PSC相談料金

 「継続的に相談をしたい」や「有料にした方が利用しやすい」の希望は以前から多くありました。

 ピア・サポートをセンター方式で立ち上げた理由は、「緊急時だけにセンターが対応すれば、ピア同士の交流や活動範囲が広がる」と考えたからです。PSCは長期休暇などは24時間対応を実施しています。

 しかし、相談者の増加から、多くの持ち出しが生じ、運営上、費用の問題で大きな負担が生じています。今までは、各自自己負担で対応していました。昨年度だけでも、虐待や自殺企図などの対応は10件を越え、緊急対応をしました。多くは深夜や休日ばかりです。平成24年のゴールデンウィークは、述べ20件を越えました。このため、最終日は受付を中止しました。12日(1週間後)になっても、その対応に追われています。

 PSCを存続させるために下記の事業を有料化することをご理解ください。

料 金(森定の場合)

ただし、生活困窮などの場合は、未収金として対応し,将来支払いとなります。

相談やカウンセリングを継続して希望する場合

1.メール相談          5,250円/1ヶ月

2.面接相談           5,250円/1回+交通費

  例としては、心の病(心身症、パニック障害など)のピア・カウンセリングなど

3.学術研究に関する調査依頼の場合  交通費のみ

4.自分史の作成や指導   要相談

 (事前にリスクと意義の説明をします)

 家族、恋人などからの相談や訪問依頼も開始しています。

(具体的な例では、ひきこもりから脱出《就労》したい、元不登校だが今は勉強したい、子どもの家庭内暴力、私《親》自身が被虐待体験などがあるが、どうしていいのかわからないなど)

 

*上記のいずれの場合も、相談(カウンセリング)記録をつけます。

 この記録は、利用者との契約が終了した時点でお返しいたします。

パニック障害に関する、認知行動療法の指導・助言もPSCでは行っております。

お気軽に、お問い合わせください。

 料金の発生は、契約書を交わしてからになります。

お気軽に、メール等でご連絡ください。

 連絡先 メールはこちら まで…相談は件名に「PSC相談係」と記入ください。 

  

単発の相談(1回程度)や緊急時は、無料で今まで通り対応します。

 ピア・サポートセンターは、愛知県東浦町社会福祉協議会のご理解で

ボランティア団体としてスタートしました。

 制度が整うまでは、お互い身体を寄せあって乗り越えましょう。

本当は、「誰でもが24時間利用できる施設があればいいと思っています」

 それができるまでは、頑張ります。

 いじめやひきこもりなどから、ぬけだせなくて悩んでいる人は気軽に

連絡をください。あなた達と、同じような経験をした人が待っています。

                                       森定 薫

 

    

(手紙などは家族・個人別にファイルしています)       (自分史を書かれる方もいらっしゃいます)   

 *メール等はハ゜ソコンで管理し、1年以上相談が        *書くことに対しては賛否あります。

  ない場合は連絡をとって処分しています。                                                          

 

 個人情報については、PSCや各担当者が厳重に管理しています。

 その情報や記録の所有は、すべて利用者にあると考えています。 

 相談の都度、もってこられたり、自身の課題や日記代わりにされている人もおられます。

 私やスタッフがヒ゜アカウンセリングに参加する場合でも、守秘義務の大切さと守秘義務が適応されない場合

(自傷他害や虐待が疑われる場合など)の対応は説明しています。

 そのあとは、効率的かつ速やかにPSCから各種専門機関に対しての通告が行われます。

  (具体的には、救急車の出動依頼、児相への通告、警察への保護、PSCスタッフの緊急訪問などの実施がありました。)         

                                     ホームに戻る