インプラント


 歯を失ってしまった場合、噛む場所が少なくなり、物を食べにくくなるだけではなく、
周りの歯の噛み合わせが狂ってしまい、喋りにくくなったり、顎関節症に悩むようになることも有るようです。
 無くしてしまった歯を取り戻すためには、幾つか方法があります。


 1、 取り外し式の入れ歯の場合
      歯を削る量は少なくてすみますが、違和感が大きく、かむ力は弱くなります。
      また、隣の歯の負担は大きくなります。
    
 →   

 2、 ブリッジの場合
      違和感は少なく、ご自分の歯と同様に使うことはできますが、前後の健康な歯を
     削らなければなりません。場合によっては神経を取る必要があります。 
               

 3、 インプラントの場合
      インプラント自体で歯を支えることができます。
      インプラントは”第2の永久歯”と言われるほど、機能的にも、見た目にも
     天然の歯に最も近いものです。
      しかし、他の二つの方法に比べると、保険がまったく適用になりません。

            

 

         続きはまた今度!

TOPへ


Copyright © 2005 森岡歯科. All rights reserved.