口臭について 再考

口臭について,質問を受けることがありましたから,もう一度考えてみましょう。
まず,口臭には,病的な口臭である他臭症と生理的範囲内にある口臭であるにもかかわらず、自分には
口臭があると思い悩んでしまう自臭症があります。
 まず、自臭症ですが,その生理的口臭というものは,誰にでもあるものであり起床時,空腹時,緊張時、
生理時,妊娠時,更年期時,思春期時の口臭などがあり,そう言うものを,他人に指摘された経験から
口臭に対する恐怖,不安感が生まれ引き起こされてしまうというものです。
 この場合の治療は、カウンセリング、食事指導、生活指導などが必要になる場合が多く一般歯科では
なかなか対応が難しいかもしれませんが説明、相談のうえ対処法を考えていくことになります。

 次にもう一つの他臭症です。これは簡単に言えば他人が臭いを感じる実際の口臭です。
こちらの場合は原因を特定することが比較的容易であり、したがって治療も順調に進めることができます。
実際の口臭の原因の殆どは口の中にあります。口の中に生息する沢山の細菌の生活活動の末に出る
いろいろのガスが口臭の元になるのです。
 よく「胃が悪いから…」といわれる患者さんも多いのですが、胃からのガスがそのまま口臭となることは
殆どありません。(ゲップは別のものと考えます。)胃の無いよう物は食事後1時間もしますと殆ど消化吸収
されながら腸のほうに送られますし、我々が呼吸している時は胃への入り口、食道の上のほうでふたが
された状態で遮断されているからです。
 だから、口臭治療の第一は、口の中の細菌(の活動)を減らす作用のある歯磨きです。
ただ、歯磨きがどうしても届かない場所があります。たとえば虫歯の穴の中であったり、歯槽膿漏の
歯茎の中です。特に、歯槽膿漏の場合は歯茎から血や膿が出ている状態では口臭もかなり強くなります。
そのため、虫歯治療や歯槽膿漏の治療などをあらかじめ行うことが大事です。
 また、前回にも言いましたが舌の上についた舌苔も重要な要素です。ただ、これをあまり神経質に
取ろうとしすぎると舌の表面に傷ができたりしてよけいに舌苔がつきやすくなるようですから、あまり
無理をせずに、やさしく取ることが肝心です。
 これら口の中からの口臭の場合、唾液が十分に分泌されている場合には強い口臭にはなりにくいので
すが(唾液は虫歯にも歯周病にも口臭にもすべてに効果のある、口腔内にとっては最高のリンス剤です。)
何らかの理由で唾液が少なくなった場合は口臭がより発生しやすくなります。その理由には、口呼吸、
代謝異常ビタミン不足、薬物の利用、シェーグレン症候群などの疾患によるものなどが挙げられます。

 また、口の中以外には肺からの呼気が原因になるものもあります。 
胃から吸収され血液中に溶け込んだ臭いの元になる物質が肺に運ばれ、そこで呼気と一緒に吐き出され
口臭となるのです。この原因としては、単なる食事由来のものから内科疾患や代謝異常由来のものまでありますから、他科領域の先生とも相談しながら治療を進めていくことも必要な場合もあります。

 このように、口臭と一言で言ってもかなり奥が深く人によって様々な原因が考えられ、その分治療の
ほうも多種に渡るものです。やはり必要なことは、患者さんと歯科医師がよく話し合い、相談し、協力して
立ち向かっていくことが大事であるようです。


コラム1 目次に戻る

topに戻る