歯磨き嫌いのお子様にならないために

 小さなお子様を持つお母さんからの相談で指しゃぶりに関する事ともうひとつ多く寄せられるものが”子供が歯磨きを嫌がって出来ない”と言うようなことです。
 歯磨きが出来るようになるためには色々な方法があるのですが、まずなぜ歯磨きを嫌がるようになったかと言うことを考えてみます。
 
 赤ちゃんの頃、唇と言うものはお母さんのおっぱいを捜すためにとても大事な感覚器であります。そしておっぱいを吸うという大切な仕事のために唇というものは触られると気持ちよく感じるように出来ています。最初の頃の歯磨きは前歯だけなので唇のすぐ後ろです。なぜそこを触られるのを嫌がるのでしょうか。
 不思議に思いませんか。
 それは痛かったからだと思われます。上唇をめくってみてください。上唇の裏側、真ん中、上のほうにはスジがあります。上唇小帯と言いますが、赤ちゃんの時にはこの上唇小帯が大人よりも下のほうまでつながっています。だから、小さなお子さんの場合、唇を強く引っ張っても痛いですし、歯ブラシを大きく動かしすぎるとこの上唇小帯にひっかっかってとても痛い事があります。
 一度いたい思いをすると赤ちゃんは子供ながらに歯磨きは痛いものだと思ってしまって、それから歯磨きが嫌いになってしまいます。
 だから最初が肝心です。あまり磨くことに一生懸命になり過ぎないように、赤ちゃんが幸せな気持ちでいられるように、やさしくゆっくりと少しづつ歯磨きを始めてください。最初の頃は前歯だけですし、虫歯にはなりにくいですから磨くことよりも、習慣をつけるためのものです。声をかけながら(自分もその時間を楽しみながら)ゆっくりとやってください。

 さて不幸にも歯磨き嫌いになってしまった子供さんを歯磨き好きに変えていく方法は次にしましょう。


コラム1 目次に戻る

topに戻る