Q:長期にわたって通院しなくてはいけないのが面倒になるけど、
  もっとまとめて治療することは出来ないのですか。    
 

 これは色々な状態があると思うのですが...
 先ず、虫歯の治療にしても、脅かすわけではないのですが、
治療の刺激によって、今まで痛くなかった歯が痛くなるということがないわけではありません。
  (それなら治療しないほうがいい!というわけではないですよ。治療を先延ばしにしていると
   どんどん取り返しのつかない状態になっていきますから。) 
だから、余り一度にたくさんの歯を治療することはしないのです。
 また、左右の歯を一度に治そうとすると、かみ合わせのずれが出来やすく、そのために
顎関節症などに悩まされることもあるかもしれません。
  (驚かれるかもしれませんが、顎関節症の原因のほとんどは歯医者での不適切な治療である
   とも言われています。)
 その顎関節症の治療では、非常に細かく微妙なものであるために、
症状を診ながら治療をしていくことが必要であり、何年も続けなければいけないこともあります。
 また歯槽膿漏の治療であれば、これはもう慢性の病気であるので、長期の観察が
必要となってきます。本人は、普段、余り症状がなく、気にならないのかもしれませんが、
歯医者側としては、このままにしておけば、この先どうなってしまうのか、文字通り
先が見えてしまうために、何とか治したくて長くなってしまうことがあります。

 ただ、どうしても余り時間が取れない方は、その旨を治療の最初に歯科医のほうに伝える
ようにすれば、色々と便宜は図れると思います。
 でも、本当に治療を短くする方法は、定期検診、早期治療だと思います。
これが早く、痛くなく治療の出来る一番の方法です。

 Q&A 目次に戻る

TOPに戻る