Q:前歯には保険が利かないのですか。

 原則的には、ほとんどすべての状態で保険は使えます。ただ、どういう方法で治していくかについては、
制限されることがあります。
 例えば、歯が抜けてしまった場合、普通ブリッジといって両側の歯を削り、1つながりの固定式の歯をつくりますが
その抜けてしまった歯の場所や本数などによって、そのブリッジは保険の適用外となることがあります。
その場合は取り外し式の部分入れ歯が、保険適用の方法となります。
 ご質問の前歯を治す場合も、保険は充分使えます。
保険でつくった白い歯は、自費で作ったもの(メタルボンド等)に比べると、歯の色の部分で
透明感の点で劣ったり、硬さが少し足りなかったりするという欠点はありますが、
使用する金属等の材料もすべて指定されているため、見た目にも、強度的にも
ある程度満足できるものであると思います。
 まあ、どちらの方法をとるにしても、御自身の希望(審美的、金額的等)を先生に告げた後
よく相談して、決定するのがよろしいかと思います。

 ちょっとわかり難いかもしれませんが
 真中の2本のうち
 向かって左側が自費のもの
 右側が保険のものです。
 自費のほうは作って5年ほど経ってるらしいのですが
 やはり透明度などはより自然に近いようです。
 でも保険のほうもいいでしょう。




 Q&A 目次に戻る

TOPに戻る