乳歯について

 「どうせ乳歯は,抜ける歯だから。」 という声を聞くことがあります。
 永久歯に生え変わるのだから,虫歯になってもかまわないということなのでしょうか。
でも乳歯に虫歯を作っておいて,永久歯になったら気をつけるなんてことは,なかなか難しいことですよ。
だって6歳から10歳くらいまでは乳歯と永久歯がいっしょに生えているんです。
乳歯が虫歯になっていて,そこにみがき残しとかがあったら,そのとなりの永久歯はどうしたって
虫歯になってしまいます。6歳から12歳くらいまでの永久歯は,幼若永久歯といって,まだ出来たてで
歯の質も弱く,虫歯になりやすいのです。
 もう一つ,もし乳歯の虫歯がひどくなって,抜かなくてはいけなくなったとします。
でもその後に生えてくる永久歯がまだ生えてくる用意が出来てなければ、そこは
歯が抜けたままになります。そして永久歯が生えてくる前に、隣の歯がそこに倒れこんできたら
その永久歯は生えてくる場所がなくなります。
 永久歯はそのまま生えてこれないか,横へずれて出て来るしかなくなります。
そうして歯並びが悪くなると,また虫歯になりやすくなるのです。
 だから,一生自分の歯で,快適に過ごすためには,乳歯の時からきちんと虫歯を治していくことが
必要なのです。

       
 だいじょうぶ、いたくないよ。

コラム1 目次に戻る

topに戻る