顎関節症について

   顎関節症と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか。
   最近、虫歯、歯槽膿漏の二大疾患に続く第三の疾患としてクローズアップされてきています。
   簡単にいうと、アゴの関節(両方の耳の少し前のほうにある左右一対の関節)の病気です。


顎関節症の症状
     まず口に関する症状としては
        口を開ける時痛い
        口を開ける時音がする
        口が開けられない
     その他の症状としては        
        頭痛
        耳鳴り   
        肩こり
        腰痛
           等があります。

顎関節症の原因
       かみ合わせの不良
           虫歯
           歯が抜けたままで放置した状態
           歯並びの乱れ 
           不適切な歯の治療
       歯ぎしりや食いしばりなどの習癖
       ストレス
       外傷
        これらいくつかの原因が合わさって症状が進行していくことが多いようです。

顎関節症の治療
        スプリント療法
         プラスチック状のプレートを口の中に装着し、
        アゴの関節の負担を小さくしていきます。
        咬合治療
         かみ合わせを治します.特に冠や詰め物、入れ歯は要注意です。

       その他、薬物療法、アゴの体操などを併用していきます。

顎関節症は、個人の感受性やストレスの大小等により個人差が大きく、原因・症状も多様にわたっています。
そのまま放って置くと全身にまで影響を及ぼすことも稀ではありません。
おかしいなと思われたり、気になる点がありお悩みの方は一度当院にご相談ください。

   TOPへ


Copyright © 2005 森岡歯科. All rights reserved.