虫歯予防

  我が子の真珠の様な白い歯を、初めて見つけたときの喜びは         
 子を持つ親だけが味わえる、まさに感動の瞬間です。
 この白い輝く歯は、大切なお子さんの財産です。
  お子さんが自分の力で、自分の歯を守れるようになるまで
 この財産を大切に守り育てていくことは、お母さんの重要な仕事です。

 

 
  虫歯は
     1、歯の質が弱くなる
     2、虫歯菌が増える
     3、糖分を多く取る
   この3つの要因が重なった状態のまま、時間がたつと次第に進行していきます。
   つまり、この3つをコントロールすることが虫歯予防につながります。

1、強い歯をつくる 
      栄養のバランスの取れた規則的な食事
      フッ素塗布
         フッ素を含んだ歯の結晶は普通の歯の結晶よりも丈夫になり、
        虫歯菌の出す酸に対してより強くなります。
        (虫歯予防のフッ素では歯が黒くなることはありません。)
      シーラント
         虫歯になりやすい奥歯の深い溝をあらかじめ埋めて虫歯になりにくくします。

2、虫歯菌を減らす
    プラーク(歯垢)には、1mg当たり1億個以上の細菌がいます。
    このなかの虫歯の原因となる細菌は、糖分を原料として歯の表面を溶かす
   強い酸を出します。
    正しいブラッシングによって虫歯菌のすみかとなるプラークを取り除きましょう。

3、糖分のコントロール
    糖分を上手にコントロールすることで、虫歯の養分になるものを少なくし、
   菌の繁殖を抑えることができます。
    特に注意したいのが、3度の食事以外に取る間食の回数です。
    間食の多い食生活では、歯が溶かされていく(脱灰)時間が長く、
   唾液の働きによりそれを治していく(再石灰化)時間が短くなり、
   虫歯の危険性は増大します。

 

 当院では、お母様方と一緒に、お子さんの大切な歯を守るために努力します。
 お口の中の虫歯菌を培養して、お口の中の状態を把握した上で、
歯磨き指導、フッ素塗布、シーラント、生活指導、3〜4ヶ月毎の検診等を
行なっております。
 しかし残念ながら、現在の保険制度では、虫歯の予防は、保険適用外となっております。
 若干の自費費用がかかりますが、興味のある方はぜひご相談ください。

  新しい虫歯予防法 3DSについて

 

TOPへ


Copyright © 2005 森岡歯科. All rights reserved.