新しい虫歯予防  3DSについて


   
3DSとは、Dental Drug Delivery System の略で、国立感染研究所口腔科学部で
   最近開発された口の中の虫歯菌を除菌して、虫歯を予防しようという方法です。


同じように生活していても虫歯になりやすい人となりにくい人がいます。
それは何故でしょう。
いろいろな要素が関係してくるのですが、まず一番影響していると思われるのが、
虫歯菌(ミュータンス菌など)の量でしょう。
虫歯菌がいなければ、虫歯にはなりません。

もともと、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、ミュータンス菌はいません。
ミュータンス菌は、幼児期に周りの大人(主に母親)から感染するといわれています。
そのときにミュータンス菌の量が決まり、個人差ができ、虫歯になりやすい人と
なりにくい人ができるわけです。

そして、この3DSは、安全、確実にミュータンス菌を取り除き、虫歯になりにくい状態を
積極的につくっていこうとするものです。

その手順は次の通りです。

1、歯科医院において、歯面上にある糖主成分のバイオフィルムを、プロフェッショナルクリーニングにて
  物理的に破壊、清掃します。

2、上下の専用マウスピースを製作し、その中に薬剤を入れ5分間固定し、化学的に除菌します。

3、ご帰宅後、マウスピースを使用して毎日5分間づつ、1週間弱い薬剤にて除菌を行います。

一度行うだけでも、ミュータンス菌の数はかなり少なくなります。
口腔内のほかの善玉菌の勢力が強くなり、ミュータンス菌が増えにくくなるからです。
より強い効果を期待する場合には、6ヶ月毎に除菌を行うといいでしょう。


現在、この3DSを行う際にも、保険は適用することができません。
したがって、自費扱いとなりますが、その効果はかなり期待できるものであり、
健康の貯金のようなものとして、ぜひ考えてみてください。

ちなみに、当医院では5000〜8000円くらいの値段で行っております。
(値段に幅のあるのは、場合によっては、実施に先だってミュータンス菌の培養検査を行う必要があるからです。)


TOPへ


Copyright © 2005 森岡歯科. All rights reserved.