無料カウンター

 ハングル検定 解答速報

日本韓国語教育学会

 


ただ今第45回検定 2~5級の解答速報を掲載しています。

ここに掲載されている解答は盛岡ハングル学館にて作成したものです。正式な解答はハングル能力検定協会発表のものを御覧下さい。

  

ハングル検定を受験された方へ!

盛岡ハングル学館では、試験やハングル学習についての皆様の情報をお待ちしています。
◎試験の感想、反省点
◎今回の試験でうまくいった所、失敗した所
◎日頃のハングルの学習法
◎今学ばれている教室の紹介
◎ハングルを学習するようになった理由

その他有益な情報をお知らせ下さい!電子メールにて400字以上の内容で送ってくださった方には
ハングル学習支援グッズををお送りいたします。頂いた情報はWEBページで公開させていただきます。


受験された方からの情報はここをクリック!
   

     11月8日PM10:40 4・5級の解答を掲載しました。

     11月10日AM4:00  4級聞取 大問2の2)の解答 (マークシート番号6) ①→③に訂正しました。

     11月10日PM1:00  2級、準2級、3級の解答を掲載しました。

           
 

2 級・筆記問題

準2級・筆記問題

3 級・筆記問題

4 級・筆記問題

5 級・筆記問題

2 級・聞取・書取問題

準2級・聞取問題

3 級・聞取問題

4 級・聞取問題

5 級・聞取問題






 第45回 秋季「ハングル」能力検定試験 解答速報  2級

  筆記問題
 
[1]  1)②       2)①       3)③       4)②      5)④

 

 

    6)①       7)③       8)②       9)④      10)②

 

 

 

[2]  1)④    2)④    3)③    4)①    5)③

 

 

 

[3]  1)③    2)①    3)②    4)④    5)①

 

 

 

[4]  1)①    2)②    3)①    4)①    5)④

 

 

 

[5]  1)④    2)②    3)①

 

 

 

[6]  1)③(×비록が文の意味に合わない)    2)④ (×생각에 → 생각이)

 

 

 

[7] 1)①    2)③    3)①

 

 

 

[8]   1)②(깃들여→깃들어)    2)②(거친→걸친)  

 

      3)④(뒤업는→뒤엎는)        4)①(썩힌→썩인)

 

 

 

[9] 

 

 1)対話文の日本語訳

 

  A: わざわざあいつの時間に合わせたのに、また来れないって?

 

  B: どうしても行かなくてはならない所ができたって、ごめんだって。

 

  A: 自分のことも考えなくちゃ。他人のことでそんなに飛び回って、ほんとにもう。

 

  B:(生まれ持った性格だしどうしようもないよ)。

  

  A: とにかくこの時代には珍しいヤツだよ。

 

  

 

              解答 ①

 

 

 2)対話文の日本語訳

 

  A: 久しぶりに運動をちょっとしたら腕や足がずきずきするよ。

 

  B: 何の運動をどれだけしたっていうんですか。

 

  A: 登山が健康にいいっていうから登ってみたけど、そんな甘いもんじゃなかったです。

 

  B: それで山の頂上まで登ったんですか。

 

  A: (途中でやめるわけにもいかないし、本当に苦しかったです。)

 

  B: もう登られないでしょうね。

 

 

 

              解答 ②

 

 

 3)対話文の日本語訳

 

  A: だれかと思ったら。見違えるようだね。

 

  B: どう、変じゃない?

 

  A: (とても洗練されてるし若く見えるね。)

 

  B:初めからあなたの言葉を聞いとけばよかった。

 

  A: でしょ、あなたはショートカットのほうが似合うったら。

 

 

 

              解答 ①

 

   

 4)対話文の日本語訳

 

  A: 朴先輩そんな人だと思わなかったのに、本当に失望です。

 

  B: 急に何の突拍子もないこと言うの?

 

  A:(融通が全然聞かなくて話が一つも通じません。)

 

  B: きみが考え違いをしたんじゃないの。本当にちゃんとした人だったけど。

 

  A: 融通性というものが一かけらも無いんです。

 

 

              解答 ③

 

 

 

 5)対話文の日本語訳

 

  A: いろいろと気を遣ってくれてありがとうございます。

 

  B: 何をおっしゃいますか。私は何もしてませんよ。

 

  A: 本当に金先生の助けがなかったなら途中でそのまま引き返していたと思います。

 

  B: (先生こそ旅先に出てご苦労が多かったですね。)

 

  A: このご恩は後々までもお返しいたします。

 

 

              解答 ①

 

 

[10] 本文の日本語訳

 

  ソウルで、最も美しい学校だと呼ばれている北漢山小学校は、北岳山を屏風のよ

 

 うに従えている。素朴な雰囲気の田舎の学校みたいで、より情が引き付けられる。

 

 1967年に建てられたこの学校は、山裾の下の空き地に礎を築き教室をつくり木を植

 

 え運動場を構えたが、町の大人たちがみな出て地面を掘りリアカーを押して真心を

 

 尽くしたそうだ。ここは学校の名の下、ソウル市教育庁指定の野営修練協力学校だ

 

 と一行多く書いている。空気が良く風景が良く、夏には他学校からの団体野営申請

 

 が行列を成すそうだ。運動場も豊かな草畑みたいな芝生がふかふかし、子供たちが

 

  専門、科学および技術サービス業に従事する既婚女性の比重は製造業、不動産、

 

 遊びまわるのにも良い。学校内に40分くらいかかる散策路が校庭にそって外周道

 

 のように伸びている。子供たちが植えた菜園の野菜もよく育っている。校庭がまさ

 

 しく自然学習場である。そこを卒業したわけでもないが、北漢山に行くたびにしき

 

 りに訪ねていくようになる。

 

 

       【問1】 ④       【問2】 ④

 

 

 

[11] 本文の日本語訳

 

  文学批評とは、文学作品の構造や効果、作家の創作方法や世界観などを検討し評

 

 価することを言う。この言葉の中には文学活動に対する「判断」と「識別」の意味が共

 

 に含まれている。しかし文学批評は優先的に判断の意味より識別の意味により注力

 

 する必要がある。最高の文学批評とは文学の内容や意味に対する判断によって樹立

 

 されるのではなく、文学の全体的な姿をありのまま表し見せるところに成立できる

 

からである。文学批評が意図することは、文学作品のいろいろな属性を明らかにし

 

 てくれる作業だと言える。それゆえ作品自体をまず正確に識別した後、それに対す

 

 る判断がなされなくてはならない。

 

  作品に対する識別が不完全な状態で判断がなされるならば、作品自体に根拠を置か

 

 ない判断を下したり誤った理解による判断を下しやすく、これは正しい批判になり得

 

 ない。

 

 

 

       【問1】 ④         【問2】 ②

 

 

 

[12] 本文の日本語訳

 

  「いつか一度ご飯食べよう。」道を歩いていて偶然に出会った後輩に私が吐いた言

 

葉である。この言葉を言って来る途中、ずっと心が重かった。かなり前に「いつか一度」

 

という言葉を使わないことと決心していたのだった。対話を締め括るために曖昧な態

 

度をとることが嫌だった。「いつか一度」という言葉は今を約束のない未来に先延ばし

 

する卑怯な言葉だと思ったのだ。(対話の最後に決まってはいったいする「いつか一度

 

会おう。」とか「いつか一度お茶飲もう」、「いつか一度じっくり遊ぼう」のような言葉

 

が空手形のように感じた。) かなり儀礼的なあいさつ言葉で関係を維持することが可

 

能か、疑問も持った。振り返ってみると「いつか一度」は早いうちに尋ねてくることをよ

 

く理解しているときだけその言葉を使ったようでもある。私の考えでは「いつか一度」

 

は「決して来ない」。ところが今日その言葉を言ってしまったのだ。家に帰って後輩

 

に連絡をした。いつか一度がついに約束になっていた。これからは「いつ何時」にし

 

ようとする積極的な態度が必要だという気がした。空虚な言葉一言が始めて形を持っ

 

た瞬間、関係もまた生気を得るのである。

 

 

 

 

       【問1】 ②      【問2】 ③

 

 

 

 

[13] 本文の日本語訳

  

  文字を書くことは良い点が多い。まずバランス感覚が頭脳の発達に良い。鉛筆をにぎ

 

 り文字を書く過程で小脳の運動中枢が発達する効果があるという。すなわち指をたくさ

 

 ん動かして微細な部分を仕上げようとする運動によって微細神経が発達するようになり

 

 これによってバランス感覚と頭脳発達が成されるということである。また記憶力がよく

 

 なる。文字を書いて目で確認する過程を経れば勉強した内容がずっと速く、そして長く

 

 記憶に残る。

 

 それは内容を目に焼き付けながら手で几帳面に書く過程で、頭に書いた内容が保存さ

 

れるからである。文字を好き勝手にめちゃくちゃに書けばそれだけ記憶力が落ちるので

 

学習効果も減る。文字を書くことは思考力を集中するのにも良い。文字を書く過程は集

 

中力を発揮する過程であると見ることができる。一文字一文字真心を込め文字を書く過

 

程で文字の形が美しくなり思考も集中されるようになる。思考が集中していない状態で

 

文字は決してきれいにはなり得ない。次に自己の管理能力も高まる。文字を一文字一文

 

字真心を込めて書き、間違ったら消し、また書く過程は自身の考えを締めくくる能力と

 

連結される。

 

 

 

       【問1】 ④       【問2】 ②

 

 

 

[14]

 1)かなり遅い時間に起きて [のろのろと]食事の準備を始めた。

 

 

            解答 ②

 

 

 

 2)よくわかってもいないくせに [下手にでしゃばらない方がいいよ]。

  

 

            解答 ③

 

 

 

 3) 長い説得にも彼女は最後まで[納得しようとしなかった]。

   

 

            解答 ①

 

 

 

 4) 彼は[のびのびと育ったせいか]全てのことに自信があふれているようです。

 

 

            解答 ④

 

 

 

 5) 一言投げかけたら[気持ちがすっきりしました。]

 

 

            解答 ①

 

 

[15]

 

 1)③    2)②    3)①    4)④    5)③

 



[2級・筆記試験の解説・講評]

 

―前回との比較―

 

<難易度>難化。

 

<問題語数>やや増。

 

<問題内容>前回と同じ。

 

 

 

 

当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。

 

 

 

 

여러분,안녕하십니까?

 

 

 

この2級を受験される方の多くにとって(受験していた当時の講評執筆者も含めて)、

韓国語が今や身近なモノでほぼ不自由無く使えるモノになり、

普段から積極的に実用されているであろう中で、ハン検2級はいわゆる日常会話レベルを通過し、

「上級」としての韓国語が試されます。

 

そのレベルは一部例外を除き、TOPIK6級を超えます。

 

 

 

そんな中、今回受験された皆さま、あるいは次回以降の受験のために学習をされている皆さまは、

どうお感じになられているでしょうか。

 

 

 

解答速報という場であり、そして協会の正答発表が早くなったのに合わせての執筆なので、

内容的にはこれからご覧いただく程度ですが、では問題を見ていきましょう。

 

 

 

 

はじめに語彙/語法問題で、今回も今回で、ほぼ初登場のもので構成されています。

理解語彙15,000~16,000語といわれる、範囲の広さを痛感します。

 

 

それは、準2級では再登場率が高いオノマトペアや成語であっても然りです。

 

例えば成語ですと、準2級では33語なのが、2級では148語ですからね。

オノマトペアなら、今回は第1問5)で再登場したのが、① 와들와들 ③투덜투덜 の2つです。

와들와들 は、「ハン検2級ジャーナル」で的中しています。

 

一方で、第2問4)にある 노심초사[勞心焦思] を見て、

「あ!見覚えある」と思われたら、ハン検2級対策が十分できている証拠です。

今回で5回目の出題だからです。

 

 

 

新出語の出題がメインになるのは百も承知とはいえ、

データベース中の語句は増えるばかりです。

 

 

見ていきますと、第1問2)ではぱっと見「ん?!」と思えそうですし、

8)では意外というか、接頭語 불[不] の表記が出題されました。

 

復習しましょうか。

 

 

부 ― 後に ㄷ,ㅈ,실[實]が続く場合

 

불 ― それ以外

 

 

 

一方で第1問3),9)では、ここでいう[単語のコアイメージ]で正答を導き出しましょう。

 

 

 

とにかく2級の語彙問題対策は、過去問未出語を押さえていくのが上策です。

 

既出語句は、「トウミ」「トハギ」のリスト全体から見れば、

今回第45回を迎えても、まだまだ氷山の一角です。

 

‘過去問未出語句’を押さえていきましょう。

 

 

 

 

それでは、第4問の接続表現問題です。

 

 

接続表現は‘文法’の範疇に数えられるものですが、

日本語ネイティブにとっての韓国語文法は、ハン検2級受験に至った今振り返っても、

私達は事実上学んでいないので、本当に楽ですね。

 

これには、「そんなことはない」なんて意見もいただくんですが、

私達日本語ネイティブが、英語や中国語をはじめとした他言語を学ぶ場合と比べれば、

そうだと考えざるを得ないですね。

 

 

典型例として、韓国語(日本語)では長い修飾句が名詞の後ろにくることがありませんし、

名詞に性が無く、それに用言の活用を一致させることもありません。

 

 

語順も自由です(韓国語は日本語よりまだ厳密です)。

 

解説執筆者が知る限り、他言語にはその言語の性質上、

書き手の個性に従って自由に組み立てることが難しいです。

 

活用の無い中国語が特にそうですし、英語でも動詞が持つ文型に従わなければなりません。

 

 

さらに時制も単純です。

ただ回想の 더 には、過去(厳密には完了)の補助語幹 았/었 と違い、

[終点の無い過去]という、発想の転換が必要ですけどね。

 

 

 

であっても、韓国語の接続表現は非常に発達していると指摘されるほど多彩で、

ハン検では、そのことが「トウミ」「トハギ」の誌面上で記されています。

 

そして、それらの使い分けには、例の 고 と 아/어서 を皮切りに悩まされたりします。

 

 

 

自分が知る限り、韓国語の接続表現は[該当する訳を覚える]がほとんどですが、

それで実用することができて、ここのような試験解答で正解できれば、それでOKですね。

 

一方で覚える量が多くなり、いわゆる丸暗記の作業になってしまうので、諸刃の剣でもあります。

 

 

ここでは4つの捉え方で解釈しています。

「4つの捉え方」とは、この解説でいつも書いている「論理」という文脈の捉え方です。

 

 

「論理」という文脈はたった4つで、さらには3つに絞られたりします。

 

 

 

(イコール関係 〔前文 = 後文〕)

 

 

反対関係 〔前文 ⇔ 後文〕

 

 

累加関係 〔前文 + 後文〕

 

 

因果関係 〔前文 → 後文〕

 

 

 

<イコール関係>は<累加関係>に含まれることが多いので、事実上3つです。

これらが一文で、あるいは段落の間にあり、韓国語のみならず全言語に共通することです。

 

 

この4つの文脈を頭に入れて、まずは日本語文を素材に、

各所各所でどの文脈があるかをキャッチする練習をします。

 

例えば、

 

 

「現代文は全ての教科の土台です。現代文で論理的思考力を鍛えることで英語、数学、小論文など、

 あらゆる科目の成績をアップさせることができます。しかも、その後の読み・書きにも直結するので、

現代文の学習を通じて、ぜひ生涯にわたっての武器となる論理力を獲得してください」

 

 

この中には7つの文脈があります。

いわゆる「修飾」も、解釈によっては文脈といえますが、ここでは省略します。

 

 

それらを自然とキャッチできる観察力を養い、その力を韓国語の事情に当てはめて、

文法とやらを「無秩序な知識の羅列」にせず、効率よく捉えられるようにしましょう。

 

 

 

1)の助詞問題はハン検での常連さんです。準2級でも扱われます。

 

 

2)は後文で結果が出ているがポイントで、これ1つで②と③はないと判断したいです。

①の 기로서니 は、기로 → 기로서 を経て強調された接続表現です。

 

この中の助詞 로 と接続語尾 서 が<因果関係>を結んでいると観察したいです。

 

 

 

そして3)の (으)려니와 が、主語3人称の文でも使えることを押さえておきたいです。

(으)려 が3人称で使えるというのは、

 

 

4)は平易ですね。

いわゆる反語ですが、그 집 며느리가 착하다 を肯定しなければなりません。

 

 

 

あと5)では、다 키웠다 と 철들려면 아직도 멀었다 の間にある文脈を問い質すと、

<反対関係>が見えます。

 

この文脈があるといえる根拠は、後文に 멀다 があり、

これで前文の 다 키웠다 が否定されているからです。

 

 

 

もうちょっと突っ込みたいんですが、時間が潤沢に無い中での執筆ですのでお許しください。

本当は、毎回の2級・接続表現問題で、韓国語文法をより深淵に見ておくべきことが多々あるんです。

 

今回の出題ですと、2)と3)ですね。

 

 

質問はお寄せください。

 

世間一般とはちょっと違う視点からの韓国語文法解釈をお届けします。

 

 

 

 

それでは、第5問の仲間外れ問題です。

 

語彙全体に言えることで、語彙を捉える時にどのようにまとめるかがポイントです。

あとは、この解説で級を問わず出てくる[コアイメージ]で解答することです。

 

 

1)はよしとして、2)は 법석 を周りにまき散らしたいわけです。

ただ 내다 するのではなく、ということですが、一方で③は 바람을 피우다 と同じです。

 

そして3)では、①で 아/어 보다 が余計です。

 

 

 

続いて、第6問の間違い探し問題・語彙/文法編で、

ここでの特徴としては、ハン検が日本語ネイティブ向けの試験なので、

やはり自分達日本語ネイティブが間違いやすいところを訊いてきますね。

 

 

前回は語法がメインの出題で、今回は文法(構文)が問われています。

 

 

 

1)では 비록 の後に<反対関係[譲歩]>を結ぶ接続表現が無いので、これが×で、

2)も、さぁ~っと見ると気付きにくいんですが、생각에 에 が×です。

 

에 は[ある一点を示す]文法を持ち、そこから例えば[存在場所]をあらわしますが、

생각 は 있다 の主語です。

 

 

생각에 있다 を成立させるためには、있다 の主語が別途必要です。

以下の例を挙げることができます。

 

 

아름다움은 생각에 있다.  〔있다 の主語 아름다움〕

•   아름다움은 생각에 있다

인생은 생각 너머에 있다.  〔있다 の主語は 인생〕

 

 

 

続いて第7問の多義語問題です。

 

 

1)の名詞問題は、母語で発想していると間違います。

何らかの中に入る、空気を含んだ「気」は 바람 です。

 

なので、

 

 

공이나 튜브 따위와 같이 속이 빈 곳에 넣는 공기.

 

 

 

という意味を持ち、タイヤの「空気」は 바람 なんですね。

 

 

他は、2)で[付着]、3)は[充満]をイメージします。

 

 

 

続く第8問の間違い探し問題・綴り編で、正答はそれぞれ、

 

 

 

1)× 깃들여 ― ○ 깃들어

 

 

2)× 거친 ― ○ 걸친

 

 

3)× 뒤업는 ― ○ 뒤엎는

 

 

4)× 썩힌 ― ○ 썩인

 

 

 

1)で、깃들이다 も存在しますね。しかし、

 

 

1.주로 조류가 보금자리를 만들어 그 속에 들어 살다.

 

2.사람이나 건물 따위가 어디에 살거나 그곳에 자리 잡다.

 

 

なので、숨결 を主語にできません。

 

 

 

ところで、前回以前から指摘していることで、

過去問題集ではなぜか、この問題については丁寧に解説してくれています。

 

 

これまでの出題でも、紛らわしいところを訊いてきている気もします。

 

一方で、基本的には普段から音だけでなく、綴りにまで気を使いながら韓国語に触れていれば、

あとはただの語彙力です。

 

 

先の第6問に比べ、この間違い探し問題では、特別対策を執る必要はないと解釈していて、

普段から『正しく書く』事自体が、この問題の対策です。

 

 

出題傾向を一応押さえれば、それらは主に3つに分類されますが、

とにもかくにも、7割以上獲って合格するためには、1つも落とせませんね。

 

 

 

 

では、第9問の会話文問題です。

 

各語句に留意しつつ、先の接続表現問題で問い質した「論理」という文脈の捉え方も用いて、

淡々粛々と解いていきましょう。

 

普段の会話と違う、試験問題としての会話ですね。

それをここでは、会話における<同じ言葉/表現のやり取り>の原則と呼んでいます。

 

 

 

1)は、②や③もよさそうなのでは、とも思えそうですが、

②はA2つめに会いません。걔 は人のために動き回っているからです。

 

あと③は、選択肢文中にある指示語が指せる内容がありません。

 

 

 

続く2)は、Aにとっての 등산 がよくなかったことに合わせて、

3)は勘違いしそうです。

 

 

 

B:진작 네 말 들을 걸 그랬어.

 

 

 

が、何を[後悔]していたのか、ですね。

 

その後が、

 

 

 

A:그것 봐.넌 짧은 머리가 더 잘 어울린다니까.

 

≪ほらぁ、あんたはショートの方が似合うんだって≫

 

 

 

ですから、「はじめからショートにする」ことですよね。

で、いい結果が出ているわけですから、肯定的な①を選びます。

 

 

ちょっとテンパっていると、混乱するかもしれませんね。

一方で、のんきな話かもしれませんが、面白い問題です。

 

過去問分析コーナーで採り上げたいと思います。

 

 

 

そして4)には、慣用句がこれでもかと含まれていますね。

 

ここでは、話題の主(主語)を押さえつつ、

 

 

 

③ 앞뒤가 꽉 막히다  =  A:융통성이(눈꼽만치도)없다

 

 

 

と結ぶという問題です。

ハン検で常連さんの慣用句も聞かれています。

 

 

 

最後の5)も、ぱっと見は分かりにくいかもしれません。

いや、そんなことはないでしょうかね。

 

③が×なのは間違いないとして、④も 그래도 그렇지 を挟んだ前後文が、

文脈として成り立ちませんね。

 

 

前回より取っつきにくい点があるので難化しました。

 

 

 

 

では、いよいよ長文問題を見ていきましょう。

 

今回も、第12問に挿入文問題があります。

 

 

速報という関係上、それぞれをじっくり書く時間が無い中、

挿入文問題はチェックしたいですが、他の問いも確認すべきと思えるものは見ていきます。

 

 

 

 

では第10問で、【問1】は、

 

 

 

【問1】야영수련 협력학교 になった理由

 

 

 

を見ていきますが、ここで 야영수련 협력학교 が分からなくても、解答に影響はありません。

 

こういう、一般的な名で出て来なければ、文中で具体説明してくれるし、

それでも分からなければ、理由を選ぶということですから、適当に名付けておきましょう(笑)

 

 

あと、この手の問題は、選択肢は見ずに自分で正答根拠を探し、

それと各選択肢を対照させて解答するのがよいです。

 

 

 

では読んでいきます。

 

いずれ、야영수련 협력학교 というのが出てくるはずで、そこに注目します。

 

 

 

이곳은 학교 이름 밑에 서울시 교육청 지정 야영수련 협력학교라고 한 줄 더 써 있다.공기 좋고

 

풍경 좋고,여름에는 타 학교들의 단체 야영 신청이 줄 선다고 한다.운동장도 풍성한 풀밭 같은

 

잔디가 푹신푹신해 아이들이 뛰어놀기도 좋다.

 

 

≪ここ(ソウル北漢山小学校)は、学校名の下に‘ソウル教育委員会指定야영수련 협력학교’と一筆

 

 加えられている。空気がよく、風景もよく、夏には他校からの団体野外活動申込が列を成すという。

 

 グランドも豊かな草原のような芝生がふかふかしていて、子供達が飛びまわるのに抜群である≫

 

 

 

この文のテーマである『ソウル北漢山小学校[서울북한산초등학교]』は、

どうも自然が豊かな所で、それを求めて全国から他校の児童が集まるんですってね。

 

 

ここまでで①と③が残ると思いますが、さらに、

 

 

 

아이들이 심은 텃밭의 채소들도 잘 자란다.교정이 바로 자연학습장이다.

 

≪子供達が植えた畑の野菜もよく育つ。校庭がまさに自然学習場だ≫

 

 

 

ここで決定ですね。

 

ちなみに、ここの学校はもちろん実在します。HPを見つけました。

 

 

http://www.bukhansan.es.kr/index/index.do

 

 

 

 

それではいきなり飛んで、第12問【問1】の挿入文問題を検討します。

 

 

さっそく、その挿入文を確認しましょう。

 

 

 

대화의 마지막에 으레 하곤 하는“언제 한번 보자”나“언제 한번 차 마시죠” “언제 한번 제대

 

로 놓아야지?”와 같은 말들이 공수표처럼 느껴졌다.

 

≪対話の最後にいつも言ったりする「いつか一回会おう」「いつか一度お茶しましょう」「いつかがっつ

 

り遊ばないとね」のような言葉が空手形みたく感じられている≫

 

 

 

前回の挿入文よりずっと長いです。

でも、長かろうがなんだろうが、見方と捉え方は同じですよ。

 

TOPIKの受験経験がおありな方は、その時のことを思い出しましょう。

 

 

ここでの復習は、この挿入文のどこに目が留まったかです。

 

文脈を分かりやすく司る語句は別段見当たりません。

なので、問題文の各候補箇所での文脈(もちろん先の「4つの論理関係で」)を問い質しましょう。

 

 

(A)は直後に指示語があり、<因果関係>で成り立っているのでバッチリで、(B) は候補ですね。

 

そして (C) と (D) では、もう“언제 한번”の世界ではなくなっているのが分かります。

 

 

 

그런데 오늘 그 말을 해 버린 것이다.집에 돌아와 동생에게 연락을 했다.(C) 언제 한번이 마침

 

내 기약이 되고 있었다.

 

≪ところが、今日その言葉(=“언제 한번”)を言ってしまったのである。家に戻って後輩に連絡した。

 

 いつか一度がついに約束になっていた≫

 

 

 

この2文の内容云々より、그런데 が何よりの証拠ですが、

挿入文に文脈を分かりやすく司る語句が無くても、文の展開が分かりやすいので、

思ったより平易に解けます。

 

 

 

そして、北の正書法問題の第13問です。

 

 

ここ数年指摘されている通り、北の素材といっても、

正書法や語句面も含め、韓国の正書法だけで学んでいても何の問題も無いくらい、

余り差異が無い素材が選ばれています。

 

 

実際は、一般的に韓国(大韓民国)の正書法で学んできた私達が北の読み物に接する場合、

語句を中心に辞書を何度も何度も引くことになります。

 

しかも、普通に手に入る辞書には載っていない語句も多いので、

ネットですと、표준국어대사전[標準国語大辞典] などを使って読み進めることになります。

 

 

まあ、北の文献も扱われている、このような出題がされている以上、一応北の素材を使ってはいますが、

北の読み物に触れたことが無くても、基本的には普段の学習で対応できます。

 

 

 

ここでは【問1】を見ます。

 

글씨쓰기 の長所といえないものを選ぶ問題ですが、

選択肢が短いので、先に見てしまいましょう。

 

 

 

① 집중력 향상     ② 두뇌의 발달

 

③ 기억력 상승     ④ 사고력 회복

 

 

 

訳なんかは当てるまでもないですね。

 

 

問題文を読んでいくと、② → ③ → ①と消えていく、不気味なくらい平易な問題です。

本当に‘不気味なくらい’です。

 

あまりにあっけないので、自身の解答が合っているか心配になります。

とはいえ、たまに誤答を解説してしまうこともあり、誠に申し訳ございません。

 

 

 

前回もここで解説執筆者がぼやいていたことで、会話力向上の名の下に、

「韓国語(外国語)で読むこと」何かと蔑にされている、そんな気がしています。

 

否、じつはそれと真に向き合い、それを能力とすることで、

揺るぎない「ハングル」能力が手に入ると、解説し執筆者は信じています。

 

 

 

では最後の翻訳問題です。

 

2013年度から全マークシート式になった今となっては、記述式だった頃に比べれば、

やはり易化しています。

 

 

数年前のように、文学作品で見るような文体を訳すことはほとんど無くなりましたから、

普段から超日常的なやり取り・文章を、‘正しい’日本語/韓国語共に触れているかで、

この問題での出来が決まりはします。

 

 

 

でももちろん普段の学習では、まとまった文を自分の手で自然な日本語訳/韓国語訳をできる、

その術(すべ)を磨きたいです。それが真の‘翻訳’です。

 

あくまで‘自分の手’で訳しましょう。

 

 

理想は、

 

 

[日本語の名詞好きと韓国語の用言好き]

 

 

をはじめとした、日韓両語それぞれの性質を知り、その違いを知り、

それを中心点にして、自由自在に行き来できる(訳せる)、‘知識’と‘知恵’を駆使することですが、

他言語での作文に比べればまだ楽勝ですね。

 

 

 

 

まず韓日訳で、2),4),5)が常連さんです。

 

 

 

《어설프다》

하는 일이 몸에 익지 아니하여서 익숙하지 못하고 엉성하고 거친 데가 있다.

 

《구김살》

표정이나 성격에 서려 있는 그늘지고 뒤틀린 모습.

 

 

《개운하다》

기분이나 몸이 상쾌하고 가뜬하다.

 

 

 

このように、常連さんが多く採り上げながらも、

今回はストレートに2級語彙を訊いてきた、そんな出題です。

 

 

 

そして日韓訳は、1)でまずオノマトペアの知識を訊いてきました。

 

 

갑작스럽게 온통 소란해지거나 야단스러워지는 모양.

 

 

で③です。

 

 

前回より難化しました。

 

 

 

マーク式になってから、2級の翻訳問題は変質してしまいました…

 

マーク式にするとはそういうことなのかというのが、改訂されて2年が経ち分かりましたし、

それがいい意味でなのか悪い意味でなのかは、解説執筆者が持つ場ででも述べるとして、

2級レベルともなってくると、特に韓日訳では、

 

 

 

「訳した日本語が不自然ならばほぼ誤解している」

 

 

「普段使わないはずの日本語に訳して平気でいられるか」

 

 

 

をきちんと問い質しながら取り組みたいです。

 

よくあることとして、辞書に載っている意味(訳)を、何の疑いもせずただ並べてしまうんですね。

 

 

 

≪不自然な日本語訳に平気でいてはいけない≫

 

 

≪‘井の中の蛙’でいつづけるといずれ限界が来る≫

 

 

 

これは韓国語(外国語)を学ぶにおいて、非常に大切なことの一つだと思っています。

 

 

 

 

ハン検の2級,1級では、日本語ネイティブ向けの試験というコンセプトの下で、

慣用句を中心に、これでもかというくらい用意されて出題されていますが、

それを看過された方は、準2級に合格するとTOPIKに‘乗り換える’という方が結構おられます。

 

もちろん、それはより平易な方へ移るといった、一種の「逃避的」なことではなくて、ですね。

 

 

一方で、ハン検2級に合格する上級者を志すということは、

ハン検を通じて、朝鮮半島文化により肉薄するような、そんな志向が見えてきたりします。

 

 

これから、より豊かな実用韓国語のために、継続して韓国の読み物に触れていきながら、

新聞からは漢字語・成語・慣用句を、小説・エッセイなどからは豊富な形容詞や、

オノマトペアを拾っていきましょう。

 

ご存知の通り、現地の人達が日常的に触れている新聞やネット記事にも、

「トウミ」「トハギ」のリストにある上級レベルの慣用句が実際に出てきますからね。

 

 

 

あと、これは前回の解説でも触れたことで、

韓国の友達としゃべったり、実務で韓国語を使用するといった、普段の韓国語生活で、

ことわざ・成語・慣用句という、言い換えれば、

 

 

〔ひと言で済む文句〕

 

 

で、時に便利でもあります。

 

朝鮮半島の文化が詰まったこれらを程良く混ぜ合わせ、意識的に使うようにしましょう。

 

会話では、間違っても構いません。

多くの場合、訂正する機会がありますから、そこは勇気を持って使いましょう。

 

 

 

で、これらに関連することで、あえてぶっちゃけたことを採り上げれば、

2級,1級を受験される方々から、국어사전 で語彙の意味を理解できないというお声を聞き、

中には、韓国語だけで説明されても分からないから日本語で説明しろという方もおられます。

 

ところで、국어사전 で書かれた、比較的平易な語彙で説明された意味が理解できないのに、

これから2級,1級という上級で扱われる語句を理解し使えるようになるのかという素朴な疑問が、

どうしても頭の中に出てくるんです。

 

ましてや、日本語とほぼ同じ文法で書かれているのにです。

 

 

 

そして次の最終地点・1級もぜひ目指しましょう。

 

現時点で一番合格率の低い2級が取れたら、最後の1級は思ったより近いです。

このあたりは、今まで1級を受験し、合格された方々に訊いてみてください。

 

 

 

 

解答速報はご覧になってくださっていても、答え合わせだけをしてこのサイトを閉じることなく、

この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。

本当にありがとうございます。

 

 

ちなみに、先にも書きましたが、この解説は解答速報という関係上、

厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。

 

本来はこの程度の解説に留めているのが執筆者の本意でなく、

より細かい項目についても具体的に書きたいんです。

 

 

通常は、こんな程度の解説や考察で留まりはしません。

ハン検2級という試験を、ここに綴られた範囲内で語れるはずがありませんからね。

 

あらゆる面での制限がどうしても存在してはしまいます。

 

 

ただ、このように物理的限界があり、今回は恐縮ながら、かなり端折ってしまっていても、

協会発行の過去問題集はもちろん、市販の問題集よりも詳細に観察しているつもりです。

 

 

 

 

おつかれさまでした。

 

 

三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-

試験の講評についてのお問い合わせは、ハングル語学堂・四日市校までご連絡下さい。


                     ――――2級筆記 終わり――――

準2級・筆記

3 級・筆記

4 級・筆記

5 級・筆記

▲このページのトップへ

準2級・聞取

3 級・聞取

4 級・聞取

5 級・聞取

 

 第45回 秋季「ハングル」能力検定試験 解答速報  2級   

    聞取・書取問題

[1] 文章の内容と一致するものを選ぶ

 

1)각자 생각이 다른데 무슨 일이 순조롭게 진행되겠어요?

 

 

             解答 ③

 

    

2) 어수룩해 보이지만 아주 계산이 빠른 사람이에요.

 

 

             解答 ①

 

 

3) 규칙도 모르는 사람이 심판이니 시합 운영이 오죽하겠어요?

 

 

             解答 ②

 

 

 

[2]対話文に続く文を選ぶ

 

1) 

여: 지갑이 없어도 신용카드 한장이면 되니까 너무 편해요.

 

남: 카드를 써 버릇하면 씀씀이가 헤퍼지지 않아요?

 

여: 하긴 정기 할부도 해 주니까 불필요한 물건까지 사 버려서

  문제긴 해요.

 

남:(          )

   

         

             解答 ③

 

 

2)

여: 이제 두 다리 쭉 뻗고 주무셔도 돼요. 보증 문제 잘 해결됐어요.

 

남: 천만 다행이다. 얼마나 마음을 졸였다고.

 

여: (         )

 

 

             解答 ①

 

 

[3] 1)文章に一致するものを選ぶ

 

 가족과 모처럼 집 근처 호수 산책길을 걸었다. 걷기에도 별 어려

 

움이 없고 경치도 좋아 가족 나들이에 안성맞춤이였다. 아침 일찍

 

길을 나서면 먹이를 잡는 데 열심인 새들을 볼 수도 있다. 가족들의

 

운동 부족 해소를 위해 올해는 가까운 곳에서라도 오늘처럼 가을을

 

만끽해 봐야겠다.

 

 

                  解答 ④

 

 

 

2) 女性の考えとしてあてはまるもの

 

남:요즘 젊은이들은 예전과 많이 다르죠?

 

여: 신입 사원 채용 때 보니까 당돌하다 싶은 사람도 많더라구요.

 

남: 면접 보다가 놀라시는 일도 종종 있겠네요.

 

여: 근데 한편으론 자기 소신을 당당하게 얘기하는

  것 같아서 좋아 보일 때도 있어요.

 

남: 회사 선배이자 인생 선배로 한 말씀 해 주십시오.

 

여: 자기 분야의 전문가가 돼서 서로 배려하고 협력하면

  더 발전할 수 있다고 전하고 싶네요.

 

남: 부장님에게 성공한 삶이란 무엇입니까?

 

여: 주위 사람들과 함께 꿈을 이루어서 기쁨을 공유할 수 있는

   것이야말로 성공한 삶이 아닐까요?

 

 

            解答 ④

 

 

 

[4]文章に一致するもの

 

1)

 의식주가 윤택해진 현대에 월동 준비란 급한 게 아니다. 옷은 기

 

능성과 보온성이 강조되고 음식은 언제든지 구매나 소비가 가능하

 

다. 사는 곳도 좋은 단열과 난방의 주거 공간으로 손쉽게 겨울을 날

 

수 있다. 하지만 편리함과 안락이라는 이면에는 건강상의 문제를

 

야기하기도 한다. 현대의 실내 주거 환경은 쾌적한 외부 공기와의

 

접촉을 차단하면서 건조한 실내 공기에 지속적으로 노출되게 하는

 

큰 인자가 되고 있다.

 

 

              解答 ④

 

 

 

2)

  서구화된 식생활 습관으로 육류와 유제품의 소비가 늘고 있다.

 

반면 우리 밥상에서 쌀이 차지하는 자리는 점점 줄고 있다. 매년 쌀

 

소비량이 줄어 농가에서 어려움을 호소하는 실정이다. 벼농사는 쌀

 

을 생산할 뿐 아니라 국토 환경과 사회를 유지시키는 중요한 기능

 

을 한다. 벼농사의 여러 이로움에 대해 깊이 생각해 보아야 할 때이

 

다.

 

 

                解答 ②

 

 

[5]

 

対話の後に男性がする行動

 

1)

남: 휴대폰을 신종으로 바꾸고 싶은데요.

 

여: 중시하고 있는 기능이 있으십니까?

 

남: 인터넷이 빨리 연결됐으면 좋겠고요, 사진을 많이 찍는 편이에요.

 

여: 한 보름만 더 참으시면 화질이 진짜 좋은 게 출시되는데.

 

남: 오길 했헸네요. 좋은 정보 감사합니다.

 

 

           解答 ①

 

 

2)

남: 많이 기다렸지? 늦어서 정말 미안해.

 

여: 너 지금 몇 신 줄 알아? 이게 벌써 몇 번째냐?

 

남: 넘 그러지마. 얼마나 헐레벌떡 뛰어왔는데.

 

여: 너 하나 때문에 우리 조가 또 꼴등이잖아.

 

남: 알았어. 대신 오늘 뒷정리는 나한테 맡겨.

 

여: 정말 정신 좀 똑바로 차려.

 

 

             解答 ①

 

 

3)

남: 노트 좀 잠깐만 보여 줄래?

 

여: 어, 여기 있어.

 

남: 필기 못한 게 꽤 있네.

 

남: 미안한데 내일 돌려주면 안 될까?

 

여: 시험이 모레라 그건 좀 곤란할 것 같은데.

 

남: 그렇겠지? 지금부터 서두를 테니까 조금만 기다려 줄래?

 

여: 하교 때까지만 돌려줘.

 

 

                  解答 ④ 

 

 

[6]

 남에게 싫은 소리를 듣는 것은 고통스럽다. 그 기분을 이해는하

 

지만 어른이라면 아이들에게 잘못이나 단점을 께닫도록 알려줘야

 

하는 경우가 있다.

 

 그러나 의외로 혼내기에 서툰 성인이 많다. 과도한 질책이나 꾸지

 

람도 문제지만 잘못을 가르치지 않는 것도 좌뇌의 성장 발달에 도

 

움이 되지는 않는다. 꾸지람이든 야단이든 기술이 필요한데 섣부

 

른 칭찬은 안 하느니만 못하며 잘못을 깨우치기 바라는 간절함에

 

장황하게 말하기 십상인데 그는 단지 긴 비난으로 받아들여지기

 

쉽다. 즉 혼낼지언정 화를 내서는 안되며 행동 그 자체만을 꼬집어

 

바로잡아 주는 것이 중요하다.

 

 

        【問1】 ①          【問2】 ②

 

 

[7]

 

남: 오늘 신문 봤어? 뛰어난 리더가 되려면 성과가 중요하대.

 

여: 성과보다는 그 구성원을 존중하는 것이 더 중요한 것 같은데?

 

남: 무슨 뜻이야?

 

여: 우리 연극과가 대회에서는 좋은 성과를 거두었지만 도중에 그

  만둔 사람도 있고 많이들 힘들어했잖아.

 

남: 결과를 위해서 어느 정도의 희생은 불가피한 게 아닐까? 의견

  을 일일이 듣다가 대회 못 나간 해도 있었잖아.

 

여: 그 때는 리더가 합리적으로 계획을 못 세웠기 때문이지. 리더

  는 모두에 동참을 이끌어 내는 힘도 있어야 한다고 봐.

 

남: 연습 과정에서 생기는 불만을 다 받아주면 부당한 요구까지 정

  당화될 수 있잖아.

 

 

     【問1】 ②         【問2】④

 

 

[8]

1) 어차피 자 혼자 가는데 (아무려면 어떻겠어요?)

        

 

            解答 ①

 

 

2)(그는 줏대도 있고 도량도 넓어) 모두에게 신뢰 받는 인격자예요.

 

 

            解答 ②

 

 

3) (선잠에서 깨서 그런지) 아이가 영 흥미를 못 느끼는 것 같았어요.

 

 

            解答 ④

 

 

4)그녀의 (혀를 내두를 정도의 말솜씨에) 모두들 말려들고 말았다.

 

    

            解答 ③

 




[2級・聞取試験の解説・講評]

 

 

―前回との比較―

 

<難易度>やや難。

 

<問題語数>前回並み。

 

<問題内容>前回と同じ。

 

 

 

 

当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。

 

 

 

 

おつかれさまでございました。もう復習は十分されましたか。

 

 

 

ハン検2級という上級試験を受けるに至るまで、

韓国語の学習と実用を粘り強く積み重ねてこられた今となっては、

2級のリスニング問題であっても、‘意味を持つ音’として耳に入ってくると思いますが、

やはりまず隅から隅まで理解できるようになりたいですから、

復習では一旦問いから離れ、問題音声の隅から隅まで確認することに努めたいです。

 

聞き取れた、あるいは聞き取れたと思っている語句や文についてもですね。

 

 

そして聞き取れなかった部分については、その理由を考えましょう。

「知らなかった」「知っていても音に付いていけなかった」などあると思いますが、

それら理由の中には、「周りがうるさかった」「ちょっとした雑音が聞こえた」も含まれます。

 

その後、これらを解決するための練習を積み重ねていきたいですね。

 

 

 

 

ところでこれは、設けていただいているこの解説の場で毎回書いていることで、

ハン検2級ともなると、語句を聞き取れるのみならず、

 

 

「リスニングの読解力」

 

 

を鍛えておきます。よく言われる「聴解力」のことですね。

 

‘聞いて分かる語句’を使って掴んだ内容を元に、

問いに答える作業を確実におこなうためには、リスニングであっても「読解力」が必要です。

 

 

〔リスニングの読解力 = 聴解力〕

 

 

を付ける練習を繰り返すんですね。

 

 

音がかたまりになって意味を持ち、それらが自分の中で一つの‘筋’になる領域まで、

リスニング力を高めていきましょう。

 

日本語ネイティブにとって、時に理不尽さすら感じる発音変化などがあっても、

他言語に比べればずっと楽なはずです。

 

 

 

そしてさらに、これは解説執筆者が2015年9月に参加した、

広島県福山市でのハンガンネットセミナー(通称:ハンセミ)で(寿香さん,ひさこ先生ありがとう!)、

阪堂千津子先生も、

 

 

「リスニングのコツ」

 

 

として教えてくださったことで、聞こえてくる1つ1つの単語や音声、

さらには音のかたまりが具体的に何なのか(どういう意味か)気になってしまい、

 

「あれ、今なんて言ったっけ?」

 

となると、後に聞いてすぐ分かる箇所があるかもしれないのに、それさえも逃してしまいます。

 

2級ともなると、単純に流れてくる語句の量も多いですし、その内容も複雑ですし、

そんな中で「全て聞き取れないと解いてはいけない」などと、

自身に‘縛り’なんかを設けると、解答自体ができません。

 

 

 

 

音声をただただ聞くのではなく、目的を持って必要な情報(ここでは[正答を出すための情報])を、

問題用紙にある選択肢を利用して選別し、背景知識を総動員して先を予測しながら、

特に私達日本語ネイティブにとって重要なことで、

 

 

「分からない音声(語句)が聞こえてきても最後まで我慢して聞く」

 

 

そして、大意を要約できるよう、何度も練習しておきたいですね。

 

 

解説執筆者も、ここで千津子先生が教えてくれたことを、

最近ですと、10月に受験したイタリア語検定5級でそれらを実践しました。

 

試験当日まで、正直リスニングを十分練習できなかったのに、

それで合格点が獲れましたしね。効果は絶大です。

 

 

 

ところで全く関係無い話で、試験中、音声で問題説明をされている方が急に気になってきました。

 

というのもあの方、解説執筆者の記憶が正しければ、

ハン検を受験し始めた1999年度からずっと担当されているんです。

 

その方に一度お目にかかりたいですね。結構感動するかもしれません(笑)

 

 

 

 

第1問・語句言い換え問題では、リスニング試験で重要中の重要作業である、

事前の選択肢チェックがどれくらいできたかを、よく振り返っておきましょう。

 

 

合否を分ける重要な作業です。

聞き取りでは1問2点ですから、ある意味筆記試験より1問1問にガチで取り組むべきです。

 

 

 

 

1)は前回の、

 

 

누가 그렇게 나올 줄 알았겠어요? 

 

 

に続き、反語表現が出題されました。

 

反語であることが分かれば、各選択肢の後半部分が肯定的な①②④が一気に消えますね。

 

 

 

次の2)では、結果論ですが 어수룩하다 の知識を訊かれています。

 

 

겉모습이나 언행이 치밀하지 못하여 순진하고 어설픈 데가 있다.

 

 

 

3)は常連さんの 오죽하다 ですね。これまた反語的な語です。

 

 

それらはそれらとして、聞こえてきた音を正答選択肢で言い換えられるのもさることながら、

‘聞いて分かる語句’を絶えず増やしておきたいですね。

 

 

 

 

では、第2問の会話文問題です。

 

 

前回の解説でも触れたことで、第2問の説明までに与えられている1分9秒という時間内で、

選択肢をチェックするというのはややキツいですが、正答を出すには欠かせない作業です。

 

淡々粛々とできるようにしておきたいです。

 

 

会話文問題の基本は、<同じ言葉/表現のやり取り>の原則に則った解答です。

 

 

 

1)で、②と④にすぐ目が留まったかを、解説執筆者的には振り返りたいですね。

もしそれができたら、これら2つは真っ先に消したはずです。

 

最終的に正解できればバンザイですし、不正解だったとしてもやり方は正しいわけですから、

次につながります。

 

 

 

2)は平易です。望ましい(というより、そうなった)内容の①を選びます。

 

 

 

語句的に「うっ!」とくる内容ではありますが、全体の難易度は前回並みです。

正答を導き出す過程がほぼ同じだからです。

 

 

 

 

続いて、第3問です。

 

 

1)の選択肢をチェックすると、②③④に 운동 がありますから、これらをマークしたいです。

絶対ではなく、さらにこれが結果論でもなんでもなく、よくある出題パターンです。

 

 

で、問題文はまず、筆者が家族で、自宅近くの湖公園へ散歩に行ったと語り、

このあたりは選択肢から十分想像できるとして、

 

 

걷기에도 별 어려움이 없고 경치도 좋아 가족 나들이에 안성맞춤이였다.

 

 

2級を目指す上で(1級も)聞いて理解できるようになりたい 안성맞춤 が聞こえてきましたが、

これと④の 일석이조 が結べそうです。

 

でも、文前半の 자연도 느끼며 と結ぶには弱いですね。

 

 

ちなみに、この時点で②は消えていますね。

もちろん、これは事前の選択肢チェックをした上での結果です。

 

そして、①が消えて③が消え、結局④が残りました。

 

 

 

基本的なリスニング力が十二分にあれば、ここまで神経質にならなくてもいいと思います。

 

 

 

続く2)の対話文問題は、これも前回同様女性の意見を選ぶ問題です。

女性の意見を選ぶわけですから、女性の発話に注意し、[意思]などが出ている文句を拾うんですね。

 

 

 

여:자기 분야의 전문가가 돼서 서로 배려하고 협력하면 더 발전할 수 있다고 전하고 싶네요.

 

≪自分の分野の専門家になって、互いに気を配り協力すれば、もっと成長できると伝えしたいです≫

 

 

 

語尾に反応して、「あ!ここだ!」と正答根拠をキャッチしましょう。

 

解答においては、全てを聞き取れなくても構いません。

もちろん、そこには優先順位が出てきはしますが。

 

 

 

 

それでは第4問です。

 

 

 

確認すべきは、聞いて分かる語句の量と共に、事前の選択肢チェックがどれくらいできたかです。

 

まず1)では、

 

 

 

① 편안한 생활을 위해 약간의 건강 상의 문제는 감수해야 한다.

 

≪楽な生活のために、少しくらいの健康上の問題は受け入れるべきだ≫

 

 

② 바깥 공기가 들어오지 않게 함으로써 보온을 지속시킬 수 있다.

 

≪外の空気が入らないようにすることで、保温を持続させることができる≫

 

 

③ 예로부터 우리 민족은 보온성이 뛰어난 기능성 옷으로 겨울을 났다.

 

≪昔から我が民族は保温性に優れた機能性の服で冬を過ごした≫

 

 

④ 살기 편해지면서 겨울 대비를 서두르는 사람들이 줄었다.

 

≪生活が楽になり冬対策に急ぐ人が減った≫

 

 

 

そして冒頭文がこう聞こえてきます。

 

 

의식주가 윤택해진 현대에 월동 준비란 급한 게 아니다.

 

≪衣食住が潤沢になった現代、越冬準備とは急ぐものではない≫

 

 

あら、聞いて分かる語句がありさえすれば、この部分が④と思いっきり同じだと分かってしまいます。

 

一方で、

 

 

하지만 편리함과 안락이라는 이면에는 건강상의 문제를 야기하기도 한다.

 

≪しかし便利さと安楽という2つの面には、健康上の問題を挙げたりもする≫

 

 

 

聞き取りでややキツい箇所ですが、何より 하지만 ではじまっていることに緊張します。

ここでカチっと頭を切り替えられたか振り返りましょう。

 

 

 

 

続く2)は難易度が高いと思います。

 

今ここで振り返れば、正解②以外は文中で触れていませんから×といえますが、

これを試験中にいえるかどうかは、一にも二にも事前の選択肢チェックです。

 

 

聴解では、先の問題にも通じることで、特に、

 

 

 

반면 우리 밥상에서 쌀이 차지하는 자리는 점점 줄고 있다.

 

≪反面、我々の食卓で米の占める位置がだんだん減ってきている≫

 

 

 

ここから、先に「リスニングの読解力」が問われます。

ここ以降を注意して聞いたかを振り返りましょう。

 

 

 

 

では第5問で、後に続く男性の行動を選ぶ問題です。

練習問題の他、TOPIKⅡにある同形式の問題も使って練習されてきたと思います。

 

 

 

1)は、前回同様平易です。

 

前半は単なる前振りで、女性の提案に、

 

 

남:오길 잘헸네요.좋은 정보 감사합니다.

 

 

と同意していますから①です。

 

 

 

2)は難しいでしょうか。それは、

 

 

여:너 하나 때문에 우리 조가 또 꼴등이잖아.

 

≪あんた1人のせいで、うちの組がまたビリじゃない≫

 

 

남:알았어.대신 오늘 뒷정리는 나한테 맡겨.

 

≪分かったよ。代わりに今日の後始末はおれに任せろ≫

 

 

 

ここで語句に惑わされる、この後どうするかをつかめるかです。

 

結果的に不正解だったとしても、1回目で②と③を一気に消せればOKでしょう。

これからの「ハングル」能力向上のためには、ですね。

 

 

 

 

では、第6問で、ここからは1つの問題文に、問いが2つ設けられている、緊張する問題です。

でも問いと選択肢が用意されているわけですから、メモといっても、その量は少なくなります。

 

 

ここでは、‘聞いて分かる語句’の量が十分あることを前提に、

1回の朗読で【問1】を解き、2回目で【問2】を解答するといいです。

 

もちろん、自信があれば、1回目で解いてしまいましょう。

 

 

 

問いは前回同様、

 

 

【問1】文のタイトル

 

【問2】内容一致

 

 

で、【問2】の選択肢が長いのがキツいです。

だからこそ、事前の選択肢チェックがどれだけできたかを振り返りましょう。

 

 

 

まず冒頭文に注意です。

 

 

 

남에게 싫은 소리를 듣는 것은 고통스롭다.

 

≪人にとって嫌なことを聞くのは苦痛である≫

 

 

 

前回の解説でもふれたことで、ここからどう聞いたかが気になるところです。

それはもちろん、語句的なことではないです。

 

‘どう聞いたか’は、言い換えれば‘どう考えながら聞いたか’といえて、

この解説冒頭で触れた、「リスニングのコツ」にも通じることです。

 

 

この問題については、その「リスニングのコツ」を総動員しなければなりません。

振り返ると、筆記問題用といっていい、耳で追いかけるのには難易度が高い文だからです。

 

 

 

で、【問1】の正答根拠は、

 

 

 

즉 혼낼지언정 화를 내서는 안되며 행동 그 자체만을 꼬집어 바로잡아 주는 것이 중요하다.

 

≪すなわち、痛い目に合わせるとしても怒ってはいけないし、行動それ自体を採り上げて直してあげる

 

ことが重要である≫

 

 

 

ここですが、즉 ではじまっていますから、その前文も重要ですね。

 

 

 

続く第7問でも、2つの問いに答えます。

 

 

【問1】女性の考えるリーダーの条件

 

【問2】内容一致

 

 

ここでも【問1】が分かりやすいですから、

 

「女性がリーダーという人のことについて語る」 「何が必要と言うだろう」

 

と事前準備をしながら、選択肢チェックをやっておきましょう。

 

 

 

【問1】は女性の発話に注意して聞きながら解答しますが、

どこで、正答根拠になりそうなことを語っているでしょうか。

 

このあたりは、前回と同じです。

 

 

 

여:성과보다는 그 구성원을 존중하는 것이 더 중요한 것 같은데?

 

≪成果より、そのメンバーのことを尊重するほうが大事って思うけど≫

 

 

여:그 때는 리더가 합리적으로 계획을 못 세웠기 때문이지.리더는 모두에 동참을 이끌어 내는

 

힘도 있어야 한다고 봐.

 

≪あの時(=人の意見をいちいち聞いて大会に出られなかった)は、リーダーが合理的に計画を立てれ

 

なかったからよ。リーダーってのは、関わっているみんなを引っ張っていく力も必要って思うわ≫

 

 

 

女性3つめの発話が長いですが、ここと②が一致します。

 

 

続く【問2】のために、ここは1回めの朗読で解きたいですね。

次の1級では、内容的難易度差はともかく、

同じ形式の問題を1回の朗読で解かなければならないからです。

 

 

 

 

では最後に、第8問の日訳問題です。

 

 

 

1)でまたまた反語表現が聞こえてきました。

文法を丁寧に押さえた上で、十分慣れておきましょう。

 

 

 

次の2)で訊かれているのは 줏대 です。

 

 

자기의 처지나 생각을 꿋꿋이 지키고 내세우는 기질이나 기풍.

 

 

②の「芯が強い」と合いますね。

 

 

 

そして4)は慣用句 혀를 내두르다 で、意味をきちんと問い質せば、

 

 

몹시 놀라거나 어이없어서 말을 못하다.

 

 

ですが、選択肢には幸い直訳の句がありますね。

 

 

 

2級試験が終了しました。

今回は、筆記・リスニング共に難易度が前回より上がりました。

 

 

 

 

次はいよいよ1級ですね。ぜひ挑戦しましょう。

 

1級に合格すれば、それ相当の韓国語能力が認められたことになるとは思いますが、

解説執筆者個人としては、

 

 

 

『ハン検1級に合格するまで韓国語学習を止めなかったという‘能力’が認められた』

 

 

と考えています。

 

 

日本語ネイティブの私達にとっては、英検,中検,仏検,伊検といった、

他言語の検定1級に比べれば手に入れやすいですから、

あとは本当に、「合格するまで受け続ける気持ち」だけが問われているといって過言ではないです。

 

 

 

 

解答速報はご覧になってくださっていても、答え合わせだけをしてこのサイトを閉じることなく、

この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。

本当にありがとうございます。

 

 

ちなみに、先にも書きましたが、この解説は速報という関係上、

厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。

 

本来はこの程度の解説に留めているのが執筆者の本意でなく、

より細かい項目についても具体的に書きたいんです。

 

 

通常は、こんな程度の解説や考察で留まりはしません。

ハン検2級という試験を、ここに綴られた範囲内で語れるはずがありませんからね。

 

あらゆる面での制限がどうしても存在してはしまいます。

 

 

 

おつかれさまでした。

 

三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-

 

試験の講評についてのお問い合わせは、ハングル語学堂・四日市校までご連絡下さい。

 

――――――――2級 解答 終わり―――――――― 

 

準2級・筆記

3 級・筆記

4 級・筆記

5 級・筆記

▲このページのトップへ

準2級・聞取

3 級・聞取

4 級・聞取

5 級・聞取




 第45回 秋季「ハングル」能力検定試験 解答速報  準2級

    筆記問題

[1] 1)①   2)③   3)①    

 

 

[2]   1)②    2)③    3)①    4)④    5)③

 

 

    6)④    7)②    8)①  

 

 

[3] 1)④  2)①  3)④  4)③  5)①  6)②

 

 

[4] 1)②  2)②  3)③  4)①  5)④  6)①

 

 

[5] 1)④  2)②  3)③

 

 

[6] 1)②  2)③  3)①  4)②

 

 

[7] 1)②  2)①  3)③

 

 

[8] 文章の日本語訳

 

 私は経営者として黄金採掘人の気持ちで職員に対します。黄金採掘

 

人が約0.0028キロの金を得ようとすれば土を数10トン掘り出さなければ

 

なりません。しかし黄金採掘人は土には関心がなく、彼の気持ちはひた

 

すら0.0028キロの黄金に集中します。それで黄金を手に入れることがで

 

きます。人間はだれでも長所と短所がありますが大部分は人の長所よ

 

り短所に集中します。黄金採掘人に比喩すれば金より土により大きな

 

関心を傾けるのと同じことです。しかし人間関係が良い人は長所に集

 

中します。全ての人を肯定的に見ることができるのでどんな人とも金の

 

ような人間関係を作ることができます。

 

 

       【問1】④         【問2】③ 

 

 

 

[9] 対話文の日本語訳

 

 A:共働きなさっていますが料理はだれがしますか。

 

 B:料理は主に私がして皿洗いは夫ばします。

 

 A:では掃除と洗濯は?

 

 B:掃除は一緒にして洗濯は洗濯機がするから私が入れるだけします。

 

 A:でも洗濯も終わればしわを広げて干さなければならないし、

   また乾いたら取り込んで畳まなくちゃいけないじゃないですか。

 

 B:そんなことは適当に手があいた人がしています。

 

 A:本当に家事の分担がうまくできていますね。ご主人が本当にやさしいみたいですね。

 

 B:そうでもないです。私が毎日小言を言うので無理やりするんですよ。

 

 A:小言を言っても聞いたふりしない夫も多いのに。幸せなんですね。

 

 

            【問1】①            【問2】③    

 

 

 

[10] 本文の日本語訳

 

 映画「アバター」の監督ジェームズ・キャメロンが無名の時だった。彼

 

は有名な映画製作者に会った。ハリウッドでも大層な影響力がある製

 

作者なので、長くくっついて話をすることはできなかった。それで彼は自

 

分の貴重なシナリオを見せてあげて言った。

 

 「あなたにシナリオを1ドルで売ります。」

 

 この風変わりな提案に製作者が関心を見せた。彼は機会を逃さず一

 

つの条件を付け加えた。自分が監督を受け持つということであった。

 

(そうして)誕生した映画がまさしく「ターミネーター」である。その後「タイ

 

タニック」「アバター」を製作しハリウッドの代表監督になった。

 

 

        【問1】 ④           【問2】 ③

 

 

 

[11] 1)③     2)②     3)②     4)④

 

 

[12] 1)③     2)①     3)②     4)①





[準2級・筆記試験の解説・講評]

 

 

―前回との比較―

 

<難易度>やや難化。

 

<問題語数>前回並み。

 

<問題内容>前回と同様。

 

 

 

 

当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。

 

 

 

 

여러분,안녕하십니까?

 

 

 

ハン検も準2級となると、学ぶ韓国語の内容も深くなってきますね。

 

それだけ、学んで身に付けるべき項目が多くなり、

特に韓国語と酷似した日本語を母語としている自分達にとっては、

日本語の事情とずれるケースが増えてきます。

 

 

 

これだけ似ていてもやはり外国語ですから、それは避けられませんが、

そのような事情も踏まえて、学習がここまで進んでくると、外国語を学んでいる者として、

あるいは日本人として、

 

 

 

『何が常識で、何が非常識かが揺れ動く』

 

 

 

そのような段階に進んできたと思います。

 

 

英語をはじめとした他言語を学習する場合は、始めて間もなくそのようなことに多々出くわしますが、

日本語ネイティブにとっての韓国語の場合、このあたりから本格的にそうなります。

 

それでもまだ、他言語に比べれば‘激似’ですけどね。

他言語より、日本語の事情が圧倒的に多く通じでしまいます。

 

 

 

 

韓国語学習における一つの到達点といえて、‘完全なる日常会話レベル’を求めてくる、

このハン検準2級受験を機に、日本語ネイティブが持つ常識に疑問を投げかけもしながら、

ご自身にとっての韓国語の世界を、もっともっと広げていきましょう!!

 

 

 

協会が早く正答を発表することにしたのに合わせ、執筆時間がキツキツなので、

あまり突っ込めていない部分もありますが、今回の出題を振り返っていきます。

 

 

 

 

第1問の音声問題で取り上げられた主たる項目は、

 

 

二重パッチムにおけるパッチムの子音化・ㄴ挿入+流音化・ㄴ挿入+鼻音化

 

 

です。準2級・発音問題では、今やおなじみのものですね。

 

 

前回は、

 

ㄴ挿入+鼻音化・ㄴ挿入+流音化・ㄹパッチムで終わる数詞による濃音化

 

で、準2級では ㄴ挿入が出るとほぼ分かっているわけですから、

問題を解けるだけでなく、普通に聞いて話せるようにもしておきましょう。

 

 

 

今回採用された語句は、発音問題では全て初登場でも、

問われていることは常に同じですから、柔軟に対応したいですね。

 

 

 

1)の 넋 で、この語が ㄳパッチムを持っているのは、

日本語でいう「魂」を、 綴りと音で伝えるための‘工夫’です。

 

 

 

ここで毎回出てくる話で、準2級の発音問題では単に発音規則だけでなく、

語彙力も訊かれます。

 

それを、発音問題を通じても手に入れるキーワードは、

 

 

 

〘「音のつながり」より「語のつながり」〙

 

 

 

というものです。

 

 

これは前回から今回の間に、新たに定義したことですが、

解説執筆者が知る限り、「音のつながり」にばかり目を向けていらっしゃる方がほとんどです。

 

 

ハン検では、準2級までの各級で発音ルールを問うてきているわけですが、

全体の区分と出題傾向を見れば、韓国語の発音ルールについては、3級の段階で終了していて、

この準2級では、先の「語のつながり」を通じた語彙力を主に訊いているといって過言ではありません。

 

 

それと共に、毎回触れていることで、

韓国語の各発音ルールを‘ただのルール’として押さえないことも重要です。

 

 

韓国語の各発音ルールが織りなす、

 

 

〔音で意味を伝えるということ〕

 

 

に、より一歩入ってみましょう。全てに納得がいきますよ。

 

 

 

 

続く第2問の語彙問題は、さすがに準2級ともなると、再登場率は低くなります。

ここでのデータベースも、追加されていくばかりです。

 

 

1)の ㅈ ではじまる各語も、現出題基準になった第26回以降で、

たった7語しか出ていないので(語彙問題として)、これらも全て初登場です。

 

 

続く3)なんかは、きちんと覚えていないと惑わされますね。

ふたを開ければ単純です。

 

あと6)の正答語なんかはぜひ覚えましょう。知っておくと便利です。

 

 

 

一方で、成語・ことわざはさすがに再登場率が高いです。

5)④ 심사숙고 は、今回5回めですからね(30回,34回,35回,42回,45回)。

 

 

 

 

準2級で出題される語句は、覚えて定着させるまでが大変で、

一方で、これらを実際に使えるところまでいくと、自身の‘韓国語生活’が一気に花開きます。

 

今回の出題でそれを実感するのは、先の6)の正答語で、

これもはじめに確認した、‘完全な日常会話レベル’を求めているからこそですが、

これらを習得するにおいて、解説執筆者も自戒の念を込めて、

[きちんと書く] [声に出して発音する] [覚えている度合によってまとめる] など、

 

 

「当たり前のことを当たり前にやる」

 

 

を今一度問い質したいですね。

 

 

そして、この学習で持っているべき姿勢は、前回の解説でも書いた、

 

 

 

우회로가 지름길이다.

 

 

 

です。

 

 

今やあらゆる場面で、過程をすっ飛ばして結果を得ることができる世の中になったからこそ、

このことはとても貴重に思えてきますし、解説執筆者はいつもこの言葉を頭の中で唱えて、

学び場で共有しています。

 

 

 

 

では、第3問の接続表現問題です。

 

 

接続表現は文法を主に司っていますが、日本における韓国語の世界では、長らく、

 

 

〔韓国語文法  =  該当する訳を暗記すること〕

 

 

とされています。

 

 

それで話せて書けて、そして試験解答できれば、まずはOKですね。

まずはそれらができるようにしたいからです。

 

一方で、ハン検準2級受験という段階に来て、これだけ多様になった各接続表現を、

[該当する訳を暗記する]形で、無秩序に一語句一対応で押さえていくのは、

そろそろ限界かと思います。

 

 

身に付けるべき事が無秩序になるならば、そこに秩序を設けようということで、

ここではいつも、俗に言う‘文脈’に着目しています。

 

例えば、

 

 

 

≪「ふじポン」こと藤井香子[こうこ]ちゃんは、岩手のローカルタレントと(     )、

 

三重に住む私は、彼女のことを知っています。≫

 

 

 

とあれば、(     )に 「いわれていますが」 とは入っても、

「いわれているので」 「いわれているし」 とは普通に考えて入りません。

 

 

ここにある、本当に俗にいうところの‘文脈’とは、

字の如く「語のつながり」であり、それが固まって「文の流れ」のことをいいますが、

それは数限り無くありそうで、たった4つしかありません。

 

そして事実上、さらに絞られて3つになります。

 

 

 

(イコール関係 <前文 = 後文>)

 

 

反対関係 <前文 ⇔ 後文>

 

 

累加関係 <前文 + 後文>

 

 

因果関係 <前文 → 後文>

 

 

 

‘文法だ’と思っている無秩序な知識の羅列から離れ、文法というものを真に捉えるために、

先に挙げられた4つの‘文脈’を大いに利用したいんです。

 

これはさらに、韓国語に限らず、他言語にも使える捉え方です。

 

 

ある方曰く、

 

 

 

「世間に流布した「文法」に関する誤解を解かないと、本当に取り返しのつかないことになる」

 

「人々が文法だと思っている無秩序な知識の羅列は、文法でもなんでもないということだよ」

 

「①コンパクトで統一されている ②例外が少なく、あっても対処しやすい ③融通が利く」

 

「〔抽象化〕と〔やじろべえの精神〕」

 

 

 

この解説で語っている者の言葉だけですと、いまいち信頼性に欠けますから(苦笑)、

賢い人が伝えてくださったこれらの教えを、これをご覧くださった皆さまと共有したいと思います。

 

 

まず1)の助詞問題で、치고 は<反対関係>を結ぶと押さえましょう。

(  12  )を挟んだ 신입 사원 と 보고서를 잘 작성했다 に<反対>の文脈が見えます。

 

 

 

続く2)は④以外が引用形になっていますが、

개발하다 の主語が1人称複数であることに合わせればOKです(우리하고 같이)。

 

 

そして4)も、結局<因果関係>です。

 

 

값도 싼 데다가 맛도 좋다  →  <因果関係[理由]>  →  소문나다

 

 

 

この文脈を作るのが、選択肢中では助詞 (으)로 ですね。

 

ちなみに、この (으)로 が[手段][道具][決定]などで使われても、元を質せば<因果関係>で、

根本部分は全て同じです。

 

 

 

そして5)は 가다 の主語はBで、これを肯定していることに合わせます。

 

 

 

 

ところで、ここでの解説では、各接続表現に該当する訳が一つも出てきていません。

 

これは解説執筆者の個人的好みで、同時に他言語へ賢くアクセスするための概念でもあり、

一方で、先の‘賢い人の言葉’を元に、自信を持ってお送りしたい

‘韓国語文法の捉え方’でもあります。

 

それでもあくまで、はじめに確認しましたように、訳で解ければOKです。

 

 

 

 

では、第4問の入れ換え問題で、1)は前の 성과[成果] を目的語にできる語となれば、

選択肢では 거두다 ですから②を選び、

2)は平易で、いわゆる「夜を‘明かす’です」。

 

 

そして3)では、④ですとキスみたいになってしまいますのでそれは避けて、

머리 や 코 でもOKな中、③を選びます。

 

 

4)は常連さんで、5)は要するに「簡単だ」ということですね。

 

 

 

 

では第5問の同義語問題で、1)では、바람을 쐬다 を知っていたいです。

これまたハン検での常連さんです。

 

 

次の 부리다 も必須です。

 

 

행동이나 성질 따위를 계속 드러내거나 보이다.

 

 

全てこの意味で当てはまります。もう 국어사전 はお使いですか?

 

 

あと、3)③ 잡히다 のコアイメージは[沈着]です。

 

 

 

 

続いて、第6問の会話文問題で、

会話自体がコンパクトになりました。ひと昔前のようです。

 

接続表現問題で確認したことを、この会話文問題でもそのまま採り入れます。

 

 

 

どれをチェックしようかと思い、3)を見てみます。

 

こういう、基本語が並んでいるのは逆に手ごわいもので、

こういう時こそ‘文脈’に敏感になりましょう。

 

 

(  29  )を挟んで、A2つめの発話と<因果関係>で結べる文句を選びます。

 

それもさることながら、A1つめの発話が、

 

 

 

 A:언제 국수 멱여 줄 거야?

 

 

 

とあって、A2つめに 선을 보다 とあるなら、국수 がまんま「スープ」じゃないやろなと、

予想できると思います。

 

 

선을 보다 という慣用句は常連さんなので知っておきたいんですが、

実際にA1つめにも慣用句が入っていて、

 

 

결혼식 피로연에서 흔히 국수를 대접하는 데서,결혼식을 올리는 일을 비유적으로 이르는 말.

 

 

という意味です。

 

 

これを踏まえて、(  29  )を挟んで、A2つめの発話と<因果関係>で結べる文句を選びます。

1つしか残りませんよね。

 

 

 

 

ではいよいよ、第8問~第10問の文章問題を見てみます。

 

文章問題に取り組む時の原則として、‘問いを先に読む’というのがあります。

今回ですと、

 

 

 

第8問

 

【問2】インタビューの内容

 

 

第9問

 

【問2】対話のテーマ

 

 

第10問

 

【問2】記事の題名

 

 

 

で、これから自分が読む文章の内容がおぼろげでも分かりますよね。

 

今回は挿入文問題が出されませんでした。

 

 

 

 

執筆時間の都合上全ては見れませんが、まず第8問の【問2】を確認します。

 

インタビュー内容を選ぶということですが、

これからの2級,1級そしてTOPIKⅡにつながる解法として、

ここでは試験会場で、先に選択肢を見たかを振り返りましょう。

 

 

 

① 보석을 찾아내는 법  ≪宝石を探し出す方法≫

 

② 자기 자신의 성격  ≪自分自身の性格≫

 

③ 종업원을 대하는 법  ≪従業員に相対する方法≫

 

④ 가장 큰 관심사  ≪一番の関心事≫

 

 

 

内容がバラバラであっても、これから読む問題文を、これだけでもなんとなく分かります。

 

 

で、問題文を順追って読んでいきますと、主語(文の主)は 경영자[経営者] だそうで、

正答根拠はここで出てきます。

 

 

 

인간은 누구나 장점과 단점이 있는데 대부분은 남의 장점보다 단점에 집중해요.

 

≪人間には誰もが長所と短所がありますが、大部分は人の長所より短所に目を向けます≫

 

 

 

もうここで判断してしまって構いませんね。

 

 

 

 

続いて、第9問【問2】です。

 

対話内容を選ぶということで、ここもここで先に選択肢をチェックします。

 

 

 

① 아내에 대한 불만  ≪妻に対する不満≫

 

② 맞벌이 부부의 수입  ≪共働き夫婦の収入≫

 

③ 맞벌이 부부의 가사 분담  ≪共働き夫婦の家事分担≫

 

④ 남편이 좋아하는 집안일  ≪夫が好きな家事≫

 

 

 

どうやら夫婦生活か何かについて語り合うようです。

 

 

 

はじめに、Bが共働きという夫婦がそれぞれ担当している家事について語っていますね。

 

で、一貫してこれについて語っているので、収入に触れてはいませんし、

夫の好きな家事も言っておらず、妻は不満という不満も別に言っていません。

 

ふたを開ければ平易です。

 

 

 

 

そして第10問で、【問1】を見てみます。

 

(  38  )直後が 탄생한 と、用言の連体形になっているので、

ここを見ただけで解答はできそうです。

 

탄생하다 は知っていると思います。取っ付きやすい漢字語ですしね。

 

 

でもそれだけで解答してしまうのはダメですね。きちんと読んで解答しましょう。

④かもと思っておいて、読解をスタートさせるのはいいと思います。

 

 

 

内容は、ジェームス・キャメロン(James Cameron)監督の話で、

映画監督として有名になっていく経緯が語られます。

 

自分のシナリオを1ドルで売る代わりに、自分に監督をさせるという条件を付け加えたんですね。

 

 

その時系列を順追って示し、

 

 

(  38  )탄생한 영화가 바로‘터미네이터’이다.

 

≪(  38  )誕生した映画が、まさに「ターミネーター」である≫

 

 

 

と提示しているとなれば、④の 그렇게 ですね。

①や③のように、ここに至る時間的感覚が短いわけでもありません。

 

 

問題文を読まず、日本語にも通じる〔副詞 + 連体形 + 名詞〕で答えるというのは、

時間が無い時の最終手段です。

 

 

 

ちなみに、「ターミネーター(The terminator)」は「終結させる者」ですね。

 

termから派生した語で、原義が[(時間的・空間的・条件的)限界]を意味しています。

「ターミナル(terminal)」も同じで、なので「終着駅」ですし、

もっと目を転じれば、おフランスで「終える,終わらせる(끝내다)」は terminer です。

 

 

 

 

では、最後の翻訳問題です。

 

韓日訳で、これから2級,1級も受験しようという方は、

1)の 우습게 보다 をチェックしておくべきです。

 

解説執筆者が受験していた時から見る常連さんで、

かつては2級・翻訳問題で見たことがあります(当時は記述式)。

 

 

 

そして2)が的中して、3)にある 정신[精神]をもう一歩深く解釈しておきましょう。

 

日本語でいう「精神」の他に、

 

 

1.사물을 느끼고 생각하며 판단하는 능력.또는 그런 작용.

 

2.마음의 자세나 태도

 

 

という意味があり、ここでは1.で、どちらかいうと「正気」です。

 

 

 

そして日韓訳で、1)では要は 알다 とそれを止める(말다)が揺れ動いているわけです。

 

④は 멀다 がありますから、알다 にも至っていませんね。

아직 멀었어요.と同じイメージです。

 

 

次の「~しっぱなし」はぜひ韓国語で解釈できるようにしておきたいですし、

3)では、問題作成者の苦心を感じます。

 

正答①は、ほぼこのままの実用例があります。

 

 

 

今回の3)4)のように、自身の推量や事の時系列をより詳しく言えることを、

準2級では求められていると言ってもいいです。

 

 

 

 

前回の解説でも触れたことで、3級から準2級にステップアップし、

この翻訳問題で見えてくる違いとしては、3級に比べると、

 

 

〔日本語が逆に正解を遠ざけてしまう〕

 

 

ということです。

 

 

「トウミ」「トハギ」や辞書に載っている訳そのままで出題されることが皆無な中、

そこから一歩前に出た解釈ができてこそ、正答に近づくわけですね。

 

 

 

そういう意味では、翻訳そのもの楽しさを味わうためにも、やはり自分の手で訳すようにしたいです。

 

なので、解説執筆者個人としては、この問題が記述式だった時代が懐かしいですが、

特に日韓訳では、あれこれ考えながら、少しでも忠実かつ自然な訳ができるように、

繰り返し練習したいです。

 

 

 

よくよく考えると、韓日訳はそんなに難しくないんですね。

 

私達が韓国語を学ぶ時、普通韓国語を日訳して解釈し、学習するからです。

これがいざ日韓訳になると勝手が違ってきます。

 

正直、他言語に訳す程ではありませんが、頭の体操にもなります。

 

 

 

 

ということで、準2級・筆記問題を見てきました。

 

受験されて、どのような感想をお持ちですか。

今回が2回目,3回目という方もおられるでしょうね。

解説執筆者も、準2級に合格するまで3回かかりました。

 

 

 

これは「ハン検準2級ジャーナル」でも語られていることで、ハン検では3級から準2級の間が、

ある意味最大の壁かもしれません。

 

その上の準2級と2級、さらに2級と1級の方が、難易度だけでいえば開きはありますが、

準2級に合格できれば、それだけの地力が付いたといえるので、

イメージとしての壁は3級と準2級の差が一番だと思っています。

 

でもそれは一方で、韓国語でできる事が格段に広がるので、一気に楽しくなってきます。

そこにハン検準2級への挑戦の甲斐を感じてみるのはいかがでしょうか。

 

 

 

 

解答速報はご覧になってくださっていても、答え合わせだけをしてこのサイトを閉じることなく、

この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。

本当にありがとうございます。

 

 

ちなみに、この解説は解答速報という関係上、

厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。

 

今や、協会の正答発表と競争している状態ですしね。

 

 

本来はこの程度の解説に留めているのが執筆者の本意でなく、

より細かい項目についても具体的に書きたいんです。

 

 

通常は、こんな程度の解説や考察で留まりはしません。

やはり‘準2級’だからですね。

 

あらゆる面での制限がどうしても存在してしまいます。

 

ただ、このように物理的限界があっても、

協会発行の過去問題集はもちろんのこと、市販の問題集よりも仔細に観察しているつもりです。

 

 

 

おつかれさまでした。



三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-


試験の講評についてのお問い合わせは、ハングル語学堂・四日市校までご連絡下さい。

準2級・筆記

3 級・筆記

4 級・筆記

5 級・筆記

▲このページのトップへ

準2級・聞取

3 級・聞取

4 級・聞取

5 級・聞取



 第45回 秋季「ハングル」能力検定試験 解答速報  準2級

   聞取問題

[1] 応答文を選ぶ

 

  1)  오랜만에 만났는데 제가 한잔 더 따라 드리죠.

 

  ①걱정 마세요. 혼자 갈 수 있어요.

 

 ②아니요, 여기서 또 마시면 집에 못 가요.

 

 ③됐어요. 따라오지 마세요.

 

 ④아닙니다. 제가 따라가겠습니다.

 

 

              解答 ②

 

 

 

 2)   아무래도 나 배탈 난 것 같아요.

 

 ①왜요? 뭘 드셨는데요?

 

 ②전 돈이 들어도 비행기 타고 갈게요.

 

 ③멀미약이 있어요. 얼른 먹어요.

 

 ④메스껍지는 않으실 거에요.

 

 

              解答 ①

 

 

 

3)영숙 씨, 오늘 입은 재킷 너무 멋지네요. 명품이죠?

 

 ①마음에 드신다면 쓰고 가세요.

 

 ②오래 입을 생각으로 투자를 좀 했죠.

 

 ③저도 한번 입어봤으면 좋겠어요.

 

 ④자기 몸에 잘 맞췄대요.

 

 

              解答 ②

 

 

 

4)여보세요, 영업날이 언젠지 알고 싶은데요.

 

 ①그건 기업 비밀이라서 말씀드릴 수 없습니다.

 

 ②네, 기다리겠으니 꼭 오십시오.

 

 ③저희 회사는 연중 무휴에 24시간 영업입니다.

 

 ④2005년 9월입니다. 올해17주년을 맞이했습니다.

 

 

         解答 ③

 

 

 

[2] 文の内容を表すもの

 

1)잔치 준비는 빈틈이 없어야 합니다.

 

 

        解答 ③

 

 

2) 더 이상 말해 봐야 입만 아파요.

 

  

                解答 ②

 

    

3)  회사에 손발이 묶여서 여가를 즐길 시간도 없어요.

    

 

                解答 ①

 

    

4) 이걸로 발등의 불부터 먼저 끄세요.

 

 

        解答 ①

 

 

[3] 1) 何の広告か

 

 매년 반복되는 콧물, 재채기,가려움, 눈물. 생각만해도 싫으시죠?

 

그래서 세계의 많은 사람들이 알레르기엔 바로 이것을 찾습니다.

 

알레르기 증상이 보이면 가까운 약국에서 구입하세요.

 

            

         解答 ②

 

 

2)一致するもの

 

 지난해 아동문학상을 수상한 이 창작 동화는 치열한 경쟁 속에 살

 

아가는 아이들에게 건네는 위로와 신나는 이야기를 담았습니다. 주

 

인공 단비는 어느날 수수께끼가 많이 숨겨져 있는 곳으로 초대받게

 

되는데... 초등학교 3,4학년 아이들이 읽었으면 좋겠습니다.

  

                  

          解答 ④

 

 

3)何について話しているか

 

남: 전에는 겉모습만 봐도 금방 한국인인 줄 알 수 있었죠.

 

여: 네, 한국사람은 밝은 색 옷을 좋아하고 야구모자도 잘 썼어요.

 

남: 여자들은 화장이나 머리 스타일만 보고도 알 수 있었죠.

 

여: 그러나 지금은 일본사람과 별로 차이가 없는 것 같아요.

 

 

        解答 ②

 

 

4)内容と一致するもの

 

남: 왜 혼자 이삿짐 나르고 계세요? 남동생은요?

 

여: 오늘 이사하는 줄을 알면서도 모르는 척하더라고요.

 

남: 정말요? 누나가 이사하는데?

 

여: 걔는 자기 일이 아니면 손하나 까딱하지 않거든요.

 

 

        解答 ③

 

 

[4]  

1)内容と一致するもの

           

 인터넷으로 물건을 주문하면 그 다음날에 신속히 배달되는 경우

 

가 많습니다. 어쩌다 배달이 늦어지면 그 회사 전화통에 불이 날지

 

도 몰라요. 빨리 물건을 보내 달라는 고객들의 요청 때문에 말이죠.

 

 

① 인터넷 쇼핑이 인기가 있다.

 

② 배달이 늦어진 탓에 불에 탄 회사가 있다.

 

③ 고객들은 재빨리 물건을 보내 주기를 바란다.

 

④ 인터넷보다 전화로 주문하는 것이 더 편리하다.

 

 

       解答 ③

 

 

2) 何を説明しているか

 

 마른오징어는 구어서 술안주로 쓰면 일품이다. 마른오징어를 구울

 

때 물에 살짝 씻어서 약간의 소금을 발라 구우면 깨끗하고 맛도 좋

 

다. 너무 딱딱한 오징어는 술에 적셔 하룻밤 두었다가 먹으면 연해

 

지고 맛도 좋아진다.  

 

  

 ① 술에 오징어를 적시는 방법

 

 ② 마른오징어를 맛있게 먹는 방법

 

 ③ 일품 술안주를 고르는 방법

 

 ④ 맛 좋은 오징어를 구하는 방법

 

 

      解答 ②

 

 

3) 対話はどこで行われているのか

 

 남: 이 근처에서 하숙을 하려고 하는데요.

  

 여: 마침 길 건너에 깨끗한 방이 하나 나왔어요.

 

 남: 하숙비는 얼마입니까?

 

 여: 지은 지 얼마 안된 데다 독방이라서 좀 비싸요.

 

 

 ① 여관      ② 슈퍼마켓     ③ 우체국     ④ 부동산

 

 

               解答 ④

 

 

4) 内容に一致するもの

 

남: 엄마, 제가 잘못했어요. 그만 화 푸세요.

 

여: 화를 내는 게 아니야. 속상해서 그래.

 

남: 금방 갚을 거예요. 다시는 안 꿀게요.

 

여: 앞으로는 돈이 필요하면 엄마한테 말해, 알았지?

 

 

 ① 아들은 친구에게 돈을 빌려주었다.

 

 ② 아들은 남에게 돈을 빌렸다.

 

 ③ 어머니는 아들의 생각을 이해하지 못한다.

 

 ④ 어머니는 아들에게 돈을 주고 싶지 않다.

 

 

               解答 ②

 

 

[5]  日本語訳を選ぶ

 

1) 어색한 변명을 [늘어놓는 걸 보니] 더 수상하구나.

          

         解答 ④

    

           

2)실수 하나 한 걸 가지고 [트집 잡지 마.]

    

        解答 ②

 

3)

 남: 저 먼저 일어나겠습니다.

 

  여: 야, 앉아. 너 때문에 [분위기 깨지잖아.]

 

        解答 ④

 

4) 

 남: 당신이 나서서 될 일 아니니 조금만 기다려 봐.

 

 여: [어떻게 그냥 기다릴 수 있어요?]   

 

        解答 ③




[準2級・聞取試験の解説・講評]

 

―前回との比較―

 

<難易度>前回並み。

 

<問題量>前回並み。

 

<問題内容>前回と同じ。

 

 

 

 

当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。

 

 

 

 

今回の準2級・聞き取り問題を、どれくらい実感を込めて解答できましたか。

 

筆記の解説でも確認した、‘完全な日常会話レベル’を問われるので、

あれだけの内容になるんですね。

 

 

‘韓国語ぺラぺ~ラ’のためには、どのみちあの内容を普通に聞くレベルになりたい、

いや、ならなければならないので、それはそれでやりがいを感じる分、

時に途方もないことに挑戦しているようで、気持ちが萎えたりもします。

 

 

 

ハン検準2級で設定されているレベルだからこその、‘聞いて分かる語句’の量と、

ここで‘リスニングの読解力’と呼んでいる、聞こえてきた音を意味の流れとして捉えられる力を、

どうやれば手に入れられるかを、今回の受験を機に今一度考えたいですね。

 

ハン検準2級以上では、リスニング練習において、あらゆる意味でその量と、

さらに質も求められてくるからです。

 

 

 

さらに試験問題解答では、問いに対して答えるという作業が別途あるので、

 

 

 

〔正答を出すための聞き方〕

 

 

 

も同時に磨いていきましょう。

 

 

 

1.聞いて分かる語句の量を増やす(音読・シャドーイング・ディクテーション)

 

2.「リスニングの読解力」を鍛える(聞こえてきた音に‘文脈’が見えるようにする)

 

3.聞きながら正答を導き出すための作業法

 

 

 

これらの3.に該当することで、解説執筆者が2015年9月に参加した、

広島県福山市でのハンガンネットセミナー(通称:ハンセミ)で(寿香さん,ひさこ先生ありがとう!)、

阪堂千津子先生も、

 

 

「リスニングのコツ」

 

 

として教えてくださったこととして、聞こえてくる1つ1つの単語や音声、

さらには音のかたまりが具体的に何なのか(どういう意味か)気になってしまい、

 

「あれ、今なんて言ったっけ?」

 

となると、後に聞いてすぐ分かる箇所があるかもしれないのに、それさえも逃してしまいます。

 

 

 

音声をただただ聞くのではなく、目的を持って必要な情報(ここでは[正答を出すための情報])を、

問題用紙にある選択肢を利用して選別し、背景知識を総動員して先を予測しながら、

特に私達日本語ネイティブにとって重要なことで、

 

 

「分からない音声(語句)が聞こえてきても最後まで我慢して聞く」

 

 

そして、大意を要約できるよう、何度も練習しておきたいですね。

 

 

解説執筆者も、ここで千津子先生が教えてくれたことを、

最近ですと、10月に受験したイタリア語検定5級で実践しました。

 

試験当日まで、正直リスニングを十分練習できておらず、ほぼ単語単位での聞き取りだったのに、

ハンセミで学んだことをそのまま使い、合格点を獲ることができましたしね。

 

 

 

これから2級,1級と受験し、同時にTOPIKなども受験する時に、

これらのことを踏まえて、十分練習しておきましょう。

 

 

 

前回の解説でも確認した通り、リスニング試験での合い言葉は、

 

 

 

「‘聞かされる’のではなく‘聞く’」

 

 

 

です。

 

 

 

 

第1問の応答問題は、会話における<同じ言葉/表現のやり取り>の原則を使います。

 

 

 

1)では 따르다 が聞こえてきますが、한잔 が意味を決めていますね。

会話の王道である問答になっていませんが、ここはこれで答えるという問題です。

 

 

『文脈が語の意味を決定する』

 

 

ことを、先の「リスニングのコツ」なんかも合わせて確認し、駆使できるようにしましょう。

 

いい意味で、所詮日本語と同じ語順で聞こえてくるんですから、なんのことはありません。

 

 

 

2)も語彙単位の問題で、発音変化を問われていますね。

 

 

배탈 나다<배탈 라다>

 

 

で、③ではないですね。これですと 배멀미가 나다 です。

 

 

 

そして3)では、男性の発話中に分かりくい語句が聞こえてきても、입은 で分かりますし、

女性は、自身が訊かれた、

 

 

 

명품이죠?  ≪ブランド品ですよね?≫

 

 

 

に答える義務があります。

 

 

で、ふたを開けると、입은 と文句の主語で答えるという問題です。

 

 

ところで、その分かりにくい語句についてで、よく聞いてみると確かに、

発音担当の李㦳彧[이재욱]先生は、語頭を濁音で発していないので、

제/재 なのか 체/채 なのか判断しかねます。

 

それでも、입은 から 재킷[jacket]だと判断できます。

 

 

 

余談で、李㦳彧先生はかつてNHKラジオ講座も担当されていました。

解説執筆者も、応用編講座を1つ受講したことがありますが、

この方も長いですねぇ。

 

お声はほとんど変わっていません。

 

 

 

 

難易度は今回も前回並みで、4)では鼻音についていけるか(영업날)といった出題もあり、

どちらかというと、音で語彙と文法をキャッチできるかを測る問題構成です。

 

でも、それらは<同じ言葉/表現のやり取り>の原則の中で一つの流れを作っていて、

これも世にいう‘文脈’です。

 

 

 

 

それでは、第2問の句置き換え問題です。

 

事前選択肢チェックの精度が試されます。

問題文が、20秒ごとに次から次へと読まれますからね。

 

 

 

1)では、잔치 と 빈틈이 없다 を聞き取るもので、

잔치 は、最近 돌잔치 が、韓国独特の風習としてよく紹介されています。

 

 

 

続く2)は、まあこの文句自体が決まり文句でもあり、まんま知っていれば正解できます。

입만 아프다 は何ですかという問題です。

 

 

 

そして3)の 손발이 묶이다 は常連さんなので、正直聞き取りでも筆記でも正解すべきで、

最後の4)はやや難しいでしょうか。

 

발등의 불을 끄다 を訊いています。

いっそのこと、直訳からイメージできるようにもしましょう。

 

 

 

難易度的には前回並みですね。

 

ここまでくると慣用句などが豊富で、ここでも的中をなかなか出せませんが、

粘り強く押さえていきましょう。実際に使えたら最高ですね。

 

 

 

 

では第3問の、短めの対話文と文章を聞き取る問題です。

 

 

読解問題でいうリード的なことが問いに書いてありますので、

この問題まで進むまでに、合間合間できちんとチェックしておきましょう。

 

もちろん、各選択肢のチェックはいうまでもありません。

 

 

 

1)では広告を選ぶということですが、ハン検・TOPIK問わず、よく扱われる内容です。

 

알레르기[Allergie(元はドイツ語でギリシャ語の合成語)]が何度も聞こえてきて、

最後に、

 

 

가까운 약국에서 구입하세요.  ≪お近くの薬局でお求めください≫

 

 

ですから、②で決定です。

 

 

 

2)は単純な内容一致ですので、他の問題以上に選択肢を十分チェックしておきます。

 

試験会場という、あの、ある種異常な空間で、このような作業を淡々粛々とやるというのは、

時に「本当にできるの?」と勘ぐりたくはなりますが、

ここで高得点をたたき出すためには、基本的な韓国語リスニング力同様に、

場合によってはそれ以上に重要です。

 

完璧にできていれば、問題文をメモする必要が無くなりますからね。

 

 

 

選択肢には、동화[童話],그림책 といった語が並んでいて、

これから聞く文の内容をおおよそ推測できます。

 

 

で、実際は冒頭の、

 

 

지난해 아동문학상을 수상한 이 창작동화는 ~~

 

≪昨年、児童文学賞を受賞した、この創作童話は、~~≫

 

 

の部分で解けてしまいます。

 

 

選択肢の取捨では、②で迷いそうですが、この本自体に 수수께끼 が載っているわけではないですね。

 

文脈的には、

 

 

 

주인공 단비는 어느 날 수수께끼가 많이 숨겨져 있는 곳으로 초대받게 되는데 초등학교 3,4년

 

아이들이 읽었으면 좋겠습니다.

 

 

≪主人公のタンビは、ある日なぞなぞがたくさん隠された所に招待されますが、小学校3,4年生

 

のおともだちが読んでくれればと思っています≫

 

 

 

で、なんかおかしな感じもしますが、接続語尾 는데 は前後がきちんと繋がっていなくてもいいので、

文として成立しています。그런데 と同じです。

 

 

 

ちなみに、この文で紹介されている本は実在する物で、タイトルは‘돌담 너머 비밀의 집’。

2008年に、第4回・馬海松[마해송]文学賞を受賞した作品だそうです。

 

 

 

続く3)は、会話の内容を選ぶというもので、自船に選択肢をきちんとチェックできさえすれば、

そんなに難しくはないと思います。

 

余談で、韓国人が明るい色の服を好むのは有名な一方で、

野球帽をよくかぶるのが、解説執筆者的に、昔からの素朴な疑問です。

 

あと、韓国人女性は、以前あまりチークをしていなかったようです。

 

 

 

4)は、ここまでの受験経験を活かし、①②では女性の発話に注意して取捨します。

一方③④は 남동생 ではじまっていますから、両者の発話に関わってきます。

 

 

ここも、冒頭で男性は、

 

 

 

남:왜 혼자 이삿짐 나르고 계세요? 남동생은요? 

 

≪何で一人で引っ越しの荷物を運んでいらっしゃるんですか? 弟は?≫

 

 

 

で①が消え、

 

 

여:오늘 이사하는 줄 알면서도 모르는 척 하더라고요.

 

≪今日引越するの知っているくせに知らんぷりですよ≫

 

 

 

で③が正解だと導き出せます。

④は受験者を一応惑わせるために設けられているので、そんなに気にしなくていいです。

 

慣用表現を訊かれてはいますが、前回よりは平易です。

 

 

 

 

続いて、第4問です。

 

 

毎回確認していることで、文章でも会話文でも、まずテーマを掲げる冒頭文が大切です。

 

会話文ならはじめの発話で、この部分(一文)を2度の聞き取りで100%理解しておくよう、

耳を傾ける必要があります。

 

基本的に、問題文の内容がどういうものなのかを、聞く前に推測できないからです。

 

今回なら、2)と3)ではそれぞれ「文の説明内容」「会話がおこなわれている場所」と、

内容をある程度教えてくれていても、1)と4)は分かりません。

 

 

冒頭文の聞き取りに全力を傾けましょう。

 

 

 

そしてここからは、ある程度メモを取る必要があります。

 

メモの取り方を研究しておきましょう。

といっても、ディクテみたいなことはしなくていいですよ。

 

 

ある程度の長さがあるので、一にも二にもメモの取り方が勝負を左右します。

もちろん、1回目の朗読でのメモり方と、2回目でのメモり方は、ガラリと変えなければなりません。

 

ちなみに、選択肢のメモまでは不要です。

というより、そんな余裕は事実上無いはずです。

 

 

 

1)の冒頭文はこうです。

 

 

인터넷으로 물건을 주문하면 그 다음날에 신속히 배달되는 경우가 많습니다.

 

≪ネットで商品を注文すると、次の日にすぐ配達される場合が多いです≫

 

 

で、ここでは後に続く文がポイントになっています。

 

 

 

어쩌다 배달이 늦어지면 그 회사 전화통에 불이 날지도 몰라요.

 

≪配達が遅れると、会社の電話がパンクすることがあります≫(かなり意訳しました)

 

 

 

それでも倒置の形で後続する文の方が聞き取り易いので、

 

 

 

빨리 물건을 보내 달라는 고객들의 요청 때문에 말이죠.

 

≪早く届けてほしいという客の要望のためです≫

 

 

 

ここで全体の内容を解釈しておきましょう。

 

 

余談で、今やこれが当たり前のようですが、

聞くところによると、運送会社さん側では、かなりぎりぎりな中でこれを実現しているようです。

 

 

 

続く2)は、問題文を聞いた後、自分で「~~についての文だ」とある程度特定できるのが理想です。

後で聞く選択肢で、思い描いたままを言ってくれなかったとしても、

ただただ問題文を聞くよりは、より的確な解答ができます。

 

 

語句の難易度は別として、はじめに 마른 오징어(乾燥イカ) という、

この文のテーマが聞こえてきて、先の「リスニングのコツ」を総動員し、

「乾燥イカ」をあれやこれやするんだなと分かれば、②しか残らないはずです。

 

 

 

3)は平易ですので、ここで確実に2点獲得です。

男性が部屋を探していると聞こえてきます。

 

 

 

最後の4)も先の1)同様、問題を聞く前に内容を推測できないので、

冒頭文の聞き取りに集中します。

 

 

会話文ですが、冒頭の発話が具体的な内容ではないので、次の発話に期待します。

男性が母親に謝った後、

 

 

 

여:화를 내는 게 아냐.속상해서 그래. ≪怒ってんじゃないわよ。悔しいからよ≫

 

 

 

この発話だけで、何についての会話かがおおよそ分かります。

もちろん、この後に続く発話で決定的ではあります。

 

 

ちなみに、この会話展開は前回とほぼ同じです。

 

 

 

では最後の、第5問・日訳問題です。

 

事前の選択肢チェック法はいろいろあると思いますが、

 

 

 

[1]全てに共通している部分を消す。

 

 

[2]2つ、3つ共通している部分をチェックしておく(例:○、□などで囲んでおく)。

 

 

[3]選択肢同士の、一番大きな違いを押さえる。

 

 

 

これらの作業をしておいてから、問題文が流れてくるのを待ちます。

 

 

 

1)ではまず、어색하다 を聞いて理解し、そして使えるようにしておきましょう。

超日常語ですが、もうすでにそうされている方は多いでしょうね。

 

 

 

次の2)で聞こえてくる慣用句 트집(을) 잡다 も日常語ですね。

 

準2級では、よほどのものでもない限り、

例えば韓国人が「こんなの使わないよ/知らないよ」という語句は出てきません(個人差は別です)。

 

その辺りに、一つの‘やりがい’を持って積み重ねていきましょう。

 

 

 

そして4)は反語です。

 

 

 

어떻게 그냥 기다릴 수 있어요?

 

≪どうやってただ待つことができますか → ただ待つことはできません≫

 

 

 

です。

 

この準2級あたりから、反語表現をきちんと理解しているかが問われます。

 

 

 

ということで、準2級・聞き取り問題を見てきました。

 

当校の生徒さんではありませんが、本当に難しかったといった感想も聞こえてきました。

この解説をご覧くださった皆さまにおかれてはいかがだったでしょうか。

 

 

先に確認しました、

 

 

 

1.聞いて分かる語句の量を増やす(音読・シャドーイング・ディクテーション)

 

2.「リスニングの読解力」を鍛える(聞こえてきた音に‘文脈’が見えるようにする)

 

3.聞きながら正答を導き出すための作業法

 

 

 

を磨けるだけ磨き、次の2級,1級そしてTOPIKⅡ(中高級)を目指しましょう。

 

特にTOPIKは、朗読スピードがまだゆっくりであっても、

問題量が多く、時間も長くて体力勝負になるので、これらの学習はさらに重要です。

 

 

そして、今回の問題を答え合わせして終わらせてはもったいないので、

正答を求めて問題文を聴き直したり、一旦問いから離れて、

問題文中の語句,流れ(文脈)を隅々まで理解する努力をしたいです。

 

その一方で、先の「リスニングのコツ」のように、

試験問題解答では、1語1語に執着すると墓穴を掘ることが結構あるので、

全体の大意をつかんで聴解する術も、正しい順序で身に付けていきたいですね。

 

 

 

解答速報はご覧になってくださっていても、答え合わせだけをしてこのサイトを閉じることなく、

この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。

本当にありがとうございます。

 

 

ちなみに、この解説は速報という関係上、

厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。

 

今や、協会の正答発表と競争している状態ですから。

 

本来はこの程度の解説に留めているのが執筆者の本意でなく、

より細かい項目についても具体的に書きたいんです。

 

 

通常は、こんな程度の解説や考察で留まりはしません。

やはり‘準2級’だからですね。

 

あらゆる面での制限がどうしても存在してしまいます。

 

 

 

おつかれさまでした。

 

 

三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-

 




試験の講評についてのお問い合わせは、ハングル語学堂・四日市校までご連絡下さい。

準2級・筆記

3 級・筆記

4 級・筆記

5 級・筆記

▲このページのトップへ

準2級・聞取

3 級・聞取

4 級・聞取

5 級・聞取


 第45回 秋季「ハングル」能力検定試験 解答速報  3級

   筆記問題

[1] 1)③  2)②  3)④

 

 

[2] 1)④    2)①    3)①    4)④    5)②    6)④    7)①

 

 

[3] 1)②   2)③   3)②   4)①   5)②

 

 

[4] 1)③   2)②   3)④   4)①

 

 

[5] 1)②   2)④   3)③

 

 

[6] 1)②   2)②   3)④   4)④   5)④

 

 

[7] 1)②   2)④   3)①

 

 

[8]  1)本文の日本語訳

 

 私には夫と高校に通う息子が一人いる。私は毎日早く起きて洗濯を

 

して朝食を準備して弁当を3つ作る。私も会社に通うから。私は家事も

 

しっかりやり息子の面倒もちゃんと見る「良いお母さん」「良い妻」であ

 

ると今まで信じてきた。(しかしそうではなかった。)「良いお母さん」「良

 

い妻」になろうと努力した結果夫も息子も家事を全くできないようになっ

 

てしまったのだ。母がいないと息子が大学生になって独りで暮らさなく

 

てはならないのにご飯もろくに作れない。夫も同じである。私はこれか

 

ら息子と夫に家事をさせるつもりだ。私は少し「悪いお母さん」「悪い妻」

 

になるつもりだ。

 

 

     【問1】①       【問2】③

 

 

 

[9] 対話文の日本語訳

 

 ハ ナ:ソンスさん、この頃会社どうですか。

 

 ソンス:価格競争がとても激しくて(状況が困難なようです。)

 

 ハ ナ:うちの会社も同じです。うちの会社は化粧品を扱っていますが

      輸出が伸びなくって。

 

 ソンス:海外出張も多いでしょうね?

 

 ハ ナ:はい、海外市場の動きを調べなければなりませんから一月に2,

      3回くらいは行きますよ。ソンスさんも出張が多い方ですか。

 

 ソンス:ほとんど行きません。今は新しい製品を研究中です。うまくいってくれないと。

 

 ハ ナ:うまく行くでしょう。私たちお互いに頑張りましょう。

 

 

         【問1】②        【問2】④

 

 

 

[10] 本文の日本語訳

 

 私の仕事は通訳士である。名前さえ名乗れば誰でも知っている音楽

 

家の兄弟三名を育てられた老婦人が日本にいらした時のことである。

 

私は息子さんの演奏を老婦人といっしょに聞いた。演奏が終わるやい

 

なや会場は惜しみのない拍手の音で満ちあふれた。ところが最も大き

 

く力強い拍手を長い間贈った人はまさしくお母さんである老婦人だった。

 

80歳を超えた老婦人に(尋ねてみた)。

 

 「大変じゃないですか。」老婦人はこのように答えた。「大変だなんて。

 

母がしなかったら誰がしますか。」すでにこの世を去られた老婦人のお

 

言葉は今も私の心に残っている。私の娘も今、有名な音楽家を夢見て

 

活動している。私も老婦人のように誰よりも大きく力強い拍手を娘に贈

 

っている。

 

 

    【問1】①       【問2】④

 

 

[11] 1)②    2)①    3)③

 

 

[12] 1)①    2)②    3)③




[3級・筆記試験の解説・講評]

 

―前回との比較―

 

<難易度>前回並み。

 

<問題語数>前回と同じ。

 

<問題内容>前回と同じ。

 

 

 

 

当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。

 

 

 

 

여러분,안녕하십니까?

 

 

 

ハン検ではこの3級で、はじめの壁を迎えます。

そろそろ、韓国語で「自立的」になれるところを求めてくるからです。

 

「自由自在な韓国語」への土台を作る、その段階がこの3級レベルともいえます。

それは同時に、「自立的」「自由自在」の領域に入りつつあり、

言い換えれば、「自分の言葉として発するようになる」ので、世界がグンと広がります。

 

 

 

今回の3級受験を新たなきっかけに、‘韓国語ぺラぺ~ラ’をモノにしていきましょう!

韓国語生活が本当に楽しくなってきますよ。

 

 

 

解答速報という場であるのと同時に、協会の正答発表が早まったために、

ここでも時間を削っての執筆ではありますが、今回の3級問題を振り返ります。

 

 

 

 

第1問の音声問題で採り上げられた項目は、3級で主に問われるものを挙げると、

 

 

ㄹの鼻音化・パッチムの子音化・例外的濃音化

 

 

です。

 

 

前回は、

 

ㄹの鼻音化・パッチムの子音化・合成語の濃音化

 

で、2)でのパッチムの子音化は、ここ最近連続で出題されています。

 

 

2)が「あ!また来たのね」的な超常連さん、3)は発音ルールもさることながら、

元から日常語で、直訳とはズレるイメージ(意味)で使われます。

 

普通に使えるようにしておきましょう。

 

 

 

ここ数年は発音ルールのみならず、それらを問うための素材となる語句も結構固定化しています。

今回の出題を踏まえ、3級発音問題対策を執るべきと思いました。

 

 

そして、ここで問われる発音問題を整理しながら身に付ける上でのキーワードとして、

 

 

〘「音のつながり」より「語のつながり」〙

 

 

 

というのがあります。

 

これはとても有用ですし、次の準2級では、ほぼこれを基準に発音を問うてきます。

 

 

 

 

 

では、第2問の語彙問題です。

 

 

まず1)が、ふと見ると「え?」となりそうですが、よくよく考えれば、

これもこれで正答/不正答の差は明らかですね。

 

 

3)もよく使われですし、4)が慣用句ですが直訳でOKです。

 

 

続く5)と7)では文法を訊いています。

 

5)は(  8  )の後文が過去時制であることがポイントで、

7)では、選択肢全てに 다(가) が付いていますが、았/었다가 がいい例であるように、

相反する動作を<因果関係>で結びます。

 

なので、(  10  )直後の 말다 をその条件で結ぶ①を選びます。

 

 

どちらも、選択肢を含んだ全体訳は、実のところそんなに関係無いんですね。

普段から、文脈(‘なんとなく’という意味ではなく)に敏感になってらっしゃいますか。

 

 

 

 

続いて第3問です。

 

今回なら、2)4)で問われている接続表現問題で関わってくるのは、

‘文法’さらには‘文脈’ですね。

 

 

日本の韓国語世界では、他言語に比べて、韓国語が母語の日本語と酷似しているからか、

文脈そのものにきちんと目を向けられることがほとんど無く、

 

 

〔文脈  =  ‘なんとなく’‘勘で’‘当てずっぽう’の言い換え〕

 

 

と解釈されることが多いです。

 

「文法」という言葉が独り歩きしているのが、ぶっちゃけ現状です。

 

 

 

文脈とは‘文の流れ’で、文の流れといっても、それはきちんと決まっていて、

しかも4種類しかありません。さらに絞れば3種類です。

 

ここでは4種類しか無い文脈を司っているものを「4つの論理関係」といっています。

「論理」とは、普通に考えて分かる、事の筋道です。

 

 

例えば、

 

 

≪今、みさきは論文で(     )、ハン検3級対策も頑張りました≫

 

 

とあれば、(     )に「忙しいのに」とは入っても、「忙しいから」は不自然ですし、

別の例文で、

 

 

≪浅羽由紀ちゃんはピアノ弾き語りアーティストです。そして(     )。≫

 

 

の(     )に、

 

「静岡県藤枝市出身です」  「私は彼女を‘ゆきりん’と呼んでいます」

 

 

と入れることはできても、これも例えば、

 

「深夜バスで寝れないそうです」   「8月下旬から10kgやせました」

 

 

などは、どうもしっくりきません。

 

さらに、

 

「私に‘さとちゃん’と名付けてくれました」

 

 

というのもいまいちヘンです。

 

 

 

ガチで対策を執るとなると、これらの理由(なぜ自然か/不自然か)まで押さえておきたいんですが、

これは感覚的にそうだというので決してなく、「論理」に基づく文脈上そうだからですが、

具体的には、

 

 

 

(イコール関係 <前文 = 後文>)

 

 

反対関係 <前文 ⇔ 後文>

 

 

累加関係 <前文 + 後文>

 

 

因果関係 <前文 → 後文>

 

 

 

と4つあり、<イコール関係>は<累加関係>に含まれることが多いので、事実上3つです。

 

このように文のつながりは決まっていて、韓国語に限らず、

日本語もその他の言語もそうです(そうであるはずです)。

 

 

 

普段の会話では、面と向かってやり取りしていますし、なるべく簡単に伝えたいので、

こんなことをいちいち気にしなくてもいいですね。

 

あるいは、やり取りする言葉以外の要素で伝え合うこともできます。

 

 

一方で、こういう検定の場で、正答というたった一つの許される解釈を正確にするために、

文脈を司っている[論理]をきちんと理解し使用して、

韓国語のみならず、全ての言語に通じる4つの論理関係を常に意識しながら、

韓国語の各接続表現がどういう文同士をつなぐかを‘韓国語の事情で’押さえていくんです。

 

 

一方で、該当する日本語訳で分かれば、もちろんそれでOKです。

とりあえず正答を導き出せて、実用ではきちんと通じるように使えればいいわけですしね。

 

見方・捉え方は緩やかに、その時その時で接続表現の解釈法を有効利用しましょう。

先の<4つの論理関係>は、一種の知識整理法です。

 

 

 

2)は、감기 걸리지 않다 を[目的]として、後文の 조심하다 をするという文脈を結びます。

 

そして3)では、事実上 경우에 따라서 という知識を問われていて、

あと4)で正答を選ぶ時、どこに注目されたかが気になりますね。

 

 

 

前回に引き続き出題された接続表現もいくつかある中、

例えば接続語尾 자(자마자)は、後文が過去時制になることも知っておきましょう。

 

 

あと、4)にある 다간(다가)は、日常会話でよく使われる一方で、

日本語ネイティブにはいまいち理解しにくい語尾の代表選手です。

基本は「フェードアウト → フェードイン」の文脈と押さえましょう。

 

「フェードアウト」なので、同じ<因果関係>を結び、

前文動作の[完了]を示す 아/어서 や (으)니까 とは違うわけです。

 

 

訳だけでも正しく解釈できる接続表現については、その利点を大いに活かしたい一方で、

 

 

 

「韓国語文法を‘韓国語文法で’理解する」

 

 

 

ことができれば、母語の干渉に縛られること無く、本当の理解が得られますね。

 

 

 

 

では、第4問の入れ替え問題です。

 

 

これから語彙の幅をさらに広げるために、

1)や3)のように固有語と漢字語をセットで押さえていきましょう。

 

試験に出るというのに限らず、

〔漢字語 ⇔ 固有語〕を自在に言い換えられるようにですね。

 

 

 

そして4)は直訳で解釈できますね。

全体の出題は、前回より取っつきやすいでしょうか。

 

 

 

 

続いて第5問の同義語問題で、1)は2つめの文で解答できます。

 

①ではないです。そのまま訳しても「ミスが‘名残惜しい’」とはいいませんしね。

 

 

 

そして2)の正答語に、[抜ける][抜け落ちる]というコアイメージがあることを押さえましょう。

 

1つめの文では、[抜ける]といっても、それはどこからか([動作の出発点])が無いですが、

옷 とありますから、それは普通に考えて「身体」で、

身体から何かが[抜ける][抜け落ちる]から「やせる」わけです。

 

まあ、「やせる」というより「やつれる」のニュアンスがありますけどね。

 

 

一方3)は慣用表現です。

1つめなどは、あくまで3級の句であっても、準2級の‘匂い’を感じさせます。

 

 

 

 

では、第6問の会話文問題で、見方や考え方は、先の接続表現問題と同じです。

 

会話文ではさらに、[会話の原則]にも一応目を向けたいですね。

 

 

 

1)では大げさな話、(  23  )に入る発話をするBには、

まずはじめの発話にある 언제 に答える義務が発生します。

 

その条件を満たす選択肢の文句は②か④(オプションで③)ですが、

後に続くA2つめの発話で、언제 に入る名詞はほぼ特定されているので③が消えて、

あとは 서두르다 に合わせます。

 

 

 

そして3)は、A2つめにある、常連さんの 기는요 が正答根拠ですね。

 

ちなみに、これが「トハギ」にある訳になる理由は、

助詞 는 が<反対関係>を結ぶからで、日本語の「~は」にも共通します。

 

こういうところは、日本語ネイティブとして大いに利用したいですね。

 

 

続く3)では、想像を広げれば①でもよさそうに見えますが、

外見的に整っていたり、あるいは水準が高く優秀であることを表すので×です。

 

 

例)그는 지나치게 잘나서 오히려 탈이다. ≪奴は出木杉君過ぎるので、逆に問題だ≫

 

 

 

 

続いて、第7問の漢字音問題です。

 

 

最近は日本語と韓国語の漢字音にある対応関係が扱われたりしますね。

 

例外が多く存在し、まだ完全に体系化されていないようではあるんですが、

一応便利なので、有効利用しましょう。

 

それを駆使すれば、未知の漢字語も読み取れたりしますし、

この漢字がなぜ韓国語で(朝鮮漢字音で)こうなるかも分かるので、より実感できて覚えられます。

 

 

 

 

それでは、大問が3つある文章問題です。

 

前回の解説でも触れたことで、ここ最近の3級・文章問題は、

短文を問題文中に入れる「挿入文問題」の有無で、おおよその難易度が設定されると見ていますが、

今回は出題されました。

 

今回の前に、文章問題編では挿入文問題を集中的に練習したので、

解説執筆者的にはホッとしています(笑)

 

 

 

 

ではその、第8問にある挿入文問題を見ます。

問題文を読む前に、先にこれをチェックしましたか。

 

 

 

그러나 그렇지 않았다

 

 

 

もう、訳を当てるまでもない一文ですが、この中で注目すべきところは3ヶ所です。

この時点では問題文にまだ目を通していません。

 

 

 

1.接続語(結ぶ文脈は?)  2.指示語(指せる語句は?)

 

3.末尾の過去補助語幹(時制の一致)

 

 

 

まあ、否定の 지 않다 は、ここでの解答で‘刺身のつま的’存在です。

 

 

 

で、問題文を読んでいきますと、(A)に入れることができます。

 

 

 

~‘좋은 엄마’,‘좋은 아내’라고 지금까지 믿고 있었다.

 

≪~~、「よきママ」「よき妻」と今まで信じていた≫

 

 

 

(A) <反対関係>

 

 

‘좋은 엄마’,‘좋은 아내’가 되려고 노력한 결과 남편도 아들도 집안일을 젼혀 못하게 돼

버린 것이다.

 

≪「よきママ」「よき妻」になろうと努力した結果、夫も息子も家事が一つもできなくなってしまった

 

のだ≫

 

 

 

つまり、筆者である「私」は「よきママ」「よき妻」でないということですね。

 

文脈的に<反対関係>で合うし、指示語は「よきママ,よき妻だ」を指しています。

さらに時制も、挿入文と(A)の後文が過去時制で合っていますね。

 

 

全体的に、前回より語数が増えていますが、サクサクっと解けましたか。

 

 

 

 

最後の翻訳問題で、韓日の方はどれも取っつきやすいです。

 

2)の接続表現 ㄹ까 봐 は、ハン検を使って韓国語を学んでこられた方にはおなじみです。

つまり、‘常連さん’です。

 

 

 

 

続く日韓訳の第11問 では、1)でよくこんがらがってしまう語が出題されました。

 

「任せる」は 맡기다 で、맡다 は「引き受ける」です。

 

 

 

そして、3)では日本語の慣用句が出題されましたが、

「つまりどういうこと?」と言い換えるのは、そんなに難しくないと思います。

 

これから準2級以降で、この難易度が上がりますから、

「抽象化」の力を十分磨いておきたいです。

 

 

 

これまで5級,4級と上がって来て、今回3級に合格できたので、

韓国語の基本事項を身に付けたことが認定されたといえます。

 

合格できたという喜びに浸りつつ、これからはどんどん実用していきたいですね。

 

 

もちろん4級,5級レベルの方でも、それぞれの学習段階に合わせて上手に話す方もおられますが、

よくある文法積み上げ型の学習は、会話のために限ると、次の準2級レベルまで進めたい中、

その比重は確実に下がっています。

 

特に助詞や接続表現を中心とした、文法を司る語句においては、

会話で複雑なものを使うことがそんなに無いからです。

 

 

 

他級の解説でも書いたことで、解説執筆者は2015年10月にイタリア語検定5級試験を受け、

この解説を書いた数日前に合格したことを確認しましたが、

一方で、伊検5級レベルであっても、実用してみたい欲求が高まっています。

 

 

積み上げた知識が実際に使える状態になるまで、たくさん話し、たくさんやり取りし、

そしてたくさん書きたいですね。会話力と作文力を磨いていきたいですね。

 

その先に、次の準2級やTOPIKⅡ(中高級)があります。

手軽なところで、TOPIKでは作文という形で、自身が持つ知識の正しい運用力を測ることができます。

 

 

 

 

解答速報はご覧になってくださっていても、答え合わせだけをしてこのサイトを閉じることなく、

この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。

本当にありがとうございます。

 

 

ちなみに、この解説は速報という関係上、

厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。

 

 

『早く自己採点したい! 3級の速報を早く出して! 

3級まで解説終わっているのに今日(日曜日)発表するのは5,4級だけってどういうこと?!』

 

 

 

とも指摘されていましたが、本来はこの程度の解説に留めているのが執筆者の本意でなく、

より細かい項目についても具体的に書きたいんです。

 

 

ただ、このように物理的限界があっても、

協会発行の過去問題集はいうまでもなく、市販の問題集よりも仔細に観察しています。

 

ここに書かれていることとそれらを比べれば一目瞭然ですね。

 

 

よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

おつかれさまでした。




三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-

試験の講評についてのお問い合わせは、ハングル語学堂・四日市校までご連絡下さい。


準2級・筆記

3 級・筆記

4 級・筆記

5 級・筆記

▲このページのトップへ

準2級・聞取

3 級・聞取

4 級・聞取

5 級・聞取


 
 第45回 秋季「ハングル」能力検定試験 解答速報  3級

   聞取問題

[1] 1)対話文 

 

 남: 왜 줄 서 있는 거예요?

 

 여: 어제 텔레비전에 이 가게가 나왔거든요.

 

 

     解答 ④

 

 

 

   2)対話文

 

 남: 전혀 움직이지 않네요. 고장 났나 봐요.

  

 여: 혹시 기름이 떨어진 게 아닐까요?

 

 

     解答 ③

 

 

[2] 1) 바쁠 때는 이것이 10개 있어도 모자란다고 합니다.

 

  ① 몸       ② 얼굴       ③ 입       ④ 심장

 

 

     解答 ①

 

 

2) 직장에서 함께 일하는 사람을 부르는 말입니다.

 

  ① 동창      ② 동네      ③ 동료       ④ 동생

 

 

     解答 ③

 

 

3) 이것을 걸고 싸운다고 합니다.

 

  ① 길       ② 목숨       ③ 숨       ④ 코

 

 

        解答 ②

 

 

4)  어머니의 여동생의 남편을 이렇게 부릅니다.

 

 ① 고모부    ② 이모부    ③ 형님    ④ 삼촌

 

 

       解答 ②

 

 

 

[3] 応答文として適切なもの

 

1) 어머나, 또 깜빡했어요.

 

 ①뭘 잊으셨어요?   ② 왜 그렇게 화를 내요?  

 

 ③많이 아파요?     ④ 어디가 불편하세요?

 

 

       解答 ①

  

 

2) 그 병원은 내과 밖에 없습니까?

 

① 예, 내과는 없습니다.       ② 아뇨, 그건 밖에 있습니다.

 

③ 예, 의사는 안에 있습니다.  ④ 아뇨, 내과도 외과도 있습니다.

 

 

               解答 ④

 

 

3) 일본의 첫인상은 어때요?

 

 ① 여관에 묵고 싶어요.      ② 후지산에 올라갈 예정이래요.

 

 ③ 거리가 아주 깨끗하네요.  ④ 여행을 아주 좋아하거든요.

 

 

          解答 ③

 

 

4) 호수에 얼음이 녹기 시작했어요.

 

① 수돗물도 다 얼었어요.     ② 그럼 스케이트를 탈 수 있겠네요.

 

③ 겨울이 찾아온 것 같아요.  ④봄이 오고 있는 모양이죠.

 

 

           解答 ④

 

[4]  

1) 文章  싫으면 싫다고 [딱 잘라서] 말해요.

 

 

            解答 ①

 

 

2) 文章  [나 같으면] 그렇게 위험한 데에는 절대 안 갈 거예요.

 

 

            解答 ④

 

 

3) 対話文  

 

 남: 이번 일 성공할까요?

 

 여: 그 사람의 [성격으로 미루어] 꼭 해낼 거예요.

 

 

            解答 ②

 

 

4) 対話文

 

 남: 여전히 해외 여행을 많이 다니세요?

 

  여: 요새는 [주머니 사정 때문에] 자주 못 갑니다.

 

 

           解答 ③

 

 

[5] 1)選択肢

 

 ① 나를 빼고   ② 나를 마지막으로  ③ 나를 비롯해 ④ 나를 처음으로

 

 

            解答 ③

 

2)選択肢

 

   ① 바쁘실 텐데           ② 바쁘신 대로  

 

   ③ 바쁘시거나 말거나     ④ 바쁘실 테니까

 

 

                 解答 ①

 

 

3)選択肢

 

 ① 큰일 나겠어요.    ② 큰 소리를 칠 거예요.  

 

 ③ 화가 날 거예요.    ④ 중요한 일이 일어나요.

 

 

              解答 ①

 

4)選択肢

 

 ① 할 틈이 없네요.    ② 할 줄 몰라요.  

 

 ③ 할 수 없었어요.    ④할 리 없잖아요.

 

              解答 ④

 

 

[6] 文章の内容に合うものを選ぶ

 

1) 오늘 학교에서 감사라는 주제로 글을 썼다. 아버지의 얼굴이 금

 

방 떠올랐다. 비가 오나 바람이 부나 바다에 나가서 물고기를 잡는

 

아버지. 내가 잘못하면 가끔 주먹이 날아올 때도 있지만 우리 가족

 

을 위해 일하시는 아버지. 감사합니다.

 

(日本語訳)

 今日学校で感謝というテーマで作文を書いた。お父さんの顔がすぐ頭

 

に浮かんだ。雨がふろうが風が吹こうと海に出て魚を捕るお父さん。

 

ぼくが間違いを犯せば時々拳骨が飛んでくるときもあるけど、うちの家

 

族のために働くお父さん。ありがとうございます。

 

 

             解答 ②

 

2)

남: 제 친구는 등산을 좋아하는 그룹하고 테니스를 좋아하는 그룹

  으로 나눠져요.

 

여: 홍길 씨는 어느 쪽인가요?

 

남: 저는 산에 가는 쪽이죠. 미란 씨도 언제 한번 같이 가실래요?

 

여: 정말요? 그럼 다음에 가실 때 꼭 데려가 주세요. 

 

                                         

(日本語訳)

男:私の友人は登山を好むグループとテニスを好むグループに分けられます。

 

女:ホンギルさんはどちらのグループですか。

 

男:私は山に行くほうです。ミランさんもいつか一緒に行きますか。

 

女:本当ですか。では次に行くときぜひつれていって下さい。

 

 

               解答 ③

 

[3級・聞取試験の解説・講評]

 

  

―前回との比較―

 

<難易度>やや易化。

 

<問題語数>前回並み。

 

<問題内容>問題形式は同じ。

 

 

 

 

当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。

 

 

 

今回の3級・聞き取り問題解答はいかがでしたか。

 

 

 

音読・シャドーイング・ディクテーションという、基礎的リスニング練習の質と量が問われはじめ、

それらによって、‘聴いて分かる語句’をどれだけ増やしたかが、合否に大きく関わってきますし、

朗読される内容もそれなりの程度になってきますからね。

 

 

あとは、リスニング試験の‘要領’です。いわば‘テクニック’ですね。

 

その根本として、試験問題解答のためのリスニングに限っては、

全て聞き取れないと解答できない(してはいけない)わけではありません。

 

 

 

 

解説執筆者が2015年9月に参加した、

広島県福山市でのハンガンネットセミナー(通称:ハンセミ)で(寿香さん,ひさこ先生ありがとう!)、

阪堂千津子先生もおっしゃっていたことで、1つ1つの単語や音声が気になってしまい、

 

 

「あれ、今なんて言ったっけ?」

 

 

となると、後に聞いてすぐ分かる箇所があるかもしれないのに、それさえも逃してしまいます。

 

 

私達が受験した3級ですと、第6問のように、ある程度の長さを持つ問題文を聞く時などは、

そのことに陥る可能性が高いですね。

 

 

 

まっさらな状態で、言葉は悪いですが‘バカ正直に’聞くだけではかなりもったいないので、

目的を持って必要な情報(ここでは[正答を出すための情報])を選別し、

背景知識を思い切り動員して先を予測し、特に私達日本語ネイティブにとって重要なことで、

 

 

「分からない音声(語句)が聞こえてきても最後まで我慢して聞く」

 

 

そして、要は何なのかと大意をまとめられるよう、何度も練習しておきたいですね。

 

 

 

解説執筆者も、ここで千津子先生が教えてくれたことを、

最近ですと、筆記の解説で書いたイタリア語検定5級で実践しました。

 

試験当日まで、正直リスニングを十分練習できなかったのに、

千津子先生が教えてくれたことで、合格点を獲ることができましたしね。

 

 

 

ということで、先の事を実現するために、聞き取り試験の音声が流れ始めたら、

最初の全体説明(55秒)、さらには各問の説明の間に、選択肢を最後まで見ておかなければなりません。

 

過去問か今回の受験前に案内を読んでおけば、問いの説明などは、注意して聞く必要が無いので、

各問の選択肢を、最初の全体説明と、各問の説明の間に、全て選択肢をチェックしておきます。

 

 

 

この作業は、その質如何で合否が分かれます。

 

選択肢をうまく活用すれば、場合によっては、内容全てを聞き取る必要は無いのですから、

常に一定のパターンで作業ができるように、繰り返し練習しておきましょう。

 

 

 

ところで全く関係無い話で、試験中、音声で問題説明をされている方が急に気になってきました。

 

というのもあの方、解説執筆者の記憶が正しければ、

ハン検を受験し始めた1999年度からずっと担当されているんです。

 

その方に一度お目にかかりたいですね。結構感動するかもしれません(笑)

 

 

 

 

第1問は、提示された絵についての内容一致問題です。

 

事前に絵のチェックをしておきさえすれば(しておかなくていいかもしれません)、

きわめて平易な問題です。

 

絵(各選択肢)の事前チェックが必要無いというのは、例年場面がバラバラだからです。

 

場面がバラバラならば、どういう解答ができて、

そこにはどんな利点があるかを見きわめておきたいですね。

 

 

 

1)は、各選択肢がバラバラですので、冒頭で正答が出そうです。

 

ただ、各絵にある場所や物と動作を、単語でいいので準備しておいた方がいいです。

数は多くなくていいです。

 

きちんと「準備しておく」んですよ。

 

 

それでも、3級となると4級までと違い、それらの難易度が上がりはしそうですが、

それはあくまで理想で、簡単な単語でいいですからね。

 

 

まあ、この1)で④のことを 가게 といっているのには、若干の違和感を覚えますけどね。

 

 

2)も同じで、男性の 고장나다 で正答が出せます。

④のような状態を 고장나다 とはいいません。

 

 

기구나 기계가 제대로 움직이지 못하게 되는 기능상의 장애.

 

≪器具や機械がきちんと動かなくなる機能上の障害≫

 

 

という本来の意味に由来します。

 

 

 

ここは毎回サービス問題です。確実に4点を獲っておきましょう。

 

 

 

 

第2問は、説明している単語を聞き取る問題です。

 

問題文が正答語を説明する文なので、問題文は自然と平易になり、

これを聞き取れることが、正解への条件になりますが、

復習するとなると、この問題文がどれくらい聞き取れたかを確認したいですね。

 

 

そしてここでは、絶対ではありませんが、指示語が聞こえてきます。

2回の朗読中に、その指示語(이것,여기,이렇게 など)が何を指すかをぱっと判断したいです。

 

 

 

今回も3)で、緊張する親族名称が採り上げられていますが、

1)がお分かりになったでしょうか。

 

正答の慣用句を知らなくても、「忙しい時、~が10個あっても足りない」となれば、

日本語ネイティブとして普通に考えて、

 

 

① 身体   ② 顔   ③ 口   ④ 心臓

 

 

ですから、まあ分かります。

 

 

そして、3)でも慣用句を訊かれていますね。

正答は、日本語にもある「命をかける」です。

 

 

 

 

では第3問の応答文を答える問題で、会話の基本は‘問答’であることに立ち返ります。

 

 

これはもちろん、普段の会話練習にも役立ちますが、‘問答’にはいくつかの規制がかかります。

 

その規制の中で、[主語人称]と[時制]には特に注意したいです。

それらを利用し、1回目をざっと聞いた後、2回目で正答へのキーワードを選別取捨します。

 

 

 

1)で聞こえてきた文句は、冒頭で有名な 장윤정[張允瀞]の 트로트 なんかを思い出しつつ、

筆記問題でもよく出てくる副詞です。

 

これに対しては、これも普通に考えて、それを許すか、あるいは責めるかですよね。

こう準備して、選択肢の音声を待ちます。

 

 

ただここでは単純な、語句の言い換えですね。

解説執筆者的にはガクンときましたが…

 

 

 

続く2)ではうっかりミスに注意です。

내과밖에 없다 ですから、내과[内科] はあるんですね。

 

ちなみに、聞こえてきた文句の意味は「内科しか無い」ですが、

もし表記が 내과 밖에 없다 だと、밖에 が独立しますから「内科‘の外に’」です。

 

 

 

そして3)では、筆記・発音問題でも出てきた語を聞き取り、

それがどうか(어떻다)という問いに答えられる文句を選ぶという問題です。

 

 

 

最後の4)はやや難しいです。

これはうっかりミスをしそうで、という意味です。

 

 

호수에 얼음이 녹기 시작했어요.  ≪湖の氷が溶け始めました≫

 

 

녹다 ですから、暖かくなってきているんですね。

 

 

 

続いて、第4問の日本語訳を選ぶ問題です。

再び事前の選択肢チェックをやっておきましょう。

 

 

ところで、放送では「問題は2回読みます」と言っていますが、

正答に関わる部分は、都合4回も読んでくれますよね。

 

お気づきの方もいらっしゃるでしょう、実はものすごい‘サービス問題’です。

「ここで8点どうぞ!」といわんばかりの問題です。

 

 

 

選択肢チェックの仕方はいろいろあろうかと思います。

ここでは、

 

 

 

[1] 全てに共通している部分を消す。

 

 

[2] 2つ、3つ共通している部分をチェックしておく(例:○、□などで囲んでおく)。

 

 

[3] 選択肢同士の、一番大きな違いを押さえる。

 

 

 

の作業をしておいて、問題文が流れてくるのを待ちます。

 

 

 

今回は、各選択肢が全て短いです。

 

なのでかなり平易ですが、それでも事前の選択肢チェックは必須ですね。

せっかくなら、不正答選択肢の日本語も韓訳してみましょう。

 

 

〔答え合わせだけで終わらせない〕

 

 

というのは、これからの‘韓国語ぺラぺ~ラへの道’においてとても大切です。

 

 

 

1)は選択肢がバラバラな中、자르다 を聞き取るという問題で、

意味は「[切れ端が出来るように]切る」ですが、

これが修飾している 말하다 を「[切れ端が出来るように]切る」となれば、

文句が短くなるから、と解釈します。

 

 

 

次の2)で、같다 が付いているのは、日本語で「私‘のような’者が~」というのと同じです。

 

 

 

 

では、第5問の日韓訳問題です。

例年、主に慣用表現を聞き取るよう求めてきますね。

 

 

理想の事前準備は、各問の傍線部を見て、自力でほぼ瞬間的に韓訳できていることです。

それができなかったら、各選択肢を頼りに解くことになりますね。

 

 

 

1)の 을/를 비롯해 は、日常でもよく使われます。

 

 

続く2)では、「~でしょうに」の部分が結ぶ文脈に注目しつつ、

音声を聞く前に ㄹ 텐데 を思い浮かべるのが理想ではあります。

 

これは別に、いわゆる‘後出しじゃんけん’でもなんでもなく、他の訳例でいいのは見当たりません。

 

 

そして3)で、解答は別として、「大変なことになる」で[推量]を表していますが、

韓国語(外国語)では、それを比較的きちんと言葉に載せて伝えることを、

日本語ネイティブとして押さえておきたいです。

 

 

 

 

では、最後の第6問・文章問題です。

 

毎回、シャドーイング・ディクテーションとしては最適の練習素材です。

大いに利用しましょう。

 

 

ここでも、事前の選択肢チェックがうまくてできたかを確認したいです。

 

 

 

例えば1)では、나 と 아버지 という登場人物が聞こえてくることが分かり、

それぞれが何をやっているかをチェックします。

 

 

 

 

 

第2文  →  ③が×( 여름 ではなく 방학 )

 

 

第3文  →  ④が×

 

 

第3文  →  ②が○  ①が×

 

(ここで①を×としたのは、魚を獲っているなら魚屋もやっているかもと考えたから)

 

 

 

と解答できます。

 

 

 

そして2)は、男性/女性それぞれが何をするかをチェックしておきます。

5級,4級でもおこなう選択肢チェックです。

 

そして、

 

 

男性2つめの発話  →  ①が×

 

 

女性2つめの発話  →  ③が○ → ②と④は該当無し

 

 

で正答を出します。

 

1往復目の会話で解答できないので、ちょっと緊張するかもしれませんね。

 

 

 

 

4級の解説でも触れたことで、次の準2級以降でも、聞き取り試験対策の2本柱は、

 

 

 

〔聞いて分かる語句を増やす〕 + 〔選択肢チェック法を磨く〕

 

 

 

です。

 

 

 

あと、この先の準2級以降では、‘リスニングの読解力’と呼んでいる、

語句1個1個に留まらず、文法・文脈、そして文章構造を意識した聞き取りが求められます。

 

 

聞いて分かる語句という‘耳の語彙力’をさらに積み上げるのと共に、

日本語にも通じることを客観的に使って聞き取る術を身に付けていきましょう。

 

 

 

 

解答速報はご覧になってくださっていても、答え合わせだけをしてこのサイトを閉じることなく、

この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。

本当にありがとうございます。

 

 

ちなみに、この解説は速報という関係上、

厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。

 

本来はこの程度の解説に留めているのが執筆者の本意でなく、

より細かい項目についても具体的に書きたいんです。

 

 

いずれ別の形でより詳しくお伝えできる、そんなご縁が出来たら嬉しいですね。

 

よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

おつかれさまでした。

 

 

三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-

 

試験の講評についてのお問い合わせは、ハングル語学堂・四日市校までご連絡下さい。


――――――――3級 解答 終わり――――――――

準2級・筆記

3 級・筆記

4 級・筆記

5 級・筆記

▲このページのトップへ

準2級・聞取

3 級・聞取

4 級・聞取

5 級・聞取



 
 第45回 秋季「ハングル」能力検定試験 解答速報  4級

   筆記問題

[1] 1)② 2)③ 3)①   4)④  


[2] 1)④ 2)③ 3)② 4)①


[3] 1)② 2)① 3)③ 


[4] 1)④ 2)④ 3)② 


[5] 1)① 2)③ 3)① 


[6] 1)④ 2)③ 


[7] 1)② 2)④  3)③ 4)④


[8] 1)① 2)②  


[9] 1)③ 2)②  3)①  4)④ 5)①


[10]  文章の日本語訳

 私は先月から運動を始めました。毎日夕方6時から一時間くらい
家の近所を走ります。ところでその時間にはあちこちで夕飯を準備
するにおいがします。それがいやで来週からは夕方ではなく朝に走
ろうと思います。ですから早く寝て早く起きなければなりません。


     解答  1)④   2)③  


[11]  対話文の日本語訳

 ミナ:ユキさん、どうかしたんですか。
 ユキ:おとといの午後からうちの猫が見えません。それで一生懸命
       探しているところです。 
 ミナ:家がアパート(マンション)の5階ですよね。どこにいったん
       でしょうね。
 ユキ:さあ。昨日は心配になって眠れなかったんです。 
 ミナ:あ、そうだ。昨日コンビニの近所で(白い猫を見ました)。
 ユキ:そうですか?でもうちの猫はその色じゃないです。
 

    解答  1)③   2)①  


 


[4級・筆記試験の解説・講評]



―前回との比較―

<難易度>やや易化。

<問題語数>前回並み。

<問題内容>問題形式も同じ。




当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。




여러분,안녕하십니까?



韓国語の学習を始めて、今回ハン検4級を受験された時点でどれくらい経ったでしょうか。


ハン検4級は、語彙数が5級の約2倍になって、発音変化や不規則活用も一気に登場し、
さらに文法的には修飾語句(連体形,副詞語の数と、より深い理解)も出題されはじめ、
一度に理解すべき内容もグンと増えます。

それでも、日本語に比べて厳密に文法を示す(修飾・非修飾の明確化など)といった一部例外を除き、
他言語と違って、日本語と同じ語順でほぼ解釈できるわけですから、
気楽に身に付けていきましょう。




ここで余談で、この解説の執筆者は、2015年10月にイタリア語検定(伊検)5級を、
約10年ぶりに受験をしてきました。

仏検・中検では山のように不合格通知を受け取っていますが、
主催者発表の合格者受験番号によると、自身の受験番号があるので合格しました(合格率68%)。


入門級の5級ではあっても(でも入門初級であまり採り上げられない項目も問うてくるんですよ)、
合格できれば嬉しいですし、さらに頑張ろうという気持ちになりますね。



仏検・中検を中心に、他言語の検定受験も励むべきである中、
伊検は、次回2016年3月におこなわれる4級試験も受験するつもりでいます。

この解説をご覧くださった、ハン検4級受験者の皆さまにおかれても、
今回ハン検4級に合格され、次の3級受験も既に思い描いていらっしゃいますよね?


ところで、このサイトのように正答だけでなく、解説してくれると嬉しいのにと思いますけどね(笑)




では、第1問の音声問題で、4級の出題基準で出題された項目は、


鼻音化・激音化(2ヶ所)・流音化・ㄺパッチムの発音


です。


前回は、

鼻音化・激音化(2ヶ所)・口蓋音化・二重パッチムの発音 + ㅁパッチム用言での濃音化

で、やや変えてきましたね。



まず確認したいのは、各問で問われている発音ルールが、
自分には今やおなじみのものか、あるいはよく知らなかったものかです。

根本的には、韓国語ネイティブが発音しやすいようにしたことを体系化したもので、
例えば2)3)にある激音化も、5級の解説でも述べられている通り、


〔ㅎ は子音ではなく ㅇ の激音〕


なので、後ろの子音(口音)に影響を与えて、息を強く出すとすればすっきりします。



そして、4)は意外と知られていません。
ㄺパッチム は ㄱ が後続すると両方発音されます。

日本語でいう「明るい」を、韓国語の事情に合わせて‘音と綴りで伝える’において、
ㄹパッチム(l音)とが無いと、例えば 박다([くぎを]打つ,挿す)と区別ができなくなるからです。 

この発音ルールは3級受験時でも注意です。




このように、それぞれにきちんとした理由がある韓国語の発音ルールを、
ただ公式で覚えるのは、単なる暗記になってしまいます。

韓国語の各発音ルールは、日本語とは違う、韓国語の事情によってまとめられたもので、
単にルールとして覚えるより、そのように変化する成り立ちまで知っておき、
ただの‘丸暗記した知識’にしないことが理想です。

単に聞こえてきた音をマネするだけでなく、発音する時の舌の動きや舌先の位置を目で確認して、
それらの発音変化を起こす仕組みまで学びましょう。



「これはもともとこう発音するものなので、このまま覚えましょう」



という、時に納得がいかない形での学習でなく、「あ、だからそう変わるんだ」と理解が深まります。




続いて、第2問・第3問の単語テストです。


「単語を覚える」ことは、韓国語に限らず、外国語学習での大きなテーマです。
本当に大変です…

特にハン検は(自分が知る限り英検でも)、語彙力そのものをストレートに訊いてきますしね。

先の箇所で書いた伊検では、前置詞や時制や主語の性数に一致させた用言活用といった、
文法面をよく訊いてきました。


その恩恵を受けて、語彙力不足でも合格できましたが(笑)、
それはさておき、いろんな覚え方が紹介されている中で、まず間違いなく言えるのは、



『単語は短文で覚える』



だと思っています。

それは、通常単語単語でやり取りがされないからです。



私達の母語である日本語は例外に属していて、例えば、


例)

A:暇?

B:うん、今日は。


で会話が成立しますが(これは世界最古の国家・日本だからこその事情が反映されています)、
単語に触れるのではなく、短文の中での単語に触れていきたいですね。


ということは、今回の正答語については、正解不正解を問わず、
出題された問題文で覚えてしまいましょう。



それぞれ別段特別な語は無く、4級受験時点で知っていたい語ばかりですが、
覚えるべき優先順位を設ければ、やや後回しになる語が並んでいるでしょうか…


しかしそれは正答語であって、その他の語には習得優先順位が高い語があります。
例えば、2)3)の用言ですと、답하다,통하다,들어오다,세우다 を挙げたいと思います。

ただ、これはあくまで優先順位であって、最終的には全て覚えたいですよ。
日常会話(ハン検では準2級以上レベル)では当たり前のように使うからです。




続く第3問では、1)の 큰소리 が事実上1つの単語として扱われます。

そして2)늘다 は「上達する」で(你的中文水平提高了)、
3)の副詞問題は、末尾にある用言が過去時制であることに合わせます。




では第4問・第5問の語彙問題で、第4問2)では 고기 とだけあっても 물고기 のことです。
前に 강[江] とあるからです。



あと3)の接続語問題もよろしかったと思います。

‘韓国語の事情’で解答したくもありますが、それぞれに該当する訳で答えられますね。
それによる解答は、次の3級以降でということで。




では、第5問・言い換え問題です。


1)の 어렵다 で、よく知られる「難しい」から、さらに広げて解釈できるようにしておきましょう。


겪게 되는 곤란이나 시련이 많다. (経験するに至る困難や試練が多い)



そして2)の 다 됐다 も、ぜひ使えるようにしておき、
あるいは訊かれたら答えられるようにしておきましょう。

되다 には、[完成][成立]というコアイメージがあるところから、③ 끝나다 と合います。 




続いて第6問の活用問題で、今回採り上げられたのは、
なぜか「splonの法則」と、あとは ㅂ不規則です。



ㅂ不規則が問われるのは、ハン検4級に限るとおなじみですね。


“ㅂ 取って 우 付ける”


これを頭の中で何回も唱えて、十分慣れておきましょう。




そして第7問です。
ここ最近は恒例で、助詞が2問・接続表現と語尾表現が1問ずつの出題です。



2)の正答句である ㄹ 거예요 は、この形でテキストによく載っているので有名である一方、
「~(する)つもりです」しか訳出できない方が多いと印象を、解説執筆者は持っています。

「~(する)つもりです」になるのは、あくまで主語が1人称と2人称の場合ですね。


3)は、後ろで否定を表しているので(없다)③ですね。




続いて、第8問の挨拶表現問題で、

2)の正答表現は、別に問いにある「上司にほめられて」に限らず、
いざという時に使えるようにしておきたいですね。




そして、第9問の対話文問題です。
5級に比べると語数がぐんと増えて、発話一つ一つを丁寧に見ることを求めてきます。



1)は一応慎重に見ましょう。

Aは 가다 をしようとしている、つまり今いる所から[離れる]わけですから、
①では逆になってしまいますね。

まあ、これは一応ということで。



2)もよろしかったですね。

韓国語では 약[薬] を「食べます」(水薬<물약>を除きます)。
中国語も薬は「食べます」が(吃药)、東アジアで薬を「飲む」のは日本語くらいです。

東南アジアまでさらに広げると、例えばベトナム語やタイ語,タガログ語,インドネシア語などでは、
薬をどうするんでしょうかね。



ちなみに、推している俳優の名前が問題文中に出てきてよかったですね(笑)




それでは、第10問・第11問の文章問題です。

ここ最近は、対話文形式と文章形式で1問ずつ出題されますが、
問いは単純な、穴埋めと内容一致です。



まず第10問で、はじめに2)の選択肢を読んでおきます。
それらの短文を見ただけでも、これから読む文章の内容がある程度分かりますよね。

で、チェックすべき箇所がありますから、それらを確認して問題文を読みます。
正誤根拠箇所と直接対照すると、



ⅰ)나는 매일 아침 6시에 일어납니다. ≪私は毎朝6時に起きます≫

× 該当箇所無し


ⅱ)나는 운동 시간을 바꿀 것입니다. ≪私は運動時間を変えるつもりです≫

 ○ 그것(= 저녁 준비)이 싫어서 다음 주부터는 저녁이 아니라 아침에 뛰려고 합니다.



ですね。




続く第11問で、ここでもまず選択肢もチェックしましょう。

1)の各選択肢には全て 고양이 がありますから、「猫」がどうかしたんでしょうね。 
そして2)の内容一致問題では、



①④ → 由紀の発話をチェック


② → 미나[慜娥]の発話をチェック




で、1)の正答根拠は(  33  )の後に続く由紀の発話にありますね。



~~.근데 우리 집 고양이는 그 색이 아니거든요.

 ≪~~。ですが、ウチの猫ってその色じゃないんですよ≫



指示語が指せる語は、選択肢中の③にありますね。희다 です。




ということで、今回・第45回の4級筆記試験を振り返りました。
いかがでしたか。


基本的に出題は変わらず素直です。
今回は、語彙的にやや高い水準を求めてはきましたけどね。

とはいっても、それはもちろん「トハギ」のリスト内で問われていて、
‘やや高い水準’というのは、習得優先順位が比較的低く、
教材類でも現時点で触れにくい語句が選ばれているからです。



今回4級に合格し、次は3級ですが、4級から‘世界がガラリと変わる’中で、
それだけ段階がグンと上がります。

いい意味で覚悟しておきましょう(笑)
でも、そこで求められるレベルの韓国語を身に付ければ、世界がグンと変わる分広がりますよ!




解答速報はご覧になってくださっていても、答え合わせだけをしてこのサイトを閉じることなく、
この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。
本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は速報という関係上、
厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。

本来はこの程度の解説に留めているのが執筆者の本意でなく、
もしもう1日余分にあれば、より細かい項目についても具体的に書きたいんです。

よろしくお願い申し上げます。



おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-


試験の講評についてのお問い合わせは、ハングル語学堂・四日市校までご連絡下さい。
 


準2級・筆記

3 級・筆記

4 級・筆記

5 級・筆記

▲このページのトップへ

準2級・聞取

3 級・聞取

4 級・聞取

5 級・聞取

         

 第45回 秋季「ハングル」能力検定試験 解答速報  4級

   聞取問題

[1] 1)①    2)②    3)④    4)①


[2] 1) 対話文 
   
  男: 뭘 살 거예요?
  
  女: 고기는 어제 샀으니까 생선하고 맥주, 그리고 파를 사려고 해요. 
  
  男: 아, 오늘은 귤이 사네요. 
  
  女: 그건 집에 많이 있거든요.


【質問】 이 두 사람은 몇 번입니까?


           解答  ④


2)質問

     맞는 것은 몇 번입니까?

  選択肢
   
  ① 남자는 오른손을 올렸습니다.

  ② 아이가 어머니에게 인사를 합니다.

  ③ 두 사람이 손을 잡았습니다.

  ④ 어머니는 두 손에 꽃을 들었습니다.
   
 
               解答 ③
               
          
[3] 1)問いかけの文 무엇부터 그릴까요?
 
                  解答 ①


   2)問いかけの文 감기는 다 나았어요?

                   解答  ②

        
   3)問いかけの文 그제 배구 시합 봤죠?

                  解答  ④
           


[4] 1)文章   갑자기 이상한 소리가 나서 놀랐습니다.

            解答 ④
                                                    
   
     2)文章 여기서 호텔까지 몇 분쯤 걸려요?

                解答 ③


       3)文章 나 좀 도와주면 안 돼요?
               
           解答 ②



[5]1)対話文 

 女: 내일 오후에 서울 가는 비행기 표 있습니까?  
   (明日の午後に飛行機のチケットありますか。)

 男: 죄송하지만 내일 표는 이제 없습니다. 
  (すみませんが、明日のチケットはもうありません。)

 女: 그럼 모레 아침 표는요?(ではあさってのチケットは。)

 男: 네, 있습니다.(はい、あります。)

 女: 그럼 그걸로 주세요. (ではそれ下さい。)


  【質問の答え】

  ① 모레 오전     ② 내일 아침     ③ 내일 오후     ④ 모레 오후

            解答 ①
   
                                 
 2)対話文 
  
 男: 이 바지 어때요?(このズボンどうですか。)

 女:  좋네요. 색도 예쁘고요. (いいですね。色もかわいいし。)
 
 男: 그래요? 그럼 이걸 살게요. (そうですか。ではこれを買います。)

       【質問の答え】

    ① 식당       ② 신발 가게

    ③ 옷가게      ④ 꽃집

                          
     解答 ③

              
[6]  1)文章

  색깔은 이것 하나밖에 없지만 물건은 좋거든요. 한번 신어 보시죠.
 (色はこれ一つしかありませんが、物はいいですよ。一度履いてみてください。)

            解答 ③
 
                                     
2)文章

 저는 초등학교 2학년이고 동생은 1학년이에요. 언니와 오빠는 없
 어요. 그런데 지난달에 남동생이 또하나 생겼어요.

(私は小学2年生で弟は1年生です。お姉さんとお兄さんはいません。
 ところで先月弟がもう一人生まれました。)


                    解答 ②

3)対話文

 女: 준이 아빠,  이 글자 어떻게 읽어요?
   (ジュニのお父さん、この文字どう読むんですか。)

 男: 나도 잘 몰라요.(ぼくもよくわからない。)
 
  女: 역시 한자는 어렵네요.(やはり漢字はむずかしいですね。。)


            解答 ④

4)対話文

 男: 학생, 이 아르바이트는 아침 7시까지 나와야 돼요.
   
 女: 저는 8시 이후부터는 가능합니다만.
  
 男: 그럼 안되겠네요.


                      解答 ①
                 
                   
[7]  対話文  

 女: 정우 씨, 영어 회화 가르쳐 줄 사람이 없을까요?
 
 男: 친구 중에 미국에서 온 유학생이 있어요. 
 
 女: 일주일에 2번, 한번에 한 시간쯤 하고 싶거든요.

 男: 물어볼게요. 근데 요일이 안 맞으면 어떻게 하죠?

 女: 저는 시간이 많으니까 무슨 요일이라도 괜찮아요.


     【問1】 解答  ③


     【問2】選択肢

  ① 두 사람은 요일을 바꾸려고 합니다.

  ② 여자는 바쁜 사람이 아닙니다.

  ③ 정우 씨가 영어를 가르쳐 줍니다.

  ④ 여자는 친구를 찾고 있습니다.
	              
 
                   解答 ②


 

[4級・聞取試験の解説・講評]



―前回との比較―

<難易度>前回並み。

<問題語数>前回並み。

<問題内容>問題形式も同じ。




当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。




まずは、問題音声をどれくらい理解できて、どう解答したかを確認しておきましょう。
それは同時に、ハン検対策を問わず、これまでのリスニング練習自体を確認することになります。



初級段階の習熟度を測る、4級のリスニング問題ですが、
前回の解説でも触れたことで、ハン検全6段階の中で4級が一番キツいリスニングを要求します。

4級は、5級と違う難易度を付ける必要がありながら、
比較的短い問題文で、試験時間の30分を埋めるためになのか、
問題が多く、5級に比べると余裕が無かったりするんですね。


それは例えば、上級と呼ばれる2級や1級では、語句と文構成の難易度が高く、
問題語数が多くても、基本的には既に韓国語を自由自在に聞いて話せる方が主に受験するので、
学習段階に照らし合わせた負担は、それ程でもないんです。


よく復習しておきたいですね。
何度も聞いて、シャドーイングとディクテーションに利用したいです。



でもその一方で、試験問題解答のためのリスニングに限っては、
全て聞き取れないと解答できない(してはいけない)わけではありません。



解説執筆者が2015年9月に参加した、
広島県福山市でのハンガンネットセミナー(通称:ハンセミ)で(寿香さん,ひさこ先生ありがとう!)、
阪堂千津子先生もおっしゃっていたことで、1つ1つの単語や音声が気になってしまい、


「あれ、今なんて言ったっけ?」


となると、後に聞いてすぐ分かる箇所があるかもしれないのに、それさえも逃してしまいます。



目的を持って必要な情報(ここでは[正答を出すための情報])を選別し、
背景知識を総動員して、先を予測しながら、大意を要約する練習もしたいですね。


解説執筆者も、ここで千津子先生が教えてくれたことを、伊検5級でさっそく実践しました。

試験当日まで、正直リスニングを十分練習できなかったのに、
ハンセミで確認したことを使い、合格点は獲れたようですしね。



とにかく、先の事を実現するために、まず聞き取り試験の音声が流れ始めたら、
最初の聞き取り試験全体の説明(55秒)、さらには各問の説明(平均25秒)の間に、
選択肢を見ておかなければなりません。

過去問や受験案内をよく見ておけば、試験中の説明はそんなに注意して聞く必要が無いので、
各選択肢を、最初の全体説明と、各問の説明の間に、できる限りチェックしておきましょう。




第1問はサービス問題の、ハングルの綴りと音を聞き取る問題です。

今回も1)で、5級の第2問のように、数詞を聞き取る問題が出題されました。
幸い、紛らわしい部分は問われていません。



韓国語学習で重要な、〔音と綴りを一致させた語句習得〕を引き続き積み重ねていきましょう。


ところでこの問いを、今まではこの程度で想定していて、
実際受験される方々も、ほぼ全ての方がここは余裕だとおっしゃっている一方で、
最近、これを苦手としているというお声を聞きました。

それで、一応の対策を以下のように執っておきました。



[1]
事前の選択肢チェック時に、問題文と選択肢全体を見れる余裕があり、それぞれの語句が分かれば、
音声が流れる前に‘文脈’から解答してしまい、後で聞いた音声は確認として聞く


[2]
もしその余裕が無かったら、各選択肢の語だけに注目し(問題文は無視します)、
聞こえてきた音と選択肢を対照する



特に[1]はつまり、筆記の語彙問題のように解いてしまおうということです。
3)ではこれを確実にできて、2)でもいけそうです。

このことを確認すると、この問いはハン検に限らず、


『リスニング試験で珍しい、後で見直しができる問題』


なんですね。




では続いて第2問の絵問題で、ここから選択肢の事前チェックが必要になってきます。

いろんな方法があると思います。
この解説で採り上げているチェック法は、



[1]全てに共通している部分を消す。


[2]2つ、3つ共通している部分をチェックしておく(例:○、□などで囲んでおく)。


[3]選択肢同士の、一番大きな違いを押さえる。



この作業をしておいてから、問題文が流れてくるのを待ちます。



1)は、各選択肢がバラバラですので、冒頭で正答が出そうです。

ただ、各絵にある場所や物と動作を、単語でいいので準備しておいた方がいいです。
数は多くなくていいです。


例えばそれぞれ、


① 사다,400엔(「イカ<오징어>」や「屋台<노점>」は4級の語彙ではありません)


② 만들다 あるいは 맛보다


③ 식당(レストラン[레스토랑]は3級です)あるいは 집,식사하다,술


④ 가게,사다,야채,과일


こんな感じでですね。

それぞれをそのまま言ってくれはしないかもしれませんが、何も用意しないよりはマシです。


で、問題文からは 사다 が聞こえてきて、その後いろんなものも聞こえてきました。
全て聞き取れなくても①か④が自然と残り、④で用意した語に関連する 파,귤 が後に聞こえてきます。



続く2)では、絵に対する【質問】と選択肢を聞き取って選ぶという問題ですから、
【質問】の聞き取りに集中したいですが、結局は絵を説明する文を選んでくださいというものです。


ここでも、絵にある場所や物と動作を、単語でいいので準備しておきます。
何を用意したでしょうか。

絵の中の情報が結構多いんですが、登場人物は3人それぞれと、
各人で特徴的な部分を表す単語を用意しておきましょう。


で、問題文ではなかなかなところを訊いてきました。

①は×ですね。男性が上げているのは 왼손 です。




では、第3問の応答文問題です。

応答文とはいわゆる‘問答’なわけですから、事前の選択肢チェックをバッチリやっておき、
疑問詞に注意しながら聞き取ります。

必ずしも疑問詞が聞こえてくるわけではないですが、
今までの問題のように、そう準備しておくだけでも正解率が変わってきます。



で、1)でさっそく疑問詞が聞こえてきました。



무엇부터 그릴까요?  ≪何から描きましょうか≫



すると、会話の相手には 무엇 に答える義務が生まれますが、
무엇 は[物事]を訊く疑問詞ですから、①の 저 다리 と合いますね。



次の2)は、낫다 の活用形をきちんと聞き取れるかという問題で、
3)は平易です。



余談で、解説執筆者的には、시합[試合] という語にどうしても違和感を覚えてしまいます。

実際にこの語はありますし、日常で使われはします。
でも、日本語でいう「試合」は、圧倒的に 경기[競技] の方が多いんです。
例えばスポーツニュースでも、聞こえてくる音や字幕は 경기 ばかりですしね。




では、第4問の翻訳問題で、ここでは選択肢チェックがどれだけできたかを振り返りましょう。



1)は、③「急に」と④「いきなり」が同じ意味なので、これらを疑ってかかります。

ふたを開けたらそうですね。で、後に続く 이상하다 で決定です。

이상하다 は、漢字で[異常]であっても、意味としては「異常だ」より、
もっと軽い「ヘンだ」「おかしい」程度です。



3)では、出だしがバラバラですね。

で、聞こえてきたのは、



나 좀 도와주면 안 돼요?



よくよく考えると、なんかまどろっこしい言い回しですが、
나 は「私」で、すると 도와주다 は「私」に向かっての動作ですから②が正解です。

他は、「私」以外に向けての 도와주다 ですよね。



ちなみに、正答の訳にこそ「ちょっと」とあっても、
文中の 좀 そして日本語の「ちょっと」は、もちろん量的なことはいっていませんよね。

丁寧に依頼するために添えられる語で、まさか、


≪私を‘長時間’手伝ってくれませんか≫


などというわけがないからです。


余談で、この「ちょっと」をそのまま解釈してしまう例がよくあるそうです。
韓国語から離れて、これは前回の3級・筆記の解説で採り上げた京大英作文で、


『どうして映画監督になりたいと思ったのか、少しお聞かせいただけますか』


この中の『少し』つまり「ちょっと」で、そのまま a little と訳す受験生が結構いるそうです。

ここの『少し』も韓国語の 좀 同様、丁寧に依頼するために添えられているだけなので、
英訳ではそれを無視して、


Could you tell me why you want to be a film director?


とし、『少し』は訳しません。ぜひ韓訳にも挑戦してみましょう。




では、第5問の対話文問題です。


1)では女性がソウルへ発つ日時を選ぶということで、
ソウルという行き先からすると、時間だけでなく日や曜日なんかも聞こえてきそうです。

さらに、女性のことですから、女性の発話に集中しましょう。



女:내일 오후 → (男:それを拒否) → 女:모래 아침



という流れを聞き取ります。


前回も同じパターンで出題されました。
はじめに出た日時は大体否定され、それに出された代案が正解というものです。



次の2)は、これもまたおなじみの、会話がおこなわれている場所を選ぶものです。
会話を聞きながら、自分で場所を特定しましょう。

바지 と 사다 が聞こえてきましたから、옷가게 じゃないかなと導き出します。
ここでももちろん、そのまま聞こえてくるかは分かりませんが、ここでは幸いそのままですね。




次の第6問も前回に続き、いつもの対話文の他に文章も聞こえてきます。

ここでも、各選択肢をどうチェックしたか振り返っておきましょう。
このあたりまでくるとは、もう同じことの繰り返しです。



1)は平易で、신어 보시죠 ですから「履く」はまだしていませんね。



続く2)はやや難しいです。

そうさせているのは数詞で、
③などは、「音を聞いて登場人物数を計算しろというのか?」って感じですね。
緊張してしまうので、選択肢チェックをきちんとしておきましょう。


まあ、聞きながらの解答順番としては [④消す] → [①③消す] となりはするものの、
正解率は他の問題に比べてやや低いかもしれません。



そして3),4)の会話文は、選択肢を利用し、
男性女性それぞれの発話一つと選択肢一つを対照させながら聞きます。


3)では、②と④を男性の発話(「ハングルが読めない」「漢字が読めない」)で、
①は女性の発話(「漢字が得意」)で取捨します。


で、会話自体は短いですが、男性が、



나도 잘 몰라요.  ≪僕も(漢字)よく分かんないよ≫



と、④そのままを言ってくれているので幸いです。




では最後の第7問で、4級のリスニングで一番緊張する問題です。



まず大切なのは、【問1】の【質問】を、放送前にきちんと読んでおいて、
今から聞く会話文の内容を、ある程度思い描いておくことです。


【質問】を見ると、女性には何かしたい事があるんですね。


「したい事って何なの? したい事って何なの?」

と、頭の中で唱えながら聞いていきます。

そして、今までのように、女性について訊いていますから、女性の発話に注目です。
【問1】は、1回目の朗読で答えましょう。



女性の発話を聞いていくと、はじめの発話で③が消えて、
男性の紹介と提案に対して、



일주일에 두 번,한 번에 1시간쯤 하고 싶거든요.

≪週に2回,1回1時間でやりたい(レッスンを受けたい)んです≫



저는 시간이 많으니까 무슨 요일이라도 괜찮아요.

≪私は時間的に余裕がありますから、何曜日でもOKです≫



と条件をいっていますから、①が正解ですね。



そして【問2】は、最後の問題ですから、2回の朗読をじっくり聞いて、
必要そうな情報をメモし、各選択肢を聞きながら取捨していきます。

選択肢のメモは必要ありません。聞こえてくる音と、取っておいたメモを対照させましょう。


順に聞いていますと、



①「2人は曜日変更を」× → ②「女性・忙しくない」○ → ③「男性・英語を教える」×

→ ④「女性・友達探し」×



と解答できます。




次回3級を受けて合格するためにも、ハン検の聞き取り問題は(TOPIKも)、



〔聞いて分かる語句を増やす〕 + 〔事前の選択肢チェック〕



という2本立ての練習を磨いておくことで、自分で得点をひねり出すことができることを念頭に、
対策学習を積み重ねていきましょう。


そしてはじめにご紹介した、


<目的を持って必要な情報(ここでは[正答を出すための情報])を選別し、
背景知識を総動員して、先を予測しながら、大意を要約する練習>



も十二分にやっておきたいです。

これから上がっていくと、聞く内容の難易度がぐんぐん上がっていくからです。
すると、全て聞き取らないと解答できないようでは、いつまで経っても前に進めませんね。




解答速報はご覧になってくださっていても、答え合わせだけをしてこのサイトを閉じることなく、
この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。
本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は速報という関係上、
厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。

本来はこの程度の解説に留めているのが執筆者の本意でなく、
もしもう1日余分にあれば、より細かい項目についても具体的に書きたいんです。

よろしくお願い致します。



おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-

試験の講評についてのお問い合わせは、ハングル語学堂・四日市校までご連絡下さい。

                              ――――――――4級 解答 終わり――――――――

準2級・筆記

3 級・筆記

4 級・筆記

5 級・筆記

▲このページのトップへ

準2級・聞取

3 級・聞取

4 級・聞取

5 級・聞取


 第45回 秋季「ハングル」能力検定試験 解答速報  5級

   筆記問題

[1] 1)③ 2)② 3)① 


[2] 1)③ 2)④ 3)① 4)②


[3] 1)④ 2)④ 3)①  4)②  5)①


[4] 1)① 2)① 3)② 4)① 5)④


[5] 1)② 2)③  3)③  4)④


[6] 1)② 2)① 

 
[7] 1)② 2)①  3)①     


[8] 1)④ 2)④  3)①
 

[9] 1)④ 2)① 


[10] 1)対話文・選択肢の日本語訳

  A:(    )

  B:だめですよ。時間がありません。


  ① なぜ嫌うのですか。    ② ゆっくりやってください。

  ③ どうやって通いますか。  ④ 早くしてください。 


     解答  ②  

2)対話文・選択肢の日本語訳

  A:(    )?

  B:妹だけいます。

 ① 今何をしていますか。 ② 友達がたくさんいますか。

 ③ お姉さんがいますか。  ④ この方はどなたですか。 

     解答  ③

3)対話文・選択肢の日本語訳

  A:宿題おわりました。

  B:(    )?。

  A:図書館でです。

  ① 何時間かかりましたか。 ② 宿題がありました。

 ③ 難しかったです。  ④ どこでしましたか。 


     解答  ④

4)対話文・選択肢の日本語訳

  A:韓国旅行に行きたいです。

  B:(    )?

  A:いいえ、できません。

  ① 韓国語わかりますか(できますか)。 ② キムチが好きですか。

  ③ 韓国のお店に行きましょうか。  ④ いつ行きたいですか? 


     解答  ①


5)対話文・選択肢の日本語訳

  A:チョルミンさんは趣味が何ですか?

  B:(    )。

  A:私もスポーツしたいです。

 
 ① 音楽が好きです。  ② ぼくは毎日のようにサッカーをします。
 
 ③ コンピューターが好きです。  ④ 料理教室に通っています。

    解答  ②


[11] 対話文の日本語訳

マ イ: 何を注文しましょうか。

セフン: プルコギがいいですね。

マ イ: 私はビビンバが食べたいです。

セフン: じゃ2つとも頼みましょう。お酒は好きですか。

マ イ: 私はお酒は(飲めません)。

セフン: すみません、プルゴギとビビンバ、そしてジュース2つ下さい。


    解答  1)③  2)③  3)③

 
[5級・筆記試験の解説・講評]



―前回との比較―

<難易度>前回並み。

<問題語数>前回並み。

<問題内容>問題形式も同じ。



当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。




여러분,안녕하십니까?



ゼロからスタートし、‘ぺラぺ~ラへの道の入り口’となる、今回のハン検5級受験で、
これから韓国語と楽しく付き合っていけそうな、そのきっかけを手に入れられたでしょうか。




突然の話、この解説の執筆者は2015年10月に、
約10年ぶりのイタリア語検定(伊検)5級受験をしてきました。

主催協会のサイトに掲載された、合格者受験番号によると合格しました(合格率68%)。


入門級の5級ではあっても(とはいえ、伊検5級ではかなりのレベルを求めてくるんですよ)、
『合格』を手にできるというのは嬉しいですし、
さらに頑張ってぺラぺ~ラになってやろうという気持ちになりますね。


何度も打ちのめされている仏検・中検をはじめとした、他言語の試験にも受験予定でいる中、
伊検は、次回2016年3月におこなわれる4級試験も受験するつもりでいます。


ここ韓国語の世界では、エラそうなことをのたまっていますが、世界が変われば立場は同じです。

今回のハン検5級受験・合格を機に、さらに頑張っていきましょう!!


ちなみに、伊検の解答発表では、このサイトのように正答だけでなく、
解説してくれると嬉しいのにと思いましたけどね(笑)




ところで、ここまでの韓国語学習でお感じになられたであろう通り、
自分達日本語ネイティブにとっての韓国語は、発音などの一部例外を除き、
英語や中国語などの他言語に比べると、‘ぺラぺ~ラ’を手に入れやすい言語です。

先に挙げたイタリア語と比べても、発音こそいわゆるローマ字読みがある程度許容されるので、
日本語ネイティブには比較的楽ですが、文法は他のヨーロッパ諸言語に倣います。
あるいは、例えば前置詞の複合形などにも本当に苦戦します。


そんな手軽さが私達日本語ネイティブにとっての韓国語はある中、これは前回の解説でも触れたことで、
韓国語学習スタート時点で待ち構えている『3つの壁』があると、いつも考えています。

順に、



〔文字・発音を覚える〕


〔パッチムのお引越し(連音化<アンシェヌマン>)〕


〔用言の活用〕



が挙げられます。


連音化(アンシェヌマン)以外にも、文字には現れない、様々な発音変化がありますが、
まず、この連音化(アンシェヌマン)に慣れることが、
母音中心の日本語を母語とする自分達にとって、結構キツかったりします。

実際に解説執筆者の知る限り、学習経験をある程度お持ちの方でも、
ずっと苦手にされているようですしね。



今回5級を受験されて、それらをまず基本的にクリアされました。

韓国語学習を進めていく上での準備完了度を測るハン検5級受験を機に、
‘韓国語ぺラぺ~ラへの道’の入り口を通り、をさらに進めていきましょう!!




第1問の発音問題で出た項目は、


連音化・합니다体の鼻音化・濃音化・ㅎ の弱化


です。


前回は、

連音化・합니다体の鼻音化・濃音化・ㅎ の弱化

で、同様の出題です。



3)で、前回も 싫어요<시러요> で出題されていましたが、
なぜ ㅎ を発音しないのかと疑問に思われたことはありませんか。

他の例ですと、ㄶパッチム(많아요<마나요>,괜찮아요<괜차나요>)がそうですね。


これらは俗に<ㅎ の弱化>と言われていますが、厳密には、


〔ㅎ は子音ではなく ㅇ(母音・無声)の激音〕


です。

元々音を持っておらず、「息を強く出す作用を働かせます」という役割を画的に表しているだけなので、
発音されなかったり、一方で激音化を引き起こしたりもします。



もともと ㅎ は、専門用語で『無声声門摩擦音』と呼ばれます。

『無声』なので、発声自体はしているものの、声帯の振動を伴っておらず、
一方で肺から強く出た息が『声門』を『摩擦』しているので、
あの音が‘一応’出ているということです。


例えばおフランスやイタリア語では、これを音素としていないので、表記はしても発音しませんが、
ハングルでは、このことを画的に表すために、『加画の原理』によって、


〔ㅇ  →  ㅎ〕


と関連付けて表記したんです。

『加画の原理』については、野間秀樹先生の著書「ハングルの誕生」に明るいです。



それはともかく、日本語ネイティブの自分達にとって、「なんでわざわざこんなふうに変わるの?」と、
場合によっては納得できない発音変化を、これから順を追って学ぶことになります。

一方でそれらは、韓国語の事情に当てはめると、きちんとした理由があります。
大げさな用語を使えば、‘韓国語の音声学的に’ですね。

なので、理想としては、各種発音変化をただ公式として覚えるのではなく、
そう発音するには、きちんとした理由があることまで知って身に付けていきたいです。


基本的には話せて聞けるようになれればいいので、そのことに神経質になる必要が無くはあります。

もし教える側がやたらそれらに固執しているとすれば、それはより正しく実用するためというより、
「きちんと発音できないと通じない」と煽ることで学習者の方が教材を買うし、
教室に通ってくれるなど、いわゆる‘金を生むから’ですが、一方で、きちんと理由があるのに、



「もともとこういうものだからそのまま覚えなさい」



などと言われて、ただただ暗記していくのはツラいです。

先程見ましたように、<ㅎ の弱化>と呼ばれるものにも、きちんと理由があるわけですからね。



そして、それら身に付けていく基本は、音を聞いてマネるのと共に、
決して感覚的なものではない(「印象批評」といわれます)具体的な発音の仕方を、
耳だけでなく目からも知った上で『音読』に努めましょう!

最近は、例えばデンタルモデルを用いて、舌の動きを画的に確認したり、
あるいは音声認識ソフトも使い、音の強弱などをこれまた画的に見ることも試みられています。




では、第2問・第3問の「単語テスト」です。

第2問のような問題を出す協会側の意図を推すると、
出題された各語の綴りを、単に確認しているのみならず、語句を覚える時、普段から音だけでなく、
綴りまで覚える形で学習してほしいというメッセージが込められている気がします。

あらゆる言語の中で、特に韓国語は、綴りと音がずれる例が多いことからの出題と考えています。


これは特に注意したいですね。
語学以外のあらゆる分野でも、機械が簡単に導き出してくれる今この時代だからこそ、


「ペンを持ち、手を動かして書く」


ことは本当に重要です。


ただ一方で、‘外国語学習では何より音が重要である’という真理があったりもします。
大切なのは‘音’であり、‘音’が押さえられていれば、まずはよしとしましょう。


その‘音’を押さえ、こういう場で問われる綴りにも対応できるように、
ただテキストなどを見ているだけであったり、音を聞いているだけではなく、
‘身体(手,口)を動かす’という適切な方法で、しっかりと語彙力を高めていきましょう。

ただでさえ、ハングルは「音を表す字」ですからね。



出題者側に望まれることとしては、5級リスト・約450語のうち、
この入門段階で、私達が優先的に知っておきたい語を選んで出題してほしいものです。

覚えるべき語には、確実に優先順位がありますからね。


今回も前回同様、その条件をおおよそ満たした出題です。



第2問では、3)で不正答の ② 생각입니다 でも一応成立します。

でもこれは 생각 に 입니다 が付いていますから、생각 は名詞で、
訳は「考えます」ではなく「考えです」ですね。

この、


『생각 に 입니다 が付いているから、생각 は名詞』


という捉え方は、この先の‘暗記にとらわれない学習’の核心を突いていたりするんですよ。




そして第3問5)では珍しく、数詞が出題されました。

数詞は、学び始めて間もない段階で触れるということは稀だと思います。
ただの単語なので即効性は高かったりしますが、それより前に学ぶべきことが他にもあるからです。

②の組み合わせは実用性が低いですね。
今や、地方でも資本主義的経済が浸透しているといわれる北朝鮮でも見ないかもしれません。



ところで、先の「ペンを持ち、手を動かして書く」ことの重要さについて、
最近はケータイ・パソコンを中心とした機械が、漢字を中心とした文字を導き出してくれて、
それは言うならば、記憶を引っ張り出すことをあまりしなくなったからか、
いざとなると、簡単な漢字すら書けないということがよくあります。

この解説をご覧くださった皆さまはいかがですか。

解説執筆者的にはそれを自身にかなり危惧し、なるべく「手を動かして書く」ことを心がけています。




では、第4問です。


単語の意味は文脈(その正体は3級以降の解説で明らかにしています)が決めたりもしますが、
すぐ分かった問題であっても、一応このことに注意はしておきたいですね。




1)が先の数詞問題の延長で、2)が平易ですね。

(  14  )の直後に 했어요 があり、各選択肢の名詞と組み合わせて、
用言(動詞)になれるのは、①の 결혼 だけです。

まあ、そんなまどろっこしい解釈をしなくても、すぐ解答できますね。



3)も大丈夫ですね。

(  15  )の前に、食べ物である 고추 があっても、直後の用言が 싸다 ですから、
④ではありません。

うっかりミスされたという方はおられないと思います。



そして、4)の全体訳を、



≪魚より肉‘の方が’好きです≫



と解釈できるようにしておきましょう。

前回では、第5問3)にも同じ例がありますが、
これは決して、「この訳を丸覚えしましょう」というものではありません。

あと、助詞が 을/를 になる理由も押さえておきたいですね。
これからの学習において、応用が利いてきます。




そして、第5問の対話文問題です。

前回・第44回のパターンが踏襲された出題がされていて、
それ以前の過去問や対策問題集をお持ちの方にも十分対応できるものです。



4)では、俗にいう‘文脈’を問う問題が出題されました。

で、正答④ 그런데 を、時に「なのに」と訳せることにも気付きたいです。
決して 그런데 は「ところで」「だけど」としか訳してはならないわけではありません。




続いて第6問の入れ換え問題で、1)は平易ですね。
通常、傍線部と正答の表現は同時に学ぶはずです。


そして2)は、直前の 몸 がヒントです。




では、第7問の用言活用問題を見てみます。顔ぶれが前回とほぼ同じです。


2)は、前々回が 살다、前回は 울다 で出題された、俗にいう ㄹ語幹ですね。

「ㅅㅂ오ㄹㄴ(sporn スポーン)の法則」などとよばれ、
解説執筆者は、ㄹ がなので「splon(スプロン)の法則」とよんでいます。

これから韓国語の不規則活用を学んでいくにおける、入り口的活用です。
あとは、알다 や 열다 なんかも正しく活用できるようにしておきましょう。



ところで、用言活用ということで 합니다体について確認したいことがあります。

世に出回っている入門用の教材では、用言活用を 합니다体から学ぶのがほとんどですが、
理想は 해요体から学びたいと考えています。

それは、日常会話で主に使われるのが 해요体だからです。
합니다体が、해요体より丁寧で公的あってもですね。


学習経験がおありの方でも、ずっと 합니다体でお話しされることが、
解説執筆者の知る限り結構あります。



합니다体を先に学ぶことが多い理由は、해요体より活用が簡単だからですね。
一方で、複雑そうに見える 해요体の活用は、実際のところ[文字・発音編]の復習だったりします。


例えば、〔이 + 어 → 여〕も、母音 여 の元の成り立ちを問い質しているだけです。
〔오 + 아 → 와〕や〔우 + 어 → 워〕も然りですよね。

これらを『母音調和』といいますが、
日本語にも、擬態語で「からから」「ころころ」などで母音調和があります。

ややこしい話に聞こえても、私達の足元を問い質せば、同じようなものがあるんですね。



あとは慣れです。

はじめに挙がった『3つの壁』の一つではありますが、
活用とは、これから学ぶ不規則のものであれ、一定のパターンがあり、
一定のパターンになっているからこそ、年端のいかない子供でも使えるわけです。

とにかく活用を書きなぐって覚えたという方もおられますが、
結局のところ、学習法はこのような原始的手段に戻ってしまいます。



今は 합니다体より 해요体が使えるようにすることを優先して練習しましょう。

理想は、過去形や으不規則活用、そしてハン検では4級で問われる ㅂ不規則活用でも、
해요体で言えるところまでです。

はじめは 덥다,춥다,어렵다,쉽다 など、使用頻度が高い語を活用形で覚えても構わないです。
まず‘話せる喜び’を味わいたかったりしますからね。




では、第8問の助詞問題です。

韓国語は欧米語や中国語のように前置詞(介詞)ではなく、日本語と同じ助詞があることだけでも、
訳を中心に、両語で対応する助詞同士の中で多少の差異がありはしますが、
日本語ネイティブは韓国語文法を学んでいないといえる程、
韓国語を容易い言語している大きな理由になっています。


1)は 친구 が[人]ですから、日本語で「~に」が自然であっても 에 ではないですね。

近年、このような出題がされなかったので、やっとこうやってきたかというのが、
解説執筆者のぶっちゃけた感想です。



これから助詞を順追ってきちんと学ぶために、


〔에 = ~に〕


で覚えないことをおすすめします。
だって、例えば 한 개에 오만 원 は「2つ‘で’5万ウォン」だからです。


助詞 에 は、基本的に[ある一点を指す]と捉えておきましょう。



ちなみに、これと同じような例を英語で見たことがあります。


I bought the book for $10.


この文を見れば、普通誰もが「私はこの本を10ドルで買った」と訳すだろうが、
じゃあ、この中の前置詞 for は「~で」なのかというお話です。

でも「英語‘で’話す」は、speak‘in’English なのに、というわけです。

あるいは前置詞 for の他例でも、


People praised him for his discovery.


の訳は、「皆が彼の発見‘を’称賛した」ですもんね。


ということは、はじめの例文を「私はその本を10ドル‘で’買った」と訳せてしまうのはなぜか、
それを考えたいとのことです。

これは別に「訳している」のではなく、
文中で知っている単語(I,bought,the book,$10)を使い、
日本語の事情に合わせて、意味が通るように「捏造している」というわけなんですね。



韓国語学習で手に入る、日本語ネイティブへの特典ともいうべき取っ付きやすさを、
私達は大いに利用したい一方で、いつまでも該当訳を当てて暗記するだけの学習は、
いずれ混乱し、限界が来ることを分かりやすく示してくれています。

余談で、先の前置詞 for は[交換]と解釈しておきます。




続く第9問の挨拶言葉問題では、
1)がおなじみで、2)もテキストによく載っている表現です。

即答が理想です。迷いは無いはずです。




そして、第10問の会話文問題です。


迷わせる選択肢は無く、もし迷ったとするなら、それは単に語句を知らないだけですので、
安心して語彙力増強に努めましょう。

文法はあくまで日本語と同じですから。


1)は 안돼요 を挟んで、시간이 없다 と反対の内容になり得る文句を選び、
3)の正答④にある助詞 서 が 에서 の縮約形であることも押さえておきましょう。


ところで4)のやり取りで、私達はA2つめで、


네,해요.


といいましょう(笑)

自信を持って韓国語を話したいですよね。




では、最後の第11問で、前回より平易になりました。
今回も入門用テキストによく載っていそうな会話文です。



問題文を読む前に、ここでは2)の問いと選択肢、
そして3)の選択肢をあらかじめチェックをしておきたいです。

会話がおこなわれている場所を意識しながら読み、
日本語で書かれた3)の選択肢を読んでと思いながら読んでいきます。


2)は平易で、はじめの発話、



무엇을 시킬까요? ≪何を注文しましょうか?≫



で、もう分かってしまいます。

시키다 に(注文する)という意味があることを押さえておきましょう。



そして3)も、先に選択肢をチェックしていれば、1回読んで答えられます。

ちなみに④の「割り勘」は 더치페이[Dutch pay] といいます。



まず‘韓国語ぺラぺ~ラへの入り口’を通り過ぎ、まずはハン検5級という足跡を残せましたね。


次の4級に上がると、語彙の数が増えるのと共に、
「デコレーション」と呼んでいる修飾部分が加わります。

デコレーションする/される(修飾非修飾)場合、それが適切にされるために、
いわゆる文法が出てきますが、基本的には日本語と同じですので楽勝です。

例えば英語をはじめとした欧米諸語では、解説執筆者が知る限り、
デコレーションが長くなると、関係詞節として名詞(先行詞)の後ろに位置したりします。



今回5級を受験された時点で実感されているであろう、
日本語ネイティブにとっての取っ付きやすさを大いに利用し、
引き続き4級もぜひ受験して、‘韓国語ぺラぺ~ラへの道’を歩んでいきましょう!




解答速報はご覧になってくださっていても、答え合わせだけをしてこのサイトを閉じることなく、
この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。
本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は解答速報という関係上、
厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。

本来はこの程度の解説に留めているのが執筆者の本意でなく、
もしもう1日余分にあれば、より細かい項目についても具体的に書きたいんです。

よろしくお願い申し上げます。



おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-

試験の講評についてのお問い合わせは、ハングル語学堂・四日市校までご連絡下さい。

           ――――――――5級 筆記 終わり―――――――― 

準2級・筆記

3 級・筆記

4 級・筆記

5 級・筆記

▲このページのトップへ

準2級・聞取

3 級・聞取

4 級・聞取

5 級・聞取

 
 第45回 秋季「ハングル」能力検定試験 解答速報  5級

   聞取問題

[1]1)文章 오늘(과일)을 샀습니다      

    解答 ③ 


  2)文章   아이가 왜 (웃었습니까)?      

     解答 ②


  3)文章    어제 책을 (두 권)읽었어요.        

    解答 ④
                    

[2]1)文章 오늘은(11[십일]월 25[이십오]일)입니다.        

    解答 ④


  2)文章 개가 (3[세]) 마리 있어요.      

    解答 ②


  3)文章 이 의자는 (60,000[육만]) 원이입니다.          

    解答 ④


[3] 1)文章 일요일에 시장에 갔어요. 시장에서 우산도 사고 꽃도 샀어요.

  (日曜日に市場へ行きました。市場で傘も買い花も買いました。。)
     

   質問文 이 사람은 몇 번입니까? (この人は何番ですか。)  

    解答 ①


 2)文章 아버지는 안경을 쓰세요. 어머니는 머리가 짧으세요. 동생은 나보다 키가 커요. 
 
  (父は眼鏡をかけています。母は髪が短いです。弟は僕より背が高いです。)
          

  質問文  저는 몇 번입니까?  (私は何番ですか。) 

     解答 ③

[4] 1)文章  그생일 선물 정말 고맙습니다.

 (誕生日のプレゼント、本当にありがとうございます。) 
  

    解答 ①
       

  2)文章  이 아이는 몇 살이에요? (この子は何歳ですか。)
         
  
    解答 ①


[5] 1)対話 男:수업은 몇 시부터 있어요?(授業は何時からありますか。)

        女:(        )

 応答文の選択肢 

 ① 3월입니다. (3月です。)   ② 오늘은 없어요.(今日はありません。)  

 ③ 손이 아파요.(手が痛いです。)       ④ 3시간 걸려요.(3時間かかります。)
               

     解答 ②
                
   
                          
 2)対話 男:무슨 문제가 어렵습니까?(何の問題が難しいですか。)
 
      女:(         )                     
                     

 応答文の選択肢

 ① 사과가 제일 맛있어요.(りんごが一番おいしいです。)   

 ② 모두 잘 있습니다.(みな元気でいます。)  

 ③ 다 쉽습니다.(みな易しいです。)      

 ④ 오늘은 기분이 좋아요.(今日は気分が良いです。)


        解答 ③

[6] 

1)  영어 선생님은 배가 나왔어요.                解答 ①
 

2)  산에서 사진을 많이 찍었어요.             解答 ④
 

3)  이번 여름은 너무 덥습니다.         解答 ②
 

[7]  1)対話文

 男: 집에서 학교까지 가깝습니까?   (家から学校まで近いですか。)

 女: 아뇨, 좀 멀어요.  (いいえ、ちょっと遠いです。)


       解答 ④

2)対話文

 女: 다리 괜찮아요?(足、大丈夫ですか。)

  男: 네, 어제 병원에 갔어요. (はい。昨日病院にいきました。)


       解答 ①

3)対話文

  男: 유리 씨, 아침 먹었어요? (ユリさん、朝ごはん食べましたか。)

  女: 아뇨, 시간이 없었어요. (いいえ、時間がありませんでした。)


        解答 ②

[8]  文章   오늘은 오전에 친구하고 차를 마셨어요. 그리고 5시부터 

  영화를 2시간 봤어요.  저녁에는 할아버지하고 냉면을 먹었어요.

  (今日は午前に友達とお茶をのみました。そして5時から映画を
   2時間見ました。夕飯にはおじいさんと冷麺を食べました。)


【質問1】몇 시까지 영화를 봤습니까?(何時まで映画を見ましたか。)   


        解答 ③


【質問2】누구하고 저녁을 먹었습니까?(だれと夕ご飯を食べましたか。)     


        解答 ②


 
[5級・聞取試験の解説・講評]



―前回との比較―

<難易度>前回並み。

<問題語数>前回並み。

<問題内容>問題形式も同じ。




当解答速報サイトの解説は、ハングル語学堂四日市校・加藤が執筆させていただいております。




まず、今回聞き取れた程度を、上に掲げられている台本で振り返っておきましょう。
あと、正解不正解も気になる中、どれくらい自信を持って解答できたかも問い質しておきたいです。

それらは、4級以降の試験解答のみならず、普段の会話練習にも役立ってきます。


その一方で、試験問題解答のためのリスニングに限っては、
全て聞き取れないと解答できない(してはいけない)わけではありません。



解説執筆者が2015年9月に参加した、福山市でのセミナーで(寿香さん,ひさこ先生ありがとう!)、
阪堂千津子先生もおっしゃっていたことで、
この5級では、問題文の語数的にも内容的にも平易なので、
全てを聞き取ろうとしても支障はありませんが、
これから4級,3級へと上がり、あるいはTOPIK(韓国語能力試験)Ⅰを受験するともなれば、

「あれ、今なんて言ったっけ?」

と、1つ1つの単語や音声を理解しようと聞くのはキツいですね。



解説執筆者も、ここで千津子先生教えてくれたことを、伊検5級試験でさっそく実践し、
リスニングは十分練習できなかったのに、合格点を獲れましたしね。



ということで、それを実現させるために、聞き取り試験の音声が流れ始めたら、
最初の聞き取り試験全体の説明(53秒)、そして各問の説明の間に(平均27秒)、
選択肢を最後まで見ておきます。

今回の受験前に案内を読んでおいたり、過去問でチェックしていれば、
試験中の説明を注意して聞く必要が無いので、
最初の全体説明と、各問の説明の間を、全て選択肢チェックに充てます。

もちろん、選択肢チェックの仕方も、この先4級以降のために十二分に考えてやっていきます。
聞き取る時の負担はかなり減ります。



ところで全く関係無い話で、試験中、音声で問題説明をされている方が急に気になってきました。

というのもあの方、解説執筆者の記憶が正しければ、
ハン検を受験し始めた1999年度からずっと担当されているんです。

あの方の正体を知って、一度お目にかかりたいですね。
結構感動するかもしれません(笑)




第1問は、ハングルの綴りと音をきちんと理解しているかを問う問題です。

韓国語学習を始めた時から、ハングルの綴りと音を、
ペアで身に付ける練習をしていらっしゃれば、問題ありません。


筆記の解説で確認した通り、外国語はまず‘音’ですから、音を押さえていればいいんですが、
韓国語は、これから触れる各発音変化が示すように、綴りと音がずれるケースがたくさんありますし、
韓国語にもやはり書き言葉が存在しているわけですから、
正確な綴りを理解しているようにもしておきましょう。



2)でのパッチムのお引越し(連音化)は、もう聞いて理解できますか。

これに一刻も早く慣れることが、日本語ネイティブにとっての‘韓国語ぺラぺ~ラへの道’において、
キーポイントになっています。


一方で、他言語ネイティブにとっては、そんなに苦にならないのではと考えています。

特に自分の知る限り、おフランスネイティブは、
母語にもアンシェヌマン(enchaînement)リエゾン(liaison)といった、同じ発音をするからです。



ちなみに韓国語の世界では、連音化のことを「リエゾン」とよく言われますが、
誰がそんなことを言っているのか、これは間違いで、正確には「アンシェヌマン」に相当します。

その証拠は、ここで解説執筆者がのたまっても信憑性に欠けるので(笑)、
有名な先生のご説明を参照なさってください。


http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/kouza/yoketu/liaison.html


この呼び名って、かなり定着しちゃっているんですよね…
まあ、でも例えば、ブレーキを「ハンドル」という程の酷さではないですし…


あと、おフランスでの韓国語学習熱も結構高く、
例えば在仏韓国文化院の講座が、募集開始から即閉め切られたりしているようです。




続いて、第2問の数詞を聞き取る問題です。
構成は前回と同じで、日付,固有数詞+助数詞,物の価格です。


問題用紙には、朗読される短文がすでに書かれていますね。
数詞だけ聞き取ればOKです。

音的に紛らわしいところも訊かれません。



1)では、前回同様、月と日両方を聞き取るという問いで、ちょっと緊張するかもしれません。
発音はやや速いかもしれませんね。あくまで‘やや’ですが。

 시월[十月] と 십일월[十一月] の違いですから、まだ大丈夫ですね。
これが 십일월 と 십이월[十二月] の違いとなると、難易度は段違いです。


ちなみに、10月を 십월 ではなく 시월 と書く(発音する)理由は、
속음[俗音]と呼ばれる、本来の漢字音(본음[本音])とは違い、
一般的に定着した音をそのまま表記したもので、유월[六月]もこの例に属します。




では第3問で、説明している絵を選ぶ問題です。

ここからは、事前の選択肢チェックをすることによって、
聞き取るべき量を減らす作業をしておく必要があるわけですが、
いろいろある中で、具体的方法は、これは4級以降でも使える方法として、



[1]全てに共通している部分を消す。


[2]2つ、3つ共通している部分をチェックしておく(例:○、□などで囲んでおく)。


[3]選択肢同士の、一番大きな違いを押さえる。



この作業をしておいてから、問題文が流れてくるのを待ちます。



1)は、選択肢の絵がバラバラですので、冒頭文が聞き取れれば解答できます。

ただ、各絵にある場所や物と動作を、単語でいいので準備しておいた方がいいです。
数は多くなくていいです。

例えばそれぞれ、



① 꽃,가세,사다


② 교실,가르치다


③ 식당(レストラン[레스토랑]は3級です),식사하다 あるいは 먹다


④ 공원,비


こんな感じでですね。

それぞれをそのまま言ってくれはしないかもしれませんが、何も用意しないよりはマシです。


で、音声を聞いてみると、用意した語のうち、꽃 と 사다 が聞こえてきたので、
①をマークして終了です。



そして2)は、女性(①)と男性(②③④)という2つのグループに分けておきます。

次に、男性②③④の中で、それぞれの違いをチェックしておきます。
こういう場合、おおよそ②③④の中で正解を選ばせようとするのが、出題者の腹積もりですからね。




続いて第4問の応答文問題です。


1)は前回同様、挨拶表現が主に並んでいます。

これらの中で、①と②については、何に対して言うのかがほぼ決まっていますから、
音声が流れる前に、それらを頭に描いておきましょう。
そのままの文句が聞こえてくるかもしれません。

第3問でのように、もちろんそうじゃないかもしれませんが、何も用意しないよりはマシですね。



そして2)は1)の逆で、①~④の内容を訊く文句を思い描きます。




では、第5問の応答文を聞き取って答える問題です。
1)2)共、疑問詞を含んでいるので、比較的平易です。



1)では、몇 に答えられる語句がある文句を選びます。

数詞を訊いているんですね。④ 세(시간)がそれに答えられます。



そして2)は、무슨 に答えられるものを選びます。名詞ですね。
ただ、名詞なら何でもいいというわけではなく、後に続く 문제 を修飾できる名詞に注意して聞きます。

なんですが、実際には無く、さらに後に続く 어렵다 に対応するものを選ぶという問題です。




続いて、第6問の日本語訳を選ぶ問題です。
第3問で確認した選択肢チェックをしておきます。


1) は①と③が「英語」で、②と④が「日本語」ではじまりますから、要チェックです。
出だしで2択になるということですね。

そして 영어 と聞こえてきて、直後に 배 ですから決定です。


余談で、これで「出ています」と解釈できることも押さえておきましょう。
これは日韓両語で、事像の捉え方が違うことに起因します。


前回3級の解説でご紹介した、目白大学准教授の金河守[김하수]先生が教えてくださったことが、
このことに関連しています。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。


http://blogs.yahoo.co.jp/nwoma/62697636.html



続く2)は、②③④が同じ「山」ではじまっていますから、①を事実上無視して聞きます。



そして3)は冒頭がバラバラですから、出だしの語を聞き取って選べますね。

ただ、ここではひねってきました。
②では、올해 も5級の語なので聞こえてきそうですが、確かに 이번 여름 という手があります。

このあたりは、一応注意ということで。




では第7問の、男女の会話文の内容を問う問題です。

選択肢を有効利用して、聞き取るべき部分を絞りましょう。



1) では、①と②を男性の発話で取捨します。
そして③④は女性の発話で同じようにします。


5級からおよそ3級までは、相手のことを代弁した発話を根拠に解答することはほぼありません。
2級や1級、あとTOPIKⅡの高級(5,6級)認定用問題ではあります。



次の2)3)でも、同じように用意しておきましょう。

3)の④は、両者の発話で取捨する必要がありますが、
こういった作業に慣れておくと、これからの4級以降の受験にも役立ってきます。

そしてそれは同時に、‘韓国語ぺラぺ~ラ’にも役立ってきますね。
先に書かれている、千津子先生が教えてくれたことにも関連します。




では最後の第8問で、今回は会話文形式です。
事前の選択肢チェックをバッチリやっておきたいです。


【質問1】の選択肢が時間ですよね。
まあ、一概には言えないものの、何らかの動作を何時にするか、みたいなことを訊いてきそうです。

で、聞いてみるとそうですが、選択肢そのまんまを言ってはくれません。



5시부터 영화를 2시간 봤어요. ≪5時から映画を2時間見ました≫



で、【質問1】は、



몇 시까지 영화를 봤습니까? ≪何時‘まで’映画を見ましたか≫



なんですね。


2つの数字を聞いて自分で計算し解答するというのは、例えば中検での王道だったりしますが、
会話なら、正しい情報や解釈を導き出すために必須ですし、そういう意味では実践的ですね。

正答を導き出せましたか。




自己採点して、合格しているようでしたら、さっそく4級対策に取り掛かりましょう。
次まで7ヶ月もありますよ!

4級の問題を見てみれば、さすがにまだ触れたことが無い語句や文型はあっても、
そんなに戸惑いは感じないと思います。

その出題範囲は、適切な学習段階を提示した、一般的な入門用テキスト1冊分です。
全然違う世界だと感じるのは、その先の3級です。


今回の5級合格を機に、さらに‘韓国語ぺラぺ~ラへの道’を進めていきましょう!!




解答速報はご覧になってくださっていても、答え合わせだけをしてこのサイトを閉じることなく、
この解説・講評も最後まで読んでくださっている方に、心から感謝申し上げたいと思います。
本当にありがとうございます。


ちなみに、この解説は速報という関係上、
厳しい時間制限の中で執筆していることをご了解くださればと思います。

本来はこの程度の解説に留めているのが執筆者の本意でなく、
もしもう1日余分にあれば、より細かい項目についても具体的に書きたいんです。

よろしくお願い致します。



おつかれさまでした。


三重 四日市韓国語・中国語教室  ハングル語学堂四日市校 -for the sophisticated people-

試験の講評についてのお問い合わせは、ハングル語学堂・四日市校までご連絡下さい。

             ――――――――5級 解答 終わり――――――――

準2級・筆記

3 級・筆記

4 級・筆記

5 級・筆記

▲このページのトップへ

準2級・聞取

3 級・聞取

4 級・聞取

5 級・聞取

▲このページのトップへ