度

1月度

1.ホームページ 訪問者 のべ   956件(アクセス解析から引用)

2.相談者数         のべ 約250名程度

3.ピアカウンセリング研修 1回

→東海市市民大学 平成嚶鳴館で講義を継続中。

→年末年始の24時間支援体制をPSC木口センター長と実施。

課題:緊急時の公的対応が虐待等の場合は公的窓口があるが、いわいるマイルドな

   精神疾患等ではない。24時間対応型の相談窓口の全国調査を予定する。 

 

 

2008年度

12月度

1.ホームページ 訪問者 のべ 1083件(アクセス解析から引用)

2.相談者数         のべ 約250名程度

3.ピアカウンセリング研修 1回

→東海市市民大学 平成嚶鳴館で講義を継続中。

→雑誌『健康』にPSC掲載

→年末年始の24時間支援体制をPSC木口センター長と実施。

 

 

11月度

1.ホームページ 訪問者 のべ 838件(アクセス解析から引用)

2.相談者数         のべ 約250名程度

3.ピアカウンセリング研修 1回

→東海市市民大学 平成嚶鳴館で講義を開始する。

→アグレプランニングに校正紙を提出。

→愛知県知多児童・障害者相談センターと公務で会う。

 「今後も県民(児童)の利益を最大限考えた対応をすること」の再確認をする。

→年末年始の支援体制をPSC木口センター長と協議中。

 

10月度

1.ホームページ 訪問者 のべ 916件(アクセス解析から引用)

2.相談者数         のべ 約250名程度

3.ピアカウンセリング研修 1回

→今月から東海市市民大学 平成嚶鳴館で講義を開始する。

講師は、PSCから派遣という形をとっている。

 

 

9月度

1.ホームページ 訪問者 のべ 945件(アクセス解析から引用)

2.相談者数         のべ 約250名程度

3.ピアカウンセリング研修 1回

(1)転移時の対応について

(2)PSCおかやまの運営について

→木口雅文が責任をもつ。

→ネットを利用して交流ができないか(Akuma君)

→運営資金不足は各自持ち出し

(3)全国のボランティア関係

→ボランティアなので利用者に専念できないことを伝えて欲しい。

→各種助成が受けられないか検討して欲しい。

→ボランティアの養成をどのようにおこなうかが課題。

(4)愛知県関係(PSC東浦)

→PSC東浦を中心として活動する。10月にうち合わせをおこなう。

→東浦町社会福祉協議会ボランティアセンターとうち合わせ。

→10月から、東海市市民大学で講義を実施(PSC東浦企画)

収支

 現金なし

カンパ

 白米15Kg

(かすみを食べては生きていけないから:倉敷市主婦)

 

 

 

8月度

1.ホームページ 訪問者 のべ 989件(アクセス解析から引用)

2.相談者数         のべ 約219名程度(集計中)

3.ピアカウンセリング研修 2回

(1)セルフヘルプグループとピア・カウンセリング

(2)社会福祉援助の基礎講座受講(京都)

(3)メール相談が中心の月であった。

 

4.収支     

  収支なし 各自持ち出し

 

7月度

1.ホームページ 訪問者 のべ 955件(アクセス解析から引用)

2.相談者数         のべ 約219名程度(集計中)

3.ピアカウンセリング研修 2回

(1)セルフヘルプグループとピア・カウンセリング

(2)学校における危機介入

4.収支      収入   

               寄付金          1,000円  

          支出 

                       ピア・サポートセンター運営費 1,000円

 5.特記

 電話相談の充実と支援の拡大を検討する。

 

 

6月度

1.ホームページ 訪問者 のべ 998件(アクセス解析から引用)

2.相談者数         のべ 約180名程度(集計中)

3.ピアカウンセリング研修 2回

(1)セルフヘルプグループとピア・カウンセリング

(2)学校における危機介入

4.収支      収入   

               寄付金          1,000円  

          支出 

                       ピア・サポートセンター運営費 1,000円

 5.特記

 電話相談の充実と支援の拡大を検討する。

 

 

5月度

1.ホームページ 訪問者 のべ 1039件(アクセス解析から引用)

2.相談者数         のべ 約150名程度

3.ピアカウンセリング研修 4回

(1)医学概論(テキストから感染症について学ぶ)

(2)介護学(ターミナルケアを中心に)

(3)社会福祉(生活保護制度について)など

特別指導

(1)障害者手帳制度について (2)児童相談所の仕事

(3)失業給付(雇用保険)について など

  Youtubeを通してのPSCだよりの発行 視聴者…実人員156名程度

4.収支      収入   

               寄付金          2,000円  

          支出 

                       ピア・サポートセンター運営費 2,000円

 5.特記

 PSC東浦では、防犯パトロールを開始。

 

 

4月度

1.ホームページ 訪問者 のべ 1034件(アクセス解析から引用)

2.相談者数         のべ 約180名程度

3.ピアカウンセリング研修 4回

  Youtubeを通してのPSCだよりの発行 視聴者…実人員157名

4.収支      収入   

                Yahoo!リサーチ    280円

                            寄付金         5,080円  

          支出 

                       ピア・サポートセンター運営費 2,000円

           ボランティア保険加入12名  3,360円

5.特記

(1)電話とインターネットを用いた相談事業を実践した。相談者から電話をうけて、

担当しているボランティアとネット回線をつなぎ話をしてもらい、ファシリテーターとして

森定が助言する形での実践であった。

(2)ボランティアとはネット会議を毎日実施した。

課題としては、守秘義務とプライバシーの保護を至急考える必要がある。

 

2009年度ホームページアクセス数(速報値)

2009年9月  936
2009年8月  998
2009年7月  924
2009年6月  758
2009年5月  1030
2009年4月  746

 

                     

ホームに戻る